【ハリー・ポッター】 新作情報 ダニエル・ラドクリフは出演?

この記事は1分で読めます

「ハリー・ポッター」に新作

大ヒット映画:「ハリー・ポッター」に新作が出ることが明らかになりました。

このことは、魔法世界を舞台にした人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの作者:「J・K・ローリング」氏が、6月30日までに、新作をハリー・ポッター公式サイトの「ポッターモア」で公開したとのことで明らかになりました。

www.flickr.com 2

(出典:www.flickr.com)

一方、映画シリーズで主人公のハリーを演じた俳優の「ダニエル・ラドクリフ」氏の起用があるのか知りたいところですが。

なんと、今後のシリーズ映画への出演に含みを持たせる発言をしました。

「ダニエル・ラドクリフ」氏は、英誌ラジオ・タイムズに対して、「(出演するかどうかは)台本によるだろう」と、今後のシリーズ映画への出演に含みを持たせた発言をしています。

また「よほど思いもよらない状況になっていないと。ハリソン・フォードもハン・ソロについてそんなことを言っていたはずだけれど、結果としてどうなったかは見ての通りだ。だから現時点では『ノー』だけれど、将来的には前言撤回する余地を残しておく」と「ダニエル・ラドクリフ」氏はコメントしています。

pixy89060.at.webry.info 1

(出典:pixy89060.at.webry.info)

作者:「J・K・ローリング」氏が発表したのは、「マジック・イン・ノース・アメリカ(北米の魔法)」シリーズの第2弾にあたる作品です。

マサチューセッツ州にあるイルバモーニー魔法魔術学校や、英国とは異なる米国の魔法界について語られる物語の内容です。

内容の中では、イルバモーニー魔法魔術学校は「グレイロック山の最も高い峰にあり、さまざまな強力な魔法により魔法使いでない人々の目から隠されている。ときおり、もやのような雲の渦の中に姿を現すことがある」ということです。

17世紀にこの学校を創立したのは、アイルランド出身の魔法使い、イゾールト・セイアです。

5歳の時に両親を殺され、おばのゴームレイス・ゴーントに引き取られることに。

だが両親を殺したのは実はこのおばだったことを知ったイゾールト・セイアは、新世界に逃げのび、そこでイルバモーニーを創立するのです。

内容ともに今後、さらなる発表に期待がかかりますね。

「ハリー・ポッター」の新作も大ヒットの予感です。

今後の進展を楽しみに待ちたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。