【日産 スカイライン(R31型)】 復活した直6 DOHC搭載 

この記事は5分で読めます

【日産 スカイライン(R31型)】

あわせて読みたい記事:【映画】 「High&Low」に登場のカッコいいバイク まとめ

あわせて読みたい記事:【トヨタ セリカXX】A60系型は色褪せないデザインとエンジン 

あわせて読みたい記事:「R30・スカイライン」 レース・西部警察・ストリート まとめ

  • グループAなどのツーリングカーレースでの活躍が目立った「R31型 スカイライン」、通称:「7th(セブンス)」、「都市工学スカイライン」と呼ばれる7代目スカイラインは、1985年9月に登場しました。
  • 「GTS-R」やCMで流れた「GTS」の「GTオートスポイラー」が記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。
  • テレビや漫画でも活躍した「R31型 スカイライン」に注目してみましょう。

usedcarnews.jp 2

(出典:usedcarnews.jp)


「エクステリアデザイン」

blog.goo.ne.jp 1

(出典:blog.goo.ne.jp)

  • 1985年8月にデビューした当時は、先代モデルの「R30型 スカイライン」のデザインを継承し、直線基調をベースとしながらサイズは、より大きくなりました。開発の指揮を執ったのは、スカイラインの父と言われている「櫻井眞一郎」氏であり、病に倒れたのちは「伊藤修令」氏が受け継いで開発されました。これまでの「GTスポーツ」から路線が変更され、当時流行していた「ハイソカーブーム」の流れをくみ、「高級クルーズカー」としてデビューしました。そのために当初は、「4ドアセダン」、「4ドアハードトップ」のみのボディタイプとなりました。これが市場では、スポーツからハイソカーというイメージ変更が大きすぎたために「史上最悪のスカイライン」とまで言われていました。ちなみに先代モデルの「R30型 スカイライン」は、「史上最強のスカイライン」と呼ばれていました。1986年になると「ワゴン」と「2ドアクーペ」を導入しました。

あわせて読みたい記事:スカイラインRS(DR30) 「史上最強のスカイライン」?「異端児」?


「インテリア」

www.geocities.jp 1

(出典:www.geocities.jp)

高級志向に走った7thスカイラインは、広々とした室内空間とエクステリアデザイン同様に直線基調をベースとしたインパネが特徴です。このインパネは、「絶壁インパネ」とも言われることになりました。メーターは伝統の「水平指針」を継承しています。


パワートレイン

www.youtube.com 1

(出典:www.youtube.com)

  • 搭載するエンジンは、これまで長きにわたって搭載されていた直列6気筒SOHCの「L型」から「ハコスカGT-R」以来、復活した6気筒DOHC4バルブエンジンの「RB型」エンジンを搭載していました。

あわせて読みたい記事:【日産・3th スカイライン】 C10型「ハコスカ」 まとめ

  • この「RB型」には、SOHCの「RB20E型」、ターボを装着した「RB20ET型」、そしてDOHCヘッドの「RB20DE型」と最大出力:180psを発生するターボ搭載の「RB20DET型」です。
  • 4気筒モデルには、SOHCの「CA18S型」が搭載されました。プラットフォームを「ローレル(C32型系)」、「レパード(F31型)」と共通しており、サスペンションシステムは、「ハコスカ」から続いているフロントにマクファーソンストラットにリアは、セミトレーリングアームを採用、しかし、「1800ccシリーズ」、「ワゴン」には、リアに5リンクリジットを採用していました。
  • また電子制御の4輪独立操舵システムである「HICAS」を搭載したモデルも存在しています。
  • さらに、後継モデルであり「GT-R」の復活となる「R32型 GT-R」の「アテーサ4WD」のテストを「R31型」で繰り返し、「アテーサ4WD」の完成度を高めることに貢献しています。

「スポーツモデル」

  • 7thスカイラインは、走りのスカイラインを取り戻すべく、スポーツモデルを次々に導入していきました。

「2HT GTS」

buta-neko.net 1

(出典:buta-neko.net)

  • 1986年5月に「GTS」を発表します。ターボラグを抑えて扱いやすいエンジン性能とするために、タービン素材に軽量なセラミックを採用し「セラミック・ターボ」とし、時速:70km/hを超えるとフロントエアダムから自動で出てくる「GTオートスポイラー」がCMで印象を与えていました。

「2ドアスポーツクーペGTSツインカム24VターボNISMO」

goo.ne.jp 1 goo.ne.jp 2goo.ne.jp 3goo.ne.jp 4

(出典:goo.ne.jp)

1987年2月に1,000台限定モデルの「2ドアスポーツクーペGTSツインカム24VターボNISMO」が登場します。「イタルボランテ」のステアリングホイール、モノフォルムバケットシート、「ハルトゲ製ホイール」等を装備しています。


「GTS-R」

car-me.jp 2

(出典:car-me.jp)

