【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【フェアレディZ32】世界記録のボンネビル最高速仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2018】BHオークション落札結果ランキング

あわせて読みたい記事:【トヨタ スープラ】V12トップシークレット仕様スペック・価格

あわせて読みたい記事:【日産 スカイライン GTS-R】ETC仕様のレストア完了する

世界最速の記録を残したカスタムマシンとして名を刻んだ「日産・フェアレディZ(Z32型)」の「JUNオートメカニック」仕様は、当時400km/hオーバーを記録しました。「JUNオートメカニック」が最高速トライアルに挑み製作したのは、1991年で、その後二回に渡りボンネビルにて速度記録に挑戦し、「小山進」氏のドライブによって時速:421.536km/hという世界記録を樹立しています。

  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_05

実は「日産・フェアレディZ(Z32型)/V型6気筒DOHC:VG30DETT」は1989年のデビューで、「日産・スカイラインGT-R(BNR32型)/直列6気筒 DOHC:RB26DETT」と同時期に発表されました。当初は最高出力:300psオーバーで市販される予定でしたが、自主規制の最高出力:280psで登場(このZ32型が自主規制280psを作ったともいわれています。)し、当時としては車高の低さに驚きました。空力性能に優れたZ32型は、最高速トライアルに適したモデルでした。

  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_04

このボンネビル最高速トライアル仕様の「日産・フェアレディZ(Z32型)」のカスタムですが、BHオークションによると「ボアアップによって排気量を3.1Lへと拡大し、両バンクにポルシェのグループCレーシングカーに装着されたKKK製K27.2タービンが1基づつ与えられ、ブースト圧2キロ/cmで1000馬力オーバー」というスペックとなっています。シャーシの床面はフルフラット仕様になっており、ダウンフォースを向上させています。

  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_03

記録達成後に「公道走行可能な仕様」へと変更されて実際に登録されており、当時幾つかの媒体でも紹介された車両です。フロントやサイドから見てもフロントセクションの空力をよく考えてボンネットを生成していることがわかります。

  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_01

インテリアは、エンジン制御関連のスイッチ類と追加メーターがコンソールに並び、ロールケージ、パーソナル製のステアリング、レカロ製のバケットシート、などで、オリジナルを残した状態といえます。

  • search3nd_1991_JUN_BONNEVILLE_Z32_NISSAN_300ZX_06

なお「東京オートサロン 2018」の「BHオークション」に出品されたものの、落札されていません。予想落札価格は、800万円-1,000万円前後とされていました。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。