清原和博さん 求刑として懲役2年6ヵ月 倍率

この記事は1分で読めます

元プロ野球選手の「清原和博」さん(48歳)の初公判が東京地方裁判所で5月17日に行われました。「清原和博」さんは、覚せい剤取締法違反の罪に問われて検察側が求刑2年6ヵ月を求めたというのです。「清原和博」さんは、起訴内容に対して「間違いありません。」と述べ、「ストレスや不安は野球で解決したが、引退後は薬物に負けてしまった。プロ野球を目指す少年たちに申し訳ない。」と涙を流しながら謝罪しました。それに対して、弁護側情状証人として野球評論家の「佐々木主浩」氏(48歳)が出廷しており、「清原和博」さんの発言に「2回目はないと強く信じる」と語り、強力なサポートを約束したようです。
  • 起訴内容
2015年の9月1日ごろ、群馬県のホテル一室で密売人とされている「小林和之」(45歳)から覚せい剤1.2gを8万円で譲り受けたこと、2016年2月の東京都港区のホテル一室で覚せい剤を使用し、2月2日に港区の自宅にて覚せい剤0.2gを所持していたことが起訴の内容となっています。
  • 初公判の倍率
20席の傍聴整理券を求めて3,769人が希望者として集まり、倍率は約188倍でした。これまでの最高倍率は、女優の「酒井法子」さんの初公判の330倍でした。 今後、しっかりと更生してファンや野球関係者に良いものを伝えてほしいものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。