  • 1987年8月に800台限定モデル「2ドアスポーツクーペGTS-R」が登場します。エクステリアデザインは、専用のブルーブラックの塗装にフロントスポイラーは「GTオートスポイラー」を固定し、大型で専用のリアスポイラーを装備していました。また、当時のモータースポーツ「グループA」のホモロゲーションモデルとして登場した「2ドアスポーツクーペGTS-R」は、ギャレット製の大型コンプレッサーのターボ「T04E型」、大型空冷式インタークーラー、ステンレス製等長エキゾーストなどを装備し、エンジンは「RB20DET-R」を搭載していました。「GTS」とは明らかに排気音も異なり、最大出力も210psを発生しています。

blogs.yahoo.co.jp 3

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

1987年11月に「インターTEC」に参戦してレースデビューしました。1988年に総合で4位、1989年には、総合優勝を獲得しています。

「スペック」

blogs.yahoo.co.jp 2

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

  • 型式:HR-31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,660 × 1,690 × 1,365(mm)
  • ホイールベース:2,615(mm)
  • トレッド(F/R):1,425 × 1,420(mm)
  • 最低地上高:140(mm)
  • 車両重量:1,340(kg)
  • エンジン型式:RB20DET-R型
  • エンジン形式:水冷直列6気筒DOHC ICターボ
  • 排気量:1,998(cc)
  • ボア × ストローク:78.0 × 69.7(mm)
  • 圧縮比:8.5:1
  • 最大出力:210ps / 6,400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4,800rpm
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク

「GTSオーテックバージョン」

www.autech.co.jp 1 www.autech.co.jp 2

(出典:www.autech.co.jp)

  • 1988年5月には、200台限定「GTSオーテックバージョン」が登場し、専用のグレイッシュブラウンメタリック塗装にボルクレーシング製のホイールを装着したエクステリアでした。エンジンやサスペンションシステムは、「オーテックジャパン」でチューニングが施されており、最大出力:210psの「RB20DET型」を搭載し、足回りも強化されていました。

「トミーカイラ M30」

blog.gtroc.com 1

(出典:blog.gtroc.com)

minkara.carview.co.jp 2

(出典:minkara.carview.co.jp)

  • 生産台数:30台のコンプリートカーメーカー「トミーカイラ」が市販した、日本初の公認チューニングカーです。仕様は、「GTS」にオーストリア仕様に搭載されていた3,000ccのSOHCモデル「RB30E型」エンジンのシリンダーブロックに、「RB20DE」のシリンダーヘッドを搭載しチューニングが施されたモデルで2,962ccのNAエンジンで最大出力:240ps/7,000rpm、最大トルク:30.0kgm/5,800rpmを発生します。エクステリアは、ホワイトのサイドストライプ、専用のリアスポイラーが特徴です。

untitled

(出典:sasiyori.blog.so-net.jp)


「トミーカイラ M20」

usedcarnews.jp 1

(出典:usedcarnews.jp)

生産台数:30台でベースは「GTS」であり、エクステリアデザインは、「M30」同様のカラーリングやスポイラーを装着しています。

untitled

(出典:sasiyori.blog.so-net.jp)

  • エンジンは、ヘッドカバーがグリーンに塗装された「GTS」の「RB20DET」にチューニングが施され、最大出力:220ps/6,800rpm、最大トルク:26kgm/3,800rpmを発生しています。

「IMPUL R31-R」

minkara.carview.co.jp 3

(出典:minkara.carview.co.jp)

このモデルは「ホシノ インパル」が「R31型 スカイライン」の厳選中古車をベースにチューニングした限定300台のモデルです。


「オーテック S&S バージョン ドリフトパッケージ」

minkara.carview.co.jp 10minkara.carview.co.jp 9

(出典:minkara.carview.co.jp)

twitter.com 1

(出典:twitter.com)

生産台数:5台と言われている、「オーテックS&Sバージョンドリフトパッケージ」。


「TVや漫画」

kodansha.co.jp 1

(出典:kodansha.co.jp)

ブラックの環状仕様のR31スカイラインが登場。

minkara.carview.co.jp 4

(出典:minkara.carview.co.jp)

タクシードライバーの主人公は、R31改ツインエンジン搭載。

minkara.carview.co.jp 6 minkara.carview.co.jp 5

(出典:minkara.carview.co.jp)

漫画:「GT roman」では、「ハコスカ」とバトルしています。

kouiki201.blog.fc2.com 2 kouiki201.blog.fc2.com 1

(出典:kouiki201.blog.fc2.com)

ドラマ:「あぶない刑事」シリーズで活躍。


「カスタムモデル」

gontaya.co.jp 1

(出典:gontaya.co.jp)

www.uras.co.jp 1 www.uras.co.jp 2

(出典:www.uras.co.jp)

ameblo.jp 1

(出典:ameblo.jp)

blogs.yahoo.co.jp 4

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

minkara.carview.co.jp 7

(出典:minkara.carview.co.jp)

R31型スカイラインは、このカルソニックブルーが印象的でした。


「現在の中古車相場」

R31型スカイラインの中古車相場は、上昇傾向にあります。

  • 「4Drモデル」:40万円~130万円
  • 「2Drモデル」:90万円~ASK
  • 「GTS-R」:250万円~ASK

まとめ

photozou.jp 1

(出典:photozou.jp)

  • 「ハコスカGT-R」に搭載された「S20型」エンジン以来、直列6気筒DOHC24Vの「RB20型」を搭載し、グループAでも活躍を見せた「R31型 スカイライン」。「GT-R」を名称を与えられなかったものの、「GTS-R」、「オーテックバージョン」、「トミーカイラM30」など、スペシャルモデルが登場し、スポーツ「GT」を印象付け、名車としての功績を残したモデルです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。