【電動スーパーチャージャー】 アウディが採用し600PS! HKSも開発中

この記事は2分で読めます

「電動スーパーチャージャー」

外観は、ターボチャージャーのコンプレッサーにも似た形状ですが、遠心式スーパーチャージャーの駆動側に電気モーターを設置した電動ターボともいえるかもしれません。

clicccar.com 1

(出典:clicccar.com)


先端技術のメーカー

e-nenpi.com 3

(出典:e-nenpi.com)

海外サプライヤーの「マグナ・インターナショナル」と「ヴァレオ」の日本法人の「電動スーパーチャージャーは、12Vと48Vの2種類を用意。

「12Vタイプ」は、従来型乗用車の電装系にそのまま使用できる。

「48Vタイプ」は、電装系トレンドに合わせることができるようです。

また、日本の「HKS」は、「12Vタイプ」の電動スーパーチャージャーのプロトタイプを開発しています。

自動車メーカーやアフターパーツとしての開発も含めたモデルです。


駆動方法は?

www.kurumaerabi.com 1

(出典:www.kurumaerabi.com)

駆動方法は、減速エネルギー回生によって充電したバッテリーでスーパーチャージャーを動かすシステム。

このシステムのアイデアは、トラックメーカーの「UD」社です。

「UD」社のアイデアは、ハイブリッドトラックのエンジンに、ハイブリッドの高圧バッテリーからの電気供給を前提とした200V級の電動スーパーチャージャーを採用するというものです。

エンジンを大幅にダウンサイジングしながら、電動スーパーチャージャーにより発進トルクの確保をすることで、大型トラックにおいても総合的に燃費改善が期待できるという革新的アイデアです。

実際、ターボチャージャーよりも低速域から過給をかけることのできるスーパーチャージャーであれば、いままで以上にエンジンをダウンサイジングする可能性は大きいといえるでしょう。

car-me.jp 1

(出典:car-me.jp)

そして、エネルギーの有効活用という点でいえば電動スーパーチャージャーには大いに可能性があります。

電動スーパーチャージャーは、減速エネルギー回生システムによって充電した電気を使う領域を広げることで、エネルギー効率に優れたスーパーチャージャーとなります。

また、過給のリニアリティや制御の自由度においても電動スーパーチャージャーは有利に開発できます。

例えば、アトキンソンサイクル(高膨張比)エンジンによるハイブリッドカーやハイブリッドの高圧系を使える電動スーパーチャージャーを組み合わせることで、より熱効率に優れたポテンシャルを持つ車を開発することができるというのです。

さらに、HCCIエンジンに電動スーパーチャージャーを組み合わせることで、HCCI領域のコントロール性能を向上させることができるでしょう。

いち早く「電動スーパーチャージャー」の技術を導入したのが、「アウディ」です。

「ヴァレオ製」の電動タービンを採用したのが「アウディ・TT クラブスポーツ ターボ コンセプト」。

コンセプトモデルですが、「TT」をベースに電動ターボを搭載。


そのポテンシャルは?

motorcars.jp 1

 

(出典:motorcars.jp)

排気量:2.5L 直列5気筒「TFSI」エンジンに「ヴァレオ製」のタービンを搭載しています。

最高出力:600ps、最大トルク:650Nm(66.3kgm)を発生しています。

クワトロシステムの組み合わせによって、0-100km/h加速:3.6秒、最高速度:310km/hという凄まじいポテンシャルを発揮しています。

carview.yahoo.co 1

(出典:carview.yahoo.co)

「アウディ」の場合は、コンセプトモデルですが、この電動スーパーチャージャーというシステムは、実際には市販車にも採用されているシステムですが、開発が進むとこれまで以上にエコカーでの高出力を期待できます。

これから、より一層、自動車業界における電動スーパーチャージャーのシステムの開発が進むことを願いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。