「ダブルケア」…現在「推定25万人」が問題に陥っている

この記事は1分で読めます

「ダブルケア」とは、親の介護と子供の育児を同時にしなければならない状態のことです。国の調査で、現在「推定25万人」がこの問題に陥っており、深刻化しているということです。「ダブルケア」は、生活に様々な深刻な影響を与えています。
  • 生活への影響とは?
「育児」をするというだけでも自分の時間は非常に限られてきます。自分優先ではなく、親として子供の目線で物事や時間を考えて生活するために、子供が寝たり、遊びに集中していたりする「隙間時間」と言われるときにしか自分の時間がないために独身時代に比べて稼働時間は5分の1くらいになってしまったと、思う方も多いようです。それに加えて、「親の介護」も加わると時間は皆無と言えるでしょう。
  • 今後?
今後は、子供の成長に合わせ経済的な負担も増えるでしょうし、親の介護は、より一層必要が大きくなっていくことを考えると、この時間がないというストレスや経済的な問題、介護疲れといった問題は、深刻化していく一方です。これに増して「災害」「事故」「病気」など予期せぬ問題も突然起きてしまうことも考えられます。では少しでも軽減できる方法は?
  • 負担を減らす助け
用事を一括で済ませることができるシステムを望む声が、大きくなっています。病院や保育園、税金などの支払いなど公的機関においての「一括システム&相談窓口」です。このシステムがあれば、移動や作業といった時間の短縮につながり、突然の「災害」「事故」「病気」などの突如起きる事態への備えもできます。大きな助けになると感じておられる方が増えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。