5億円が入金されたら 銀行が手違いで女子大生の口座に振り込む 

この記事は1分で読めます

5億円もの大金が、突然、自分の銀行口座に入金されていたら、どうするでしょうか?嘘のような本当の出来事がオーストラリアで起きました。オーストラリの銀行が間違えて、クリスティーンの口座に5億円を間違えて振り込んでいたことが事件の始まりです。本来、こうした手違いがあれば申告しなければなりませんが、オーストラリアの21歳のクリスティーンという女子大学生が、大金5億円を使用して逮捕されています。彼女は何を思ったか、使用してしまいました。その使い道は、豪遊、高級ブランド品の購入、高級ホテル暮らしなどで、1年間に3億6,000万円を使用していました。また彼女は、他の銀行口座を複数開設し、毎月54万円ずつ口座に送金しており、合計1億4,000万円を各口座に送金していました。こうしたことに銀行は、ミスに気づき彼女の口座凍結しました。警察に問題の報告が入り、彼女に出頭命令が出されることに。彼女は、残っている大金とともに国外逃亡しようとしましたが、空港で逮捕されることになりました。現在、裁判の公判が行われているようですが、銀行に落ち度があるということで話が進んでいるようで、「銀行のミスの原因」「5億円の金額の真の送金先」「表に出てはならないお金」など、様々な憶測をよぶことになっているようです。こんな大金が振り込まれる間違いなどないに等しいですが、私の場合、「もし」自分の口座に突然5億円の数字が記帳されていたら間違いでも嬉しい勘違いになっていると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。