【日産】 GT-Rにニューモデル? 0-100m:1.3秒?

この記事は1分で読めます

「ニッサンGT-Rドローン」

「日産・GT-R」といえば、世界のスーパースポーツの最高峰レベルのモデルであり、日本の代表するモデルですよね。

その「日産・GT-R」の「ドローン」が製作され、すごい記録を作っています。

欧州日産は、6月23日、最速の「FPV(ファースト・パーソン・ビュー)」のドローンである『ニッサンGT-Rドローン』を公開しました。

www.as-web.jp 1

(出典:www.as-web.jp)

このドローンは、「コース上でニッサンGT-Rの2017年モデルの速さについていき撮影するため」に開発されたものです。

ワールド・ドローン・プリ・チャンピオンの「トルネード・Xブレード・レーシング」によってカスタムデザインされ、レース用のスペシャルチューンとロードラッグ化を施しています。

さらに、2000kVを誇るXノヴァモーターによって、4枚のプロペラを駆動するようにセッティングされています。

www.as-web.jp 2

(出典:www.as-web.jp)

これらのスペシャルチューニングによって「GT-Rドローン」は、驚くべき加速力を誇り、0-100km/hはわずか1.3秒という性能を発揮するようです。

この「GT-Rドローン」は、さっそくシルバーストンでニッサンGT-Rの2017年モデルと「レースバトル」を行いました。

ニッサンGTアカデミー出身のレーシングドライバー、「リカルド・サンチェス」氏が駆る「日産・GT-R」と、2015年のイギリス・ナショナル・ドローンレーシングのチャンピオンを獲得した「ジェームス・ボウルズ」氏が操作する「GT-Rドローン」がバトルしました。

結果は、当然….。

www.autobild.es 1

(出典:www.autobild.es)

ニッサンGT-Rの2017年モデルと、「GT-Rドローン」は6月23日から行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで展示される予定ということです。

0-100m加速で1.3秒というポテンシャルは、凄いですよね。

そして、それをコントロールするイギリス・ナショナル・ドローンレーシングのチャンピオンの「ジェームス・ボウルズ」氏のテクニックもお見事ですよね。

この「GT-Rドローン」の今後の活躍も楽しみですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。