【インフィニティ・プロトタイプ9】レトロなコンセプトモデル発表

この記事は2分で読めます

【インフィニティ・プロトタイプ9】レトロなコンセプトモデル発表

あわせて読みたい記事:【旧車】 鈴鹿 サウンド オブ エンジン 2016 車 まとめ

あわせて読みたい記事:【日産 S20型】スカGとサンマルに搭載レース直系エンジンとは

あわせて読みたい記事:【イーグル スパイダーGT】ジャガーEタイプをハイスペック販売

「日産自動車」の高級車ブランド「インフィニティ」は、レトロスタイルのレーサーコンセプト、「プロトタイプ9」を発表しました。実車のアンヴェールは、ペブルビーチ・コンクルーデレガンスで行う予定とのことです。実は「モーガン」のようなエクステリアデザインであるものの、その中身はエレクトリックビークルなのです。スペックとしては、最高出力:150ps、最大トルク:32.6kg-m、ポテンシャルは、0-100km/h加速:5.5秒、最高速度:168km/hということです。

マシンのノーズ部分は、「インフィニティ」の特徴である彫りの深いグリルで構成されています。搭載するエレクトリックパワートレインは、来月発表される日産リーフの予想スペックと同様の数値になっているのも興味深いことです。

そして、全長:4,330mm、全幅:1,820mm、全高:910mm、車重:890kgというボディサイズは、「インフィニティQ30」よりも、全長が90mm短縮され、全幅が15mm広くなっているようです。ルーフレスのモデルであるため、全高は「インフィニティQ30」の1,495mmよりずっと低いデザインです。ボディ構造は、スティールラダーシャシーにハンドメイドスティールボディパネル
の組み合わせを採用しています。サスペンションシステムには、リーフスプリングとノンパワーのステアリングが採用されています。

1989年設立という比較的新しいブランドの「インフィニティ」が、1940年代にインスパイアされた「プロトタイプ9」を発表したのには違和感があるものの、自分たちの歴史を遡ると、「プリンス自動車工業」にたどり着くためだとしています。これに関連して、今年のペブルビーチには、日本初のプレミアムメーカーとして一時代を築いたブランドから、「プリンスR380」がやって来る見込みのようです。また、コンセプトカーの名前の「9」は、日本語で「Q」と同じ発音になることから、「インフィニティ」のモデルの命名規則に従ったネーミングと考えられています。


「インフィニティ Prototype 9」コンセプト ・スペック

  • クラシックレーシングカーからインスピレーションを受け製作したコンセプトモデル
  • パワートレインに次世代「リーフ」をベースにしたものを搭載
  • 日産自動車追浜工場の職人の手によるアルミボディパネルを採用

スペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 最高出力:150ps
  • 最大トルク:32.6kgm
  • バッテリー容量:30kWh
  • 車重:890kg
  • 0-100km/h加速:5.5秒
  • 最高速度:168km/h
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。