【木星】 探査機「ジュノー」が、輝く巨大な光を発見! 一体何?

この記事は2分で読めます

「探査機「ジュノー」が、輝く巨大な光を発見」

「アメリカ航空宇宙局(NASA)」の木星探査機「ジュノー」は米国時間の4日に木星の軌道に入る見通しであり、「ハッブル宇宙望遠鏡」でとらえた木星に輝く巨大な光を発見したようです。

その輝く巨大な光とは?

あわせて読みたい記事:「エンデバー号」 海底で発見される伝説の帆船 価値は未知数

なんと木星のオーロラの画像でした。

観測チームを率いる英レスター大学の「ジョナサン・ニコラス」氏は、次のようにコメントしています。

「オーロラはとてもドラマチックで、私がこれまでに見た中でも特に活発だった」と述べ、「まるで木星がジュノーの到来を前に花火パーティーを開いているように見える」とコメントしました。

画像を詳しく見てみると、木星の極点の上空で青く揺れるオーロラの光をとらえているようです。

木星探査機「ジュノー」による計測も利用して木星の紫外線の光をハッブルで撮影し、それとは別に撮影した木星の環の画像と組み合わせての解明でした。

消えることのないオーロラ!

あわせて読みたい記事:【ワットリー】水・電気・インターネット提供!「ソーラーCPU」

木星のオーロラは地球と違って消えることがなく、巨大で、地球の何百倍ものエネルギーを持つということです。

「ハッブル宇宙望遠鏡」と木星探査機「ジュノー」による観測は、太陽などが木星のオーロラに及ぼす影響の解明に役立てることになっています。

また木星探査機「ジュノー」の観測期間中、「ハッブル宇宙望遠鏡」による観測も継続するということです。

そのためにさらなる解明が明らかにされるかもしれません。

www.cnn.co.jp 5

(出典:www.cnn.co.jp)

この木星に出現しているオーロラについてですが、木星は太陽系で最大のガスでできた惑星であり、直径は地球のなんと11倍であり、質量は、さらに大きく300倍と言われています。

ですから、木星は、超巨大な惑星です。

そのために夜空にも見付けやすく、望遠鏡を使えば4個の衛星も観測できるほどです。

木星のオーロラも観測できれば、宇宙の神秘的なロマンが広がるのですが、さすがにプライベートでは難しそうですね。

今後の木星探査機「ジュノー」の観測と「ハッブル宇宙望遠鏡」による観測によってさらなる発見と解明が発表されていくことを楽しみに待ちたいですね。

あわせて読みたい記事:【飛行機】 NASAが開発を始めた次世代飛行機「X-57」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。