【Kawasaki Z1-R】 日本刀イメージのカフェレーサー

この記事は4分で読めます

【Kawasaki Z1-R】 日本刀イメージのカフェレーサー

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:「Kawasaki・Z1000R」 エディ・ローソン レプリカ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

当時、デザインとして流行していたのは、BMW「R100RS」、ハーレーダビッドソン「XLCR」、ドゥカティ「MHR」などに代表されるカフェレーサースタイルでした。

そのような中、1977年に世界に衝撃を与えるカワサキ流カフェレーサーを登場させることになります。

それが「Kawasaki Z1-R(型式:KZ1000D)」です。

blog.kcg.ne.jp z1r

(出典:blog.kcg.ne.jp)

今なお衰えることなく独特のスタイリングデザインに多くの人が魅了している「Kawasaki Z1-R」の魅力を見てみましょう。


「日本刀がイメージ」

ameblo.jp z1r

(出典:ameblo.jp)

1970年代半ば当時は、カフェレーサースタイルのカスタムモデルが流行していましたが、カワサキは「Z1000」という「Z1」の後継モデルの「丸形タンク」のスタイリングしか存在していなかったために、「Z1-R」の開発が1975年に始まりました。

全体のフォルムのイメージは、「日本刀」です。

フレームは、「Z1」をベースに剛性を向上させ、18インチのアルミキャストホイール、外装は、「Z1」から継承されていた「丸形」デザインから「角型」デザインへ大幅な変更しました。

www.kawasaki-cp.khi.co.jp z1r2 www.kawasaki-cp.khi.co.jp z1r

(出典:www.kawasaki-cp.khi.co.jp)

大型のスクリーンを持つビキニカウル、細長い13リッタータンク、4ino1の集合管マフラー、メーターはスピードメーター、タコメーター、燃料計、電流計の4連メーターをフロントフォークに装着していました。

yaplog.jp z1r

(出典:yaplog.jp)

カラーリングは、敢えてカラーリングも金属感を強調したメタリックスターダストシルバー1色のみの設定とし、モデル名に「Z1」の二文字を復活させ、エンジン塗色も初期の「Z1」と同じ黒とすることによって「ジャパニーズカフェスタイル」としてデザインされたのです。


「カフェ仕様エンジン」

www.kawasaki-cp.khi.co.jp z1r3

(出典:www.kawasaki-cp.khi.co.jp)

搭載されていたエンジンは、ブロックは1978年モデルの「Z1000(KZ1000-A2)」をベースとしながら、大径キャブレターの採用し各部の見直しを施すことによって最大出力:90ps/8,000rpm、最大トルク:8.7kgm/7,000rpmとなり、「Z1000」の83psからパワーを上げてスペシャルモデルとしてセッティングされています。

  • 「Kawasaki Z1R」は、全世界で1万5,000台以上を売り上げることになり大ヒットモデルとなりました。
  • この「Z1-R」が発売された後、日本において「Z1-R」は、ベンチマークとして取り上げられるモデルとなり、メディアによるテスト記事には「Z1-Rより速い」、「スタイリングの斬新さはZ1-Rに劣る」など「Z1-R」を比較対象とした表現がなされるようになりました。

「Kawasaki Z1-R」:スペック

  • 型式:KZ1000D1
  • 車台番号 KZT00D-000001~
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,160 × 800 × 1,295(mm)
  • ホイールベース:1,505mm
  • 車両重量:246kg
  • エンジン型式:KZT00DE
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブ
  • 排気量:1,015cc
  • ボア × ストローク:70.0 × 66.0(mm)
  • 圧縮比:8.7:1
  • 最大出力:90ps / 8,000rpm 
  • 最大トルク:8.7kgm / 7,000rpm 
  • ミッション:5速リターン
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク / シングルディスク
  • 0-400m加速:11.8秒
  • 最高速度:220km/h以上

「Z1R-II」の登場

型式:KZ1000D2 / KZ1000D3

Exif_JPEG_PICTURE

 

