【サッカープレミアリーグの選手が購入した人気の車:ベスト10】

この記事は4分で読めます

【サッカープレミアリーグの選手が購入した人気の車:ベスト10】

あわせて読みたい記事:【ランキング】2017年版:世界で最も稼ぐスポーツ選手100人

あわせて読みたい記事:【世界で最も高価な車:ベスト10】車一台で驚愕価格!名車は高価

あわせて読みたい記事:【フェラーリ 360スパイダー】デビッド・ベッカムの車が競売に

サッカープレミアリーグで活躍することは多くの人にとって憧れかもしれません。そんなプレミアリーグに所属するサッカー選手がここ二年で購入した車ランキングが公開になり、その意外性に注目が集まっています。なおプレミアリーグ所属選手の平均所得は、「3億4000万円」ということです。しかしながら意外と購入している車の中には「普通」のものがあり、意外なのです。それでも、考えてみるとこれらは「家族用」ということで購入しているのかもしれません。では、「サッカープレミアリーグの選手が購入した人気の車:ベスト10」をランキングで見てみましょう。


10位:「マクラーレン 675LT スパイダー」

パワーは650Sよりも25psアップした675ps/7100rpm、トルクは71.4kg-m/5500-6500rpm。 0-100km/h加速2.9秒、0-200m加速7.9秒、最高速330km/hと発表されており、2015年12月に675LTのオープントップ・モデル「675LT スパイダー」を生産することを発表し販売台数は500台となっていました。


10位:「ベントレー・ベンテイガ」

「ベントレージャパン」によれば、ベンテイガはこれまでのSUVの概念を完全に覆し、ラグジュアリーカーの世界に新たな地平を切り拓いた。ベンテイガはどんなに過酷な状況下においても、完全なコントロール性能を発揮し、比類なき快適さと洗練を失うことはないのだ。新型の6.0リッター W12 ツインターボTSIエンジンは、最大出力608PS、最大トルク900Nm を発揮し、驚くほどのパワーを提供してくれる。その最高速度は301km/h。この究極のパフォーマンスはオンロードのみならず、いかなるオフロードコンディションでも発揮される、としています。


8位:「ポルシェ 911GTS」

「GTS」の名前が与えられるのは、「カレラGTS」、「カレラ・カブリオレGTS」、「カレラ4 GTS」、「カレラ4カブリオレGTS」、「タルガ4 GTS」の5車種であり、モデル・チェンジ前と同様に、トランスミッションは7速マニュアルとPDKの2種です。「カレラGTS」、「カレラ・カブリオレGTS」の駆動方式がRRであるのに対し、モデル名に ‘4’ が付く、「カレラ4GTS」、「カレラ4カブリオレGTS」、「タルガ4 GTS」は4WDです。エンジンスペックは、3.0ℓフラット6ターボとなり最高出力は450ps、最大トルクは56.0kg-m/2150rpmとなっています。0-97km/hタイムは3.6秒(PDK)で、もっとも軽い911カレラGTSは、最高速度が312km/hに達するポテンシャルです。またカレラGTSの場合、燃費ももっとも優れ、CO2排出量も少ない。具体的には、NEDCサイクルで68.7km/ℓをマーク。CO2排出量は188g/kmと公表されています。


7位:「ジープ・ラングラー・カーン・サハラ」

エンジンは、クライスラーのV型6気筒 3.8L EGHエンジンが搭載される。また、アメリカ国外(主に欧州)では、アメリカ国内の排出ガス基準に適合しない、VMモトーリの直列4気筒 2.8L ターボディーゼルエンジンが搭載される。なお、このエンジンはジープ・リバティにも搭載される。トランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションが標準で、5速オートマチックトランスミッションがオプションで用意される。


6位:「ランボルギーニ・ウラカン」

「ガヤルド」の後継車種として、ランボルギーニのサイトで正式発表されたモデルです。2014年3月より開催されていたジュネーヴショー2014にて正式に発表されました。デザイナーは、フィリッポ・ペリーニ。特徴的なルーフのラインは、日本の折り紙から着想を受けたモデルです。エンジンはV型10気筒NAエンジン、駆動方式は4WDでランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)と呼ばれるDCTをランボルギーニで初めて採用されています。「ANIMA「アニマ」(Adaptive Network Intelligent Management)アダプティブ・インテリジェント・マネージメント」と呼ばれる走行モード統合制御機構を搭載させたモデルでもあります。


5位:「フェラーリ F12ベルリネッタ」

パワートレインとなるフロント・ミッドシップに搭載されたエンジンは、65度V型12気筒、ボア×ストロークφ94×75.2mmで6,262ccとなっており、圧縮比13.5で最大出力545kW(740PS)/8,500rpm、最大トルク690N·m/6,000rpmを発生し、これまでのフェラーリのロードカーのなかでも最もパワフルなモデルです。トランスアクスルとしDCTを搭載し0-100km/hまでの加速は3.1秒、200km/hまでは8.5秒、最高速度は340km/hとなっています。HELEシステムの採用によってCO2排出量を350g/kmに抑えていることもポイントです。ブレーキはカーボンセラミック製となっています。


3位:「ベントレー・コンチネンタルGT」

「コンチネンタルGT」は、2011年モデルとして発表され、2010年11月にクーペのみ発表されました。初代から引き継がれるW12エンジンに加え、「アウディ」との共同開発となる気筒休止機構付4.0L V8エンジンが搭載された、2011年2月、日本市場において発表されました。価格は2415万円で、同年6月から納車開始されました


3位:「メルセデス・ベンツ ONYX G6 GLEクーペ」

「メルセデス・ベンツ」社によれば、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムと走行性能にSUVらしい存在感と利便性を加えたモデル「SUVクーペ」。GLEクーペは、スポーツ性とモダンラグジュアリーに対する美的・官能的要求を併せ持つと同時に、SUVの要素も備え、知性と感情、伝統とモダンを融合させています。たくましい筋肉のようなフェンダー、大きなホイールアーチ、高いベルトライン、余裕ある地上高を備えることで、大型4ドアクーペの概念を新たな水準へと高めました。となっています。


2位:「ランボルギーニ・アヴェンタドール」

「アヴェンタドールS」と「アヴェンタドール」を比較するとエンジンは、「アヴェンタドール」と比べると最高出力が700ps/8,250rpmから740ps/8,400rpmに引き上げられたモデルが「アヴェンタドールS」で最大トルク70.3kgm/5,500rpmは変わらずです。トランスミッションもこれまで通り、「インディペンデント・シフティング・ロッド」と呼ばれる7速シングルクラッチのロボット式変速ユニットが組み合わされています。テールパイプが3本になったエキゾーストは従来より20%ほど軽量化されている。


1位:「レンジローバー・イヴォーク」

ランドローバーブランドのラグジュアリー・コンパクトSUV「レンジローバー・イヴォーク」の2017年モデルのボディラインアップは5ドアとクーペ(3ドア)の2種類で、価格は502万円~832万円です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。