アイルトン・セナ Ayrton Senna  未解決の謎の事故

この記事は3分で読めます

「天才ドライバー」「セナマジック」「音速の貴公子」…今から20年以上も前、日本において、いや世界で最も有名なF-1ドライバーがいました。

その名は、「アイルトン・セナ・ダ・シルバ」で、名前だけは知っているという方が多いのではないでしょうか?

その「セナ」が亡くなったのは、1994年5月1日と20年以上の歳月が過ぎましたが、その最期は未だに謎に包まれたままです。

 

  • 「セナ」といえば、マクラーレン・ホンダ

「セナ」といえば、赤白のマルボーロカラーに仕上げられた「マクラーレン」のマシンに「ホンダ」のエンジンの組み合わせで、真っ赤なレーシングスーツにブラジルカラーの黄色のヘルメット、そしてピットでは、「good year」のブルーの帽子が、お似合いのドライバーというイメージでした。

しかし、ホンダは1992年をもって「マクラーレン」からもF-1界からも去っていき、「セナ」も1993年は苦しいシーズンを「マクラーレン」で送りました。

そして、心機一転1994年には、1992年、1993年のワールドチャンオンの「ウィリアムズ」に移籍しました。このことがターニングポイントとなりました。

 

  • レギュレーションが変更

1994年からレギュレーションの変更が行われ「アクティブサスペンション」「トラクションコントロール」といった「ハイテク装備」が廃止となり、マシンの完成が遅れ、セッティングが難しい神経質なマシンとなっていました。

もともと天才F1デザイナーと言われた「エイドリアン・ニューウェイ」が設計したマシンは、エアロダイナミクスにおける点で突出したマシンでしたが、それは「アクティブサスペンション」が装備されてポテンシャルを発揮するものでした。

それゆえ、周囲の1994年は「セナ」&「ウィリアムズ」の全勝の噂とは、逆に「セナ」は、苦戦を強いられることになります。

 

  • まさかの1994年シーズン

1994年の開幕戦「ブラジルGP」では、予選:PP(ポールポジション)決勝:リタイア、第2戦「パシフィックGP」も予選:PP、決勝:リタイアとデビュー以来の開幕2戦連続ノーポイントとなりました。

そして第3戦「サンマリノGP」の予選となり大波乱、悲劇が相次ぐGPとなります。

この時の気持ちやマシンの状態をマクラーレン時代のチームパートナーであり親友の「ゲルハルト・ベルガー」にサンマリノGP前にこう言っています。

「マシンをドライブするなんてことはできないよ。マシンは空力的にドライブが難しい部分があったようだ。パフォーマンスは最悪で、まだ乗りこなせていない」と、打ち明けています。

 

  • 予選:牙をむくサーキット

開幕戦からノーポイントが続いており、巻き返しを誓って「ここが自らの開幕戦」と述べて予選に挑んでいきます。

しかし、第3戦「サンマリノGP」は、予選から「イモラ・サーキット」が牙をむき、クラッシュが多発します。

予選1日目では、「ルーベンス・バリチェロ」が大クラッシュによって病院に緊急搬送される事故が発生します。

安否が心配されるほどの衝撃でしたが、幸い鼻骨骨折と軽傷ですんでいます。

ここから始まった悪夢は翌4月30日の予選2日目には、悲劇が起こってしまいます。

なんと今度は、「ローランド・ラッツェンバーガー」がヴィルヌーヴ・コーナーでクラッシュし帰らぬ人となってしまいました。

F-1GP中の死亡事故は、12年間起きていませんでした。

サーキットは悲しみと恐れに包まれながらも進んでいきます。「セナ」は、このような重たい空気の中、吹き飛ばす勢いで予選を走り開幕連続ポールポジションを獲得しています。

しかし、こうしたアクシデントが続いたため、どのドライバーも恐怖心と戦っていました。

「セナ」もその一人で「走りたくない」と恋人に連絡していたそうですが、夜には落ち着きを取り戻し、「心配しなくてもいい。ぼくは、とっても強い」と話していたようです。

 

  • 5月1日:決勝

そして、迎えた5月1日、F-1第3戦「サンマリノGP」の決勝スタート前には、非常にナーバスな顔をした「セナ」が、ウィリアムズのマシンに乗り込んでいました。

神経質な表情やしぐさから「セナ」の感情がTV画面を通しても伝わってきていました。

スタートは、近づきフォーメーションラップに入り、メインスタンドに各車が戻り、スターティンググリッドに停車します。

そして、シグナルがレッドからブルーに変わり、耳を劈くような高回転のエンジン音とともに「サンマリノGP」決勝がスタートします。

先頭グループは、きれいにスタートし「セナ」はトップをキープして1コーナーを立ち上がっていきます。

しかし、後方ではクラッシュが発生しセーフティーカーが導入されます。また重たい空気が漂いはじめました。

 

  • 悪夢の7周目

数周セーフティーカーが先導したのち再スタートが切られ、7周目に「セナ」は、背後の「ミハエル・シューマッハ」をテールに抑えながら全開走行して、超高速コーナーの左コーナーに進入していきます。

時速312km/hでコーナーを曲がっている最中、突如マシンは直進し、そのままコースアウトしコース右側のコンクリートウォールに激突し、マシンは大破します。

激突の瞬間は、オンボードカメラによって「セナ」がパドルシフトでシフトダウンしてステアリングを左に切っている様子が映っているもののマシンは、直進し時速210-220km/hで壁に激突しています。

現地時間午後2時17分にクラッシュしたのちヘリコプターでボローニャのマジョーレ病院へ緊急搬送されるものの、意識が戻ることはなく同日の現地時間の午後6時40分に帰らぬ人なりました。

死因はステアリングシャフトの頭部貫通によるダメージでした。

1994年5月1日、享年34歳と短い生涯を閉じることになりました。

 

  • 原因は?

この事故については、自殺願望が「セナ」にあったとか、マシンの挙動がおかしいことからチームオーナーの「フランク・ウィリアムズ」が追求されたり、さまざまな憶測が飛び交うこととなりましたが、確定するものはなく、原因不明の事故のままとなっています。

現地を取材していた関係者は、「サーキットの路面は、ボロボロでレースできる状態ではなかった」と言っていました。

 

  • 伝説のドライバー

死亡したニュースは世界中を駆け巡り、緊急追悼番組が各TV局で放映され、ブラジルでは国を挙げて追悼が行われました。

「天才」と言われ、「彼のようなドライバーな出てこない」と元F-1チャンピオンの「ニキ・ラウダ」は語りました。

たしかに、卓越したドライビングテクニック、人を引き付けるカリスマ性、心優しい人柄など、孤高の「史上最速のドライバー」であり、今なお伝説として語られる「セナ」は、人々の記憶に刻まれていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。