【トヨタ】 トヨタが世界初のラジコンを開発? 驚きの動力源?

この記事は2分で読めます

「トヨタが開発したラジコンは、世界初」

「ラジコン」といえば、バッテリー電池で走るものもあればエンジンで走るものもありまよね。その技術は、時代とともに、ついにラジコンカーにまで新たな燃料電池を主要動力源にする時代が訪れたようです。


「ラジコンもエコ時代」

www.webcartop.jp toyota1

(出典:www.webcartop.jp)

「ラジコン」などのホビーを創出するメーカーの株式会社「京商」とコラボレーションをして開発した、オリジナルカーが今回紹介する燃料電池ラジコンカーです。「京商」といえば、「プラモデル」も「ラジコン」も精巧な作りで有名ですよね。そんな「京商」がコラボで開発した「ラジコン」が、こちらです。

www.webcartop.jp toyota3

(出典:www.webcartop.jp)

外装デザインは、1/10スケールの「トヨタ・ミライ」をモデルとして開発、製作しており、駆動方式は、FF(前輪駆動)となっています。


「世界初のラジコン」

www.webcartop.jp toyota

(出典:www.webcartop.jp)

そして、なんと動力源が「水素燃料」なのです。

「水素燃料」なので一回充填すれば、バッテリーのようにすぐに電力消費してしまい残量を気にすることもなく長く遊べるそうです。

通常のバッテリーでの走行時間が10分前後なのに対して、水素の場合の可動時間は4時間から5時間というのだから驚きです。

これほど稼働時間が長ければ、遊び以外にも多方面で使用できそうですし、「ラジコン」が災害現場などで活躍したりしそうですね。

この画期的な開発について「トヨタ」の「MEGA WEB」は、「ラジコン」のスケールモデルなので、すべての部品が小さくシンプルに作られているから、構造や仕組みが分かりやすいので、このことから燃料電池を学ぶ素材として絶好だと述べています。

こうした勉強が無料で開催されていることは、実に素晴らしいことですね。

「MEGA WEB」では、定期的に教室を開いています。

www.webcartop.jp toyota2

(出典:www.webcartop.jp)

  • 「燃料電池教室」
    参加費:無料
    定員:先着10名
    対象:小学生(低学年は保護者同伴)
    受付:11時
    受付場所:トヨタショーケース1F
    (エスカレーター横に集合)
    時間:14時から15時と16時から17時の2回となっています。

トヨタ「MEGA WEB」:http://www.megaweb.gr.jp/about/

これからの時代、ホビーや子供のおもちゃもエコ重視となって、幼い子供から環境意識や災害時への対応を高める勉強などが行われていくのかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。