【日産】 遂に来た自動運転技術も市販化検討? カルロス・ゴーン

この記事は2分で読めます

「日産」自動運転技術も市販化検討?

「日産自動車」が先頃開いた定時株主総会で、「カルロス・ゴーンCEO」が今年度に投入する新型車や新技術について説明しました。

その中には、自動運転技術も投入しているというから驚きですね。

遂に、この時が来たのかという感じになります。

「カルロス・ゴーンCEO」によれば、最新のハイブリッドパワートレーン「e-POWER」システムを搭載した新型コンパクトカーの国内導入を控えているとしており、航続距離の拡大と燃費向上を求めるユーザーのニーズに応え、EVの「リーフ」に匹敵する軽快な走りと、静粛性、優れた加速性能、低燃費を実現しているそうで、期待が高まる発表をしています。

carview.yahoo.co 2

(出典:carview.yahoo.co)

さらに、この最新モデルの「e-POWER」システム搭載車は、「日産」が2016年11月頃の投入を目指している「ノート」のHVモデルとみらるもので、発電専用のガソリンエンジンを搭載してモーターで走行する「レンジエクステンダーシステム」を採用しているというから楽しみです。

そして、この「e-POWER」システムは、昨秋2015年のフランクフルトモーターショーで「日産」が公開した「GRIPZコンセプト」に搭載されていたシステムで、「ノート」のビッグマイナーチェンジに合わせて市販化する計画のようです。

加えて、単一車線での自動走行を実現する「プロパイロット」技術を他市場に先駆けて国内に投入することを発表しました。

そう「自動運転技術」です。

carview.yahoo.co 3

(出典:carview.yahoo.co)

これは、「日産」が、2016年度末までに国内で販売する中核モデルの8割に搭載する既存の自動ブレーキ技術をさらに発展させたものということです。

より安全で効率的なドライビングを提供するとしており、国内に投入後、米国、欧州、中国で商品化する計画のようです。

carview.yahoo.co 4

(出典:carview.yahoo.co)

いろいろと燃費問題でトラブルもありましたが、先日0-100m加速:1.3秒という驚異的な記録を打ち出した「GT-Rドローン」であったり、今回の「e-POWER」システム、さらには「自動運転技術」など、「技術の日産」と言われている2016年の「日産」の動向は、非常に大きく前進している様に思えますね。

これからの時代に先駆けた技術をいち早く市販化していくような気がして楽しみですね。

「e-POWER」システム搭載モデルが、どのような車で登場してくるのか楽しみに待ちましょう。

そして、他の自動車会社も最新技術をどのように打ち出してくるのか期待が高まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。