【ヤマハ YZF-R25】限定モデルのスペック、価格、発売日は

この記事は2分で読めます

バイクメーカーのヤマハの「YAMAHA YZF-R25」は、今や250ccモデルのスポーツバイクとして貴重な存在であるだけでなくポテンシャルも高く評価されているもでるですよね。

www.yamaha-motor.co.jp 9 www.yamaha-motor.co.jp 10

その「2016年YZF-R25」もでるに「Movistar Yamaha MotoGP Edition」限定カラーが登場しています。

「MotoGP」で3冠タイトルを記念したワールドチャンピオングラフィックや「YZR-M1」同様に「ENEOS」のスポンサーロゴも新たにグラフィックデザインされています。

www.yamaha-motor.co.jp 1

どのような限定モデルなのか専用装備やスペックを見てみましょう。


専用装備:

  • カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC

www.yamaha-motor.co.jp 2

  • 燃料タンク上部には、MotoGP3冠タイトルを記念したワールドチャンピオングラフィックとMovistarロゴのステッカー

www.yamaha-motor.co.jp 8

  • 燃料タンク前方のサイドには、「YZR-M1」のイメージのゴールド音叉マークを装備

www.yamaha-motor.co.jp 7

  • ベースモデルはブラックですが、「Movistar Yamaha MotoGP Edition」には、ゴールドの前後ブレーキキャリパーを装着

www.yamaha-motor.co.jp 5

  • さりげなくカッコいい、リアの足回りにイエローのサスペンションコイルを装備しています。

www.yamaha-motor.co.jp 6www.yamaha-motor.co.jp 3

「YZF-R25」 Movistar Yamaha MotoGP Editionは、2015年MotoGPにおいて3冠獲得を記念したモデルです。

  • ベースモデルからの変更点は:
  • 1:専用カラー&グラフィック
  • 2:タンク上部のMotoGPでの3冠タイトルを記念した「ワールドチャンピオンロゴ」
  • 3:「YZR-M1」イメージのゴールド音叉マーク
  • 4:ゴールドの前後ブレーキキャリパー
  • 5:イエローのサスペンションコイル

スペック:

  • 型式:JBK-RG10J
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,090×720×1,135(mm)
  • ホイールベース:1,380(mm)
  • シート高:780(mm)
  • 最低地上高:160(mm)
  • 車両重量:166(kg)
  • エンジン型式:G401E型
  • エンジン型式:型形式:4ストローク水冷直列2気筒DOHC 4バルブ
  • 排気量:249(cc)
  • ボア × ストローク:60.0 × 44.1(mm)
  • 圧縮比:11.6:1
  • 最大出力:27kw(36PS)/ 12,000rpm
  • 最大トルク:23N・m(2.3kgf・m)/ 10,000rpm
  • エンジンオイル容量:2.4L
  • 燃料タンク容量:14.0L
  • ミッション:6速リターン
  • フレーム:ダイヤモンドフレーム形式
  • キャスター:25°00
  • トレール:95mm
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):油圧シングルディスク
  • タイヤ(F/R):110/70-17M/C 54S / 140/70-17M/C 66S
  • 新車価格:567,000円

発売日

www.yamaha-motor.co.jp 4

「ヤマハ発動機株式会社」の排気量:249ccの水冷・直列2気筒エンジンを搭載した「YZF-R25」の台数限定モデル「YZF-R25」 Movistar Yamaha MotoGP Editionは、国内限定400台販売、2016年7月20日より、価格:567,000円で発売します。

このカッコいい限定モデルの「YZF-R25」は、欲しいですね。 

(出典:www.yamaha-motor.co.jp)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。