【F1GP2016】オーストリアGP予選結果 バトンのコメント

この記事は4分で読めます

「F1GP 2016」オーストリアGP:予選

関連記事:【F1GP 2016】 オーストリアGP 予定やグリッドガール

関連記事:【F1GP 2016】 オーストリアGP結果 マクラーレンは?

7月2日のF1第9戦オーストリアGPの予選の結果に「マクラーレン・ホンダ」ファンは歓喜です。

この日が来るのを待ちわびていた結果になりました。

予選は、フリー走行3回目に続き、スタート時は気温27度、路面温度は52度と快晴のコンディションでスタートしました。

Q1は、完全ドライで争われたものの、Q2終盤に降雨に見舞われた結果、Q3ではチェッカーが振られる瞬間までポールポジションの座は、明確に予想できない展開となりました。

f1-gate.com 1

(出典:f1-gate.com)

Q1の争い

Q1は、セッション開始10分後にはメルセデスの「ニコ・ロズベルグ」、「ルイス・ハミルトン」がワンツーとなり、メルセデスのいつもの展開になりました。

そして、それに続いて「フェラーリ」、「レッドブル」、「ウイリアムズ」が続く展開のデッドヒートに。

アクシデントも発生しました。

なんと残り2分を切ったところで、トロロッソ:「ダニール・クビアト」が8コーナー出口の縁石にマシンを乗せたところで姿勢を乱し、そのまま最終コーナー内側のウォールに激突するクラッシュを起こしてしまいました。

Q1脱落が決定するとともに、「ダニール・クビアト」の事故により、セッションは1分44秒を残して赤旗中断となってしまいます。

トロロッソの悲劇は続き、「ダニール・クビアト」のマシンとコース上に散乱したパーツの回収作業が終わり、再開した直後に、今度はトロロッソのチームメイト、「カルロス・サインツJr.」のマシン後方から白煙が立ち上り、11位のまま終了してしまいます。

Q1のセッションは、このトラブルによってイエローフラッグが提示されたままチェッカーとなり、「ケビン・マグヌッセン」、「ジョリオン・パーマー」、「リオ・ハリアント」、「ダニール・クビアト」、「マーカス・エリクソン」、「フェリペ・ナッセ」がQ1敗退となりました。

トップはやはりメルセデスでした。

フリー走行3回目のクラッシュから立て直した「ニコ・ロズベルグ」が1分06秒516のタイムでトップでした。

Q2では

Q2でも強さを見せたのは、メルセデスの2台で序盤からタイムシートの上位につけました。

後方に続いていたフェラーリの2台は、スーパーソフトタイヤを履いて、「セバスチャン・ベッテル」が3位、「キミ・ライコネン」は7位という結果で終えています。

また2台そろってのQ3進出を狙ったマクラーレン・ホンダは、「ジェンソン・バトン」がコースアウトを喫しながらも10番手で通過することに成功しています。

「フェルナンド・アロンソ」は、最後のアタック直前に雨が降ってきたため、ドライコンディションでのチャンスを逃し、Q2敗退でした。

また、Q1でエンジントラブルのトロロッソの『カルロス・サインツJr.」とサスペンショントラブルを修復していた「セルジオ・ペレス」は出走していません。

この結果、Q2は、「エステバン・グティエレス」、「パスカル・ウェーレイン」、「ロマン・グロージャン」、「フェルナンド・アロンソ」、「カルロス・サインツJr.」、「セルジオ・ペレス」がQ2でノックアウトになっています。

トップタイムは、ここでもメルセデスの「ルイス・ハミルトン」で1分06秒228のタイムでした。

Q3は

ウエットコンディションで行われたQ3は、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースインしていくと、雨もやみはじめ、路面も乾いていきハーフウエット状態でスタートしていきました。

セッションの残り4~5分となったところで、「ニコ・ヒュルケンベルグ」をはじめ、すべてのドライバーがドライタイヤに交換してのアタックにスイッチしていきました。

全車ウルトラソフトでのアタックとなり、タイムシート上の順位も激しく入れ替わる展開になりました。

メルセデスの「ルイス・ハミルトン」がトップタイムを記録すると、フェラーリの「セバスチャン・ベッテル」、「ニコ・ロズベルグ」が自己ベストを更新しました。

そして、なんとマクラーレン・ホンダの「ジェンソン・バトン」も渾身のアタックで5番手タイムをマークしてチェッカーを受けることに成功しました。

予選の結果

やはり強いメルセデスの「ルイス・ハミルトン」が今季5回目となるポールポジションを獲得し、2位は「ニコ・ロズベルグ」でメルセデスがフロントローを獲得しました。

1位:L.ハミルトン/メルセデス/1’07.922
2位:N.ロズベルグ/メルセデス/1’08.465
3位:N.ヒュルケンベルグ/Fインディア/1’09.285
4位:S.ベッテル/フェラーリ/1’09.781
5位:J.バトン/マクラーレン/1’09.900
6位:K.ライコネン/フェラーリ/1’09.901
7位:D.リカルド/レッドブル/1’09.980
8位:V.ボッタス/ウイリアムズ/1’10.440
9位:M.フェルスタッペン/レッドブル/1’11.153
10位:F.マッサ/ウイリアムズ/1’11.977
11位:E.グティエレス/ハース/1’07.578
12位:P.ウェーレイン/マノー/1’07.700
13位:R.グロージャン/ハース/1’07.850
14位:F.アロンソ/マクラーレン/1’08.154
15位:C.サインツJr./トロロッソ/No Time
16位:S.ペレス/Fインディア/No Time
17位:K.マグヌッセン/ルノー/1’07.941
18位:J.パーマー/ルノー/1’07.965
19位:R.ハリアント/マノー/1’08.026
20位:D.クビアト/トロロッソ/1’08.409
21位:M.エリクソン/ザウバー/1’08.418
22位:F.ナッセ/ザウバー/1’08.446

「ニコ・ヒュルケンベルグ」が3位、「セバスチャン・ベッテル」が4位となったが、「ニコ・ロズベルグ」と「セバスチャン・ベッテル」は、ギヤボックス交換によるグリッド降格ペナルティがあるため、明日の決勝はフロントロウには、「ルイス・ハミルトン」と「ニコ・ヒュルケンベルグ」、2列目に「ジェンソン・バトン」と「キミ・ライコネン」が並ぶ予定です。

うれしい「ジェンソン・バトン」のコメントです。

「楽しいセッションだった。Q2のアタック中に第3コーナーでタイヤをロックさせたときは、万事休すと思ったよ。第1と第2コーナーでは雨粒ていどの降りだったから、まさか第3コーナーで足をすくわれるとは思わなかった。思い切り大回りしたけれど、とりあえず走り続けた。明日は大変な一日になるだろう。手持ちのタイヤがどんな働きをするのか、おそらく誰も完全に分かっていない。とは言え、3番手スタートは絶好のポジションだ。かねてから、僕は今日のようなコンディションが好みでね。最後の1周に賭けていた。幸い黄旗も出なかったし、大きなリスクは伴ったがすべてうまく行った。明日は3番手スタートだよ、ヤバいヤバい!」とコメントしています。

マクラーレン・ホンダファンには期待の持てる予選結果になりました。

荒れたレースで強い「ジェンソン・バトン」ですが、決勝も波乱が起きれば、表彰台も…。

楽しみにしたいですね。

決勝は、7月3日(日)14:00~、日本時間21:00~スタートが切られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。