【クルマ】 名車ランボルギーニ・ミウラの生誕祝う特別モデル発表

この記事は2分で読めます

「アヴェンタドール・ミウラ オマージュ」

関連記事:【クルマ】 ランボルギーニ・ミュージアムがリニューアルOPEN

「ランボルギーニ」といえば、「フェラーリ」と共に世界を代表するイタリアの高級スポーツカーメーカーですよね。

その「ランボルギーニ」が、6月23日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、往年の名車「ランボルギーニ・ミウラ」の名称を復活させました。

response.jp 1

(出典:response.jp)

その名は、「アヴェンタドール・ミウラ オマージュ」というモデルです。

この「アヴェンタドール・ミウラ オマージュ」は、名車「ランボルギーニ・ミウラ」の誕生50周年を記念して、50台のみが生産される超限定モデルなのです。

「ベースモデル」

ベースとなっているのは、「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」であり、「ランボルギーニ」の「Ad Personam」プログラムによるカスタマイズが施されているようです。

なんといっても特徴的なものは、そのボディカラーと言えるでしょう。

赤い専用ボディカラーは、「Rosso Arancio Miura」と呼ばれるカラーリングに命名されています。

response.jp 2

(出典:response.jp)

ボディの下部とアルミホイールは、ゴールドで仕上げられ、「ランボルギーニ・ミウラ」を彷彿とさせるエクステリアになっています。

またスペシャルモデルとしてボディサイドには、「Miura 50」のエンブレムが装着されています。

e-nenpi.com 1

(出典:e-nenpi.com)

インテリアは、専用のレザーシートを採用しており、「50」のロゴが添えられています。

さらにカーボンファイバーパッケージを標準装備し、レザー仕上げのダッシュボードには、「Lamborghini」のロゴが入れられています。

また「Miura 50」と表記されたシリアルナンバープレートも付いており、他車との差別化が図られています。

e-nenpi.com 2

(出典:e-nenpi.com)

主にエクステリアとインテリアの変更が施された「アヴェンタドール・ミウラ オマージュ」は、パワートレインに変更はないようです。

「スペック」

ミッドシップには、6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載しています。

スペックは、最大出力:700hp/8,500rpm、最大トルク:70.4kgm/5,500rpmを発生するエンジンのセッティングとなっています。

ポテンシャルは、0‐100km/h加速は、2.9秒という速さに、最高速は、350km/hのスピードを誇り、世界最高峰のレベルに仕上げられているモデルです。

「アヴェンタドール・ミウラ オマージュ」において、往年の名車のモデル名が復活したことはうれしい限りですよね。

それとともに、振り返ると、以前に「ランボルギーニ・ミウラ」のコンセプトモデルを発表したことがありますよね。

「ランボルギーニ・ミウラ・コンセプトカー」を市販化して「ミウラ」復活も期待したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。