「川栄李奈」の演技力 女優として大躍進

この記事は1分で読めます

昨年8月にを卒業し、活躍の場をバラエティー番組や女優業に移した「川栄李奈」さんが、演技力の高さから注目されています。NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の中で、仕出し屋の「森田屋」の娘「富江」を演じており、脇役として実力を発揮しているようです。セリフはあまり多くないものの「表現力」を高く評価されているようです。「富江」の少女としての心情の変化など、言葉でなく表情という見せる演技に好感を抱いている視聴者も多く、監督もその点を評価しているようです。この評価は、AKB48を卒業した当初から得られており初主演舞台の「AZIMI」での出演時からのもので「演劇界で1位を獲れる」と関係者に絶賛されているようです。「川栄李奈」さんは、2014年に岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで行われたAKB48握手会の際に襲撃事件に巻き込まれるなど、辛い過去があり精神的にもPTSDなどを乗り越える障害などもあったと思いますが、そうした困難を乗り越えることができたことが強さとなり、女優としての「演技力」に活かされているのかもしれません。問題に逃げずに取り組み努力した結果だと思います。これから女優業に限らず、いろいろな分野で活躍の場を広げていくことを期待したいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。