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

カワサキは1978年に「Z1-R」を熟成させたモデルとして「Z1R-II」(1979年モデル)を登場させます。

このモデルは、フレームとエンジンを「Z1000」から「Z1000Mk.II」にベース変更を行い、シリンダーヘッドが「丸形」から「角型」へ、フロントホイールを19インチへ変更しています。

またフロントフォークステムを60mm→50mmへショートオフセット化しており、トレール量(85mm→101mm)の確保と車軸距離の最適化を図っています。

タンクエンブレムも「KAWASAKI」→「Kawasaki」に変更しています。

さらに13→20リットルへ燃料タンクの容量アップ、マフラーを4into2の2本出しマフラーへ変更しています。

blog.kcg.ne.jp z1r2

(出典:blog.kcg.ne.jp)


「Kawasaki Z1R-II」:スペック

  • 型式:KZ1000D2 / KZ1000D3
  • 車台番号 KZT00D-017501~
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,218 × 805 × 1,290(mm)
  • ホイールベース:1,473mm
  • 車両重量:250kg
  • エンジン型式:KZT00DE
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブ
  • 排気量:1,016cc
  • ボア × ストローク:70.0 × 66.0(mm)
  • 圧縮比:8.7:1
  • 最大出力:96ps  / 8,000rpm
  • 最大トルク:9.2kgm / 6,500rpm
  • ミッション:5速リターン
  • サスペンション(F/R):テレスコピック / スイングアーム
  • ブレーキ(F/R):ダブルディスク / シングルディスク

「Z2-R / Z1000S」

sumally.com z2r

(出典:sumally.com)

フランスでは、「Z2R」というモデルが存在しており、カラーリング変更が施されていました。また「Z1000S(ドイツ)」モデルは、大型タンク搭載、4本出しマフラーを装備したモデルでした。


「Z1-RTC」

www.odd-bike.com z1rtc

(出典:www.odd-bike.com)

「アメリカ・ターボサイクルコーポレーション社」で発売された「ATP(アメリカン・ターボ・パック)」キットを組み込んだコンプリートモデルです。

www.odd-bike.com z1rtc1

(出典:www.odd-bike.com)

ターボユニットはAmerican Turbo-Pak社製のターボユニットを装着して製作し、アメリカカワサキから1978年発売され、ブラック/オレンジーのカラーは翌1979年の仕様で250台生産されました。

www.odd-bike.com z1rtc2 www.odd-bike.com z1rtc3

(出典:www.odd-bike.com)


有名人の愛車

matome.naver.jp z1r

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

俳優:「江口洋介」さんの愛車、カスタムされたホワイトカラーの「Z1-R」です。


TVドラマ

z400ltd.up.n.seesaa.net z1r

(出典:z400ltd.up.n.seesaa.net)

TVドラマ:「もう一度君に、プロポーズ」では、主演の「竹野内豊」が乗っています。

www.suzukisyoukai.jp z1r

(出典:www.suzukisyoukai.jp)


カスタムモデル

www.bulldock.jp z1r

(出典:www.bulldock.jp)

www.bikebros.co.jp z1r

(出典:www.bikebros.co.jp)

www.top-end.jp z1r

(出典:www.top-end.jp)

オリジナルのシルエットを残してのカスタムはカッコいいですね。


現在の中古車相場

「Z1-R」シリーズ平均相場:230万円前後

「Z1-R」:150万円~ASK

「Z1R-II」:190万円~290万円

「Z1-RTC」:290万円

これからさらに価格が上昇していくであろう「Z1-R」シリーズは、ベース車両の購入は今がベストなのかもしれません。


まとめ

「Z1」からのデザインを一新し、パフォーマンスは「カワサキ」ブランド発のカフェレーサースタイルは、日本刀をイメージし、ジャパニーズカフェと呼ばれる直線基調の「角型Z」として後のカワサキのバイクに大きな影響を及ぼしました。またポテンシャルもベンチマークとされるほど熟成されたモデルでした。「Z1-R」シリーズは、カワサキが誇る名車の一台です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。