【スカイラインRS】JSS仕様は市販車ベースのモンスターマシン

この記事は3分で読めます

【スカイラインRS】JSS仕様は市販車ベースのモンスターマシン

あわせて読みたい記事:「R30・スカイライン」 レース・西部警察・ストリート まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン(R31型)】 復活した直6 DOHC搭載

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

  • 「JSS」とは、ジャパン・スーパースポーツ・セダンを略したもので1979年から始まった「グループ5(スーパーシルエットレース)」の流れを引き継いだカテゴリーです。しかも、強烈なインパクトを残した「グループ5(スーパーシルエットレース)」の日産トリオの「スカイライン」、「シルビア」、「ブルーバード」、そしてトヨタの「セリカLBターボ」、マツダ「RX-7」も1984年から開催された「JSS」にニューマシンを投入して参戦し白熱したレースとなりました。
  • www-geocities-co-jp-1
  • (出典:www.geocities.co.jp)
  • 実際には、1989年までは「富士スピードウェイ」のみでのレースで「富士グランドチャンピオンシップ」のサポートレースとして開催されました。その後の1990年から1993年までは「全日本F3000」のサポートレースとしても開催されていました。
  • minkara-carview-co-jp-10
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 「JSS」は市販車がベースにはなっているものの、当時大人気だった「グループA」、「R32 スカイラインGT-R」や「A70型 スープラ」などの車両よりも格段に改造範囲が広く、「ブリスター形状の巨大なフェンダー」、「巨大なスポイラー」を装備しており、かつての「グループ5(スーパーシルエットレース)」同様にインパクト絶大のシルエットをまとったマシンとなっていました。エンジンのチューニングの範囲についても基本的には、当時では少数派となってしまった「フルチューン仕様」で、若干の吸気制限があったものの、市販モデルの仕様を生かしているならば何でもありのカスタムが可能となっていました。
  • minkara-carview-co-jp-1
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 例えばエンジンのレギュレーションは下記のようなものでした。
  • DOHCエンジン:最大排気量3,500cc以下
  • SOHCエンジン:最大排気量4,000cc以下
  • ロータリーエンジン:最大排気量3,000cc以下(12A型ロータリーエンジンのみペリフェラルポート仕様許可)
  • こうしたレギュレーションによってメインマシンは、「R30型:スカイライン」、「R31型:スカイライン」、「SA22C型:RX-7」、「FC3S型:RX-7」、さらに「MZ11型:ソアラ」、「BMW M3」なども参戦しており、非常にバラエティに富んだマシンたちが混戦していたのです。
  • blogs-yahoo-co-jp-2
  • (出典:blogs.yahoo.co.jp)
  • 「グループ5」の「R30型:スカイライン」のLZ20B型エンジン、最大出力:500ps以上

下記は、市販車ベースの「JSS仕様」のマシンのエンジンパワーといわれています。

  • minkara-carview-co-jp-11
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 「R31型:スカイライン」のRB20型エンジン、最大出力:450ps以上
  • blogs-yahoo-co-jp-1
  • (出典:blogs.yahoo.co.jp)
  • 「FC3S型:RX-7」の13B型ロータリーエンジン、最大出力:350ps以上
  • minkara-carview-co-jp-9
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 「R30型:スカイライン」、FJ20型エンジン、最大出力:450ps以上

「エクステリア・インテリア」

  • minkara-carview-co-jp-3
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 市販車ベースであった「JSS」は、カスタムのエアロキットが販売されており、エアロキットとオールペイントで約100万円の費用がかかるといわれていました。パナスポーツ製のゴールドの8スポークホイールにスリックタイヤがカッコいいです。
  • red-sp-teacup-com-1
  • (出典:red.sp.teacup.com)
  • エアロキットは今でも、ごく稀にオークションに出品されることもあります。15万円前後が相場でしょうか。
  • minkara-carview-co-jp-8
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • リアから見てもボディのラインが「R30型:スカイライン」の角ばったデザインと、「ブリスターフェンダー」と「リアスポイラー」の曲線が融合して何とも言えない魅力を持っています。
  • minkara-carview-co-jp-2 minkara-carview-co-jp-4
  • minkara-carview-co-jp-5
  • (出典:minkara.carview.co.jp)
  • 「ロールバー」や「フルバケットシート」、変更された「メーターパネル」、軽量化のために剥ぎ取られた「アンダーコート」が目につきますが、ドアのインナーパネルは変更なしだったようです。それでも、さすがにウィンドーは手動式です。
  • minkara-carview-co-jp-7 minkara-carview-co-jp-6
  • (出典:minkara.carview.co.jp)

  • 現在では「JSS」仕様の中古車、レプリカは出回ることはほとんどありません。ベースの「R30 スカイライン」自体の中古車相場が上昇している状態です。「JSS」仕様の中古車を見つけることができれば、奇跡に近いかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。