【レディー・ガガ】 ダライ・ラマ14世が対談? 中国の反応は?

この記事は2分で読めます

レディー・ガガとダライ・ラマ14世が対談?

世界的に人気のアメリカの人気歌手の「レディー・ガガ」さん。

いつもインパクトのある衣装や言動で注目を集めるアーティストの一人でもありますよね。

その「レディー・ガガ」さんがこのほど、チベット仏教の最高指導者である「ダライ・ラマ14世」との写真をインターネットの画像共有サービス「インスタグラム」に投稿したということで衝撃が走っています。

www.cnn.co.jp 1

(出典:www.cnn.co.jp)

なんと、これを見た中国のファンらが強い反発を示しているのです。

「レディー・ガガ」さんと「ダライ・ラマ14世」は、6月26日、アメリカ国内で開かれた会合に出席し、思いやりの大切さについて意見を交わしたというのです。

そして、この時に「レディー・ガガ」さんと「ダライ・ラマ14世」が、2人で写った写真に対し、中国のユーザーから厳しいコメントが殺到しているというのです。

中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」では、「レディー・ガガはもう終わりだ」というコメントが広くシェア(共有)されているようです。

なんと、「レディー・ガガが大好きだったけれど、もうファンではない」という書き込みもあったほどです。

「レディー・ガガ」さんとは、中国でも大きな人気を集めているアーティスト。

しかし、中国当局は、「レディー・ガガ」さんとの曲を禁止したとの情報もあり、厳しい反応がみられています。

それでも、中国の外務省の報道官はコメントを避けています。

しかしながら、中国の外務省の報道官は一方で、ネット上で強い反発が起きたことを指摘し、国際社会は「ダライ・ラマ14世の本性がよく分かっている」はずだとコメントしており意味深な発言をしています。

これには、中国の指導部の見方が大きく影響しているようです。

中国の指導部は、「ダライ・ラマ14世」を、チベットの独立をたくらむ危険人物とみなしているからです。

www.sanspo.com 1

(出典:www.sanspo.com)

「レディー・ガガ」さんの作品は、今のところ中国でもアクセスできる状態ではあるものの、これまでに「リチャード・ギア」さんや「ビョーク」さん、ロックバンドの「ボン・ジョビ」、「マルーン5」をはじめ、多くの欧米芸能人が「ダライ・ラマ14世」とのつながりを理由に中国での活動を禁止されています。

こうした経緯を考えると、今後の「レディー・ガガ」さんの活動にも厳しい規制が加えられる可能性があります。

是非、今回の件が早く沈静化することを願うとともに「レディー・ガガ」さんの活動をはじめ、他の欧米人などに対する規制も緩和してほしいですね。

国家間、宗教間の根深い対立が表現の自由にまで影響を及ぼすことが少なくなることを願いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。