【トヨタ・222D】幻のMR2ラリー仕様は生産2台・スペックは

この記事は2分で読めます

【トヨタ・222D】幻のMR2ラリー仕様は生産2台・スペックは

あわせて読みたい記事:【1980年代スポーツモデル】 インパクトを残した名車5モデル

あわせて読みたい記事:【トヨタ・カローラレビン】TE27初代レビトレWRC勝利の軌跡

あわせて読みたい記事:【スタリオン4WDラリー】市販されなかった幻のスペシャルマシン

「トヨタ自動車」の幻のラリーカー、「222D」は、初代の「MR2(AW11型)」をベースとしたもので、「FIA」が「グループB」につぐカテゴリーとして「グループS」を企画し、「トヨタ自動車」がそのレギュレーションに対応したレース用車両としてプロトタイプを作成したもの、とされています。

なお「FIA」は急に心変わりをし「グループS」から「グループA」へと計画をスイッチしたため、「トヨタ」は「222D」のWRC参戦計画を停止せざるを得ない状況になったようです。

実に1984年にスタートした開発は1987年に終焉を迎え、制作されたのはわずか2台という「222D」は、一台は「トヨタ・モータースポーツ本社(イギリス)」、もう一台は現在、国内の「トヨタ・メガウェブ」に展示されている、とのことです。

ボディカラーがブラックの個体はイギリスに保存され、ホワイトが日本にあるそうです。それぞれ、ドライブトレインとなるエンジンはオリジナルの「4A-G型」からドライサンプ仕様の「3S-GE改型(排気量:2,053cc)」に変更され、5速トランスミッションは横置きから縦置き仕様へ駆動方式はMRから4WDに変更されています。KKK製ターボチャージャーを組み込んだパワーユニットは最高出力:500psオーバーを発揮していたようです。サスペンションシステムは前後ダブルウィッシュボーンでリアはダブルコイルへと変更されています。

なおグループBについてはメーカーにとって参入障壁が低く(ホモロゲーション獲得が容易)、かつ大幅な改造が認められたことで多くの強力なマシンが参加していました。「アウディ・スポーツ・クワトロ」、「トヨタ・セリカGT-TS」、「フォード・RS200」、「プジョー・205ターボ16」、「ランチア・ラリー」、「ランチア・デルタS4」、「ルノー・マキシ・ターボ」などが参戦していたのでした。改造の許容範囲が広かったために性能はどんどん向上し、中には0-100キロ加速1.7秒というF1並の加速を誇るマシンがあったと言われ、しかし瀬尾の高性能が災いしてか1986年には観客を巻き込む死亡事故が発生し、そのままカテゴリが消滅することとなっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。