【映画:ファインディング・ドリー】 興行収入は、すでに記録更新

この記事は2分で読めます

映画:「ファインディング・ドリー」

あわせて読みたい記事:【映画】 ランキングトップ10:「ファインディングドリー」は? 

日本での公開は、2016年7月16日(土)が全国ロードショーということで話題となっていますね。

一足早く、公開されているアメリカでは凄いことになっているようです。

「CNN」によれば、ディズニー・アニメの最新作「ファインディング・ドリー」が先週末にアメリカにて公開されました。

www.cnn.co.jp 4

(出典:www.cnn.co.jp)

なんと、オープニングの興行収入がアニメ史上最高を記録したことが6月20日までに分かったということです。

「ファインディング・ドリー」は、2003年にヒットした「ファインディング・ニモ」の続編になるアニメ映画です。

アメリカでは、週末の興行収入は、1億3,620万ドル(約143億円)となり、「ファインディング・ニモ」の2倍近くの興行収入に達したというのです。

なんとこの興行収入の数字は、2007年に1億2,160万ドルを記録した「シュレック3」を超え、歴代アニメ映画のトップに立つ記録なのです。

「ファインディング・ニモ」は最終的に、全世界で9億3,670万ドルの興行成績をあげる大ヒットとなりました。

「ファインディング・ニモ」は、ホームビデオなどでこの10年以上、ファンは「ファインディング・ニモ」に親しんできた上、続編を熱望してきたことを思うと待望の続編公開となったというわけです。

今作、続編となる「ファインディング・ドリー」は、アメリカの4,305カ所の劇場で公開され、オープニングの興行収入は、1億ドル前後と予想されていました。

映画批評サイトの「ロッテン・トマト」で95%という高評価を受けたことが追い風になったともみられていますが、週末の観客は家族連れが65%を占めることになり大きな反響を得ています。

ディズニーは、2016年において「ズートピア」、「ジャングル・ブック」、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」とヒットを飛ばしていましたが、先月末に全米公開されたジョニー・デップ主演の「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」はオープニング興行収入が3,420万ドルにとどまっていました。

そのような中、「ファインディング・ドリー」のヒットは、近年不振が続いていたディズニーの夏休みシーズンにも明るい光をもたらしている模様です。

このアメリカでの状況の流れが、そのまま日本に押し寄せてきそうですね。

期待を上回る出来となっているのでしょう。

公開が待ち焦がれますが、2016年7月16日のロードショーを楽しみにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。