72.2% 薬物再犯の可能性…厳しい 清原和博さん

この記事は1分で読めます

連日、取り上げられている「清原和博」さん(48歳)の裁判の様子と今後の方針についてですが、涙ながらに薬物について「もうしない」という固い決意と、家族や友人などのサポートをもとに薬物依存という問題を乗り越えることがピックアップされています。薬物に一度、手を出してしまうと抜け出すことは、かなり難しいといわれています。   drugs-1276783_640  
  • 薬物使用の再犯率
しかし、薬物依存から抜け出すことができる可能性は、かなり難しいといわれています。なんと再び、薬物に手を出してしまう可能性は、72.2%なのです。固い決意やサポートがあっても、このような再犯の可能性として72.2%という現実は厳しい数字が出ています。しかも、薬物依存から本当の意味で克服することは、不可能で一生涯付き合っていかなければならない問題と言われています。   monitor-1276949_640
  • 本人だけでは抜け出せない
72.2%という再犯率を考えると、薬物の危険性が浮き彫りとなっただけでなく、いかにサポート体制が整っているかも重要です。早くテレビで「清原和博」さんの元気な姿を見たいと思いますが、正気の「清原和博」さんに戻るには時間がかかりそうですし、治療に専念しながら薬物問題と付き合っていかなければならないと言われていますから、ドクターや専門家からの信頼のおける「O.K.」「GO !」サインが出るまでは、テレビ出演は、じっくり待ってあげたいですね。野球界のみならず、野球が好きな少年から大人まで日本中の多くの人に大きな影響を与えてきた「清原和博」さんですから、今回の件を教訓として良い人生を本人が歩んでいくとともに、真の満足を味わうための人生を勝ち得るための努力や精神力など、スポーツ界でスターであり続けるために「清原和博」さんが培ってきたものを通して良い影響力を与える存在として頑張ってほしいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。