【ダッジ バイパー(Viper)】 アメリカンスポーツ生産終了

この記事は2分で読めます

マッスルカー代表「ダッジ バイパー」

「ダッジ バイパー」といえば、アメリカを代表するスポーツカーであり、少し前にスペシャルモデルの「SRT10 ACR」でニュルのサーキットで市販車最速ラップを記録したことが衝撃でしたよね。

その「ダッジ バイパー」が生産終了するという悲しいお知らせが。

これは6月21日、ダッジブランドを擁する米国の自動車大手、「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US」が明らかにしたものなのです。

コメントによると、「2017年モデルとして、6月24日から受注を開始する5種類の限定車を最後に、バイパーの生産を終了する」と発表しているということなのです。

jp.autoblog.cm 1

(出典:jp.autoblog.com)

モーターファンに衝撃のコメントですよね。

「ダッジ バイパー」は、現行のバイパーは4世代目モデルに当たります。

2012年4月のニューヨークモーターショー12で、「SRTバイパー」のモデル名で発表されたものです。

そして、「ダッジ バイパー」には、現在のダウンサイジングトレンドとは無縁の大排気量V型10気筒ガソリンエンジンが搭載されています。

仕様としては、先代モデルのV10エンジン同様に、排気量は8.4リットルという大排気量でアメリカらしさ全開のエンジンです。

しかし、ピストンやインテークマニホールド、エグゾーストバルブなどに、大幅なチューニングが施されて、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmを絞り出すエンジンに仕上がっています。

これは先代モデルと比べると、40psのパワーアップ、5.5kgmのトルクアップが強化された仕様です。

そして、ポテンシャルは、0‐96km/h加速を3秒以下で加速し、最高速は331km/hまでボディを引っ張ります。

さらに0‐400m加速は11秒台半ばというモンスターマシンなのです。

しかも、2014年9月に発表された2015年モデルでは、さらに8.4リットルV10がパワーアップしています。

従来の640psから5ps引き上げられ、最大出力:645psを発生しています。

トランスミッションの6速MTも改良しており、マッスルカーでありながら気持ち程度ですが、高速燃費は20マイル/ガロン(約8.5km/リットル)と、従来モデルに比べると約5%向上させています。

今のこの時代からこそ、頑張ってほしかった「ダッジ バイパー」。

「ダッジ バイパーACR」:スペック

©2015 Richard Prince richard@rprincephoto.com www.rprincephoto.com 631-427-0460 (USA)

(出典:jp.autoblog.com)

  • エンジン:V型10気筒 8.4L
  • 最高出力:654ps
  • 最大トルク:83.0kgm
  • ミッション:6速MT
  • 1,876mm大型調整式リアウイング
  • カーボン製リアディフューザー
  • 脱着可能フロントスプリッター
  • エクストリームエアロキット
  • ブレーキ:
  • フロント390mm+6ピストン / リア360mm+4ピストン
  • ツーピースカーボンセラミックブレーキローター、Brembo製ブレーキキャリパー
  • 専用設計Bilstein製サスペンション
  • タイヤ:フロント295/25/19、リア355/30/19 クムホ製「Ecsta V720」
  • アルカンターラシート

 

6月21日に、「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US」は、2017年型の5種類の限定車を最後に、「ダッジ バイパー」の生産を終了すると発表したことは、初代の誕生から25周年の節目であり、その節目に、その歴史の幕を下ろすことにしたのです。

「FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US」の乗用車ブランドを統括する「Tim Kuniskis」代表は、「25年前の初代発売以来、スーパーカーの世界に数々の新記録を打ち立て続けてきた」とコメントしています。

きっと苦渋の決断だったことでしょう。

いつの日かニューモデルとして姿を現してくれる日を心待ちにしておきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。