【マセラティ 300S】ファン・マヌエル・ファンジオのマシン

この記事は2分で読めます

【マセラティ 300S】ファン・マヌエル・ファンジオのマシン

あわせて読みたい記事:【世界で最も高価な車:ベスト10】車一台で驚愕価格!名車は高価

あわせて読みたい記事:【スクランブル(OVERDRIVE)】あらすじ・登場車種リスト

あわせて読みたい記事:【これから値上がりしそうな車ベストテン】2017年最新版の公開

F1で5回のワールドチャンピオン獲得、24のグランプリで勝利をあげた「ファン・マヌエル・ファンジオ」氏が実際にレースで乗った「マセラティ300S(1956年製)」がオークションに登場予定とのことです。実に、この「マセラティ300S(1956年製)」は、「ポルトガル・グランプリ」と「ブラジル・グランプリ」の2つで優勝を飾った貴重な個体とのことで注目されています。

搭載されているパワーユニットとなるエンジンは、排気量:3,000cc 直列6気筒 DOHC 3キャブレター仕様となっています。

マシンのシャシーは、スペースフレーム製でボディ自体はアルミ製となっています。この構造は、当時の「フェラーリ250TR」や「ジャガーD-Type」とともにひとつの時代を築いたモデルとされています。

同じマシンをドライブした、無冠の帝王と称された「スターリング・モス」卿も「お気に入りのレーシングカーのひとつ」としており、「もっともバランスに優れる車の1台」とのコメントを残しています。

クラシックカーやレーシングカーにおけるオークションだと「フェラーリ」が圧倒的に高額で落札される傾向にあるものの、今回のように優勝経験のある個体は「フェラーリ」でなくともかなりな額にまで落札金額が上昇することも多いので、今回の「マセラティ300S(1956年製)」も記録的な額で落札されるかもしれません。これはもちろんのこと「ファン・マヌエル・ファンジオ」氏がドライブしていることも関係しています。

「ファン・マヌエル・ファンジオ」氏の経歴を振り返ってみると、1911年生、1995年没の方でアルゼンチンに生まれ、11歳からメカニックとしての経験を積んでレースに参戦しています。

「アルファロメオ」、「マセラティ」、「メルセデス・ベンツ」からレースに参戦し、とくにF1の「ワールドチャンピオン5回」は「ミハエル・シューマッハー」がその記録を破るまで「46年間誰も超えることができなかった」偉業を成し遂げた方です。

引退後は、「パガーニ」の設計に関与し、パガーニ創始者である「オラチオ・パガーニ」氏も同じアルゼンチン出身である「ファン・マヌエル・ファンジオ」氏を強く尊敬したとされており、パガーニ各モデルが「メルセデス・ベンツ」製エンジンを積んでいるのも「ファン・マヌエル・ファンジオ」氏の推薦(とコネクション)によるものとのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。