「Kawasaki・ZEPHYR 400」 空冷2バルブ最終型

この記事は3分で読めます

「Kawasaki・ZEPHYR 400」

今や「名車」として挙げられる「Kawasaki ZEPHYR」は、言わずと知れた「カワサキ」のバイクですよね。

1989年にデビューし、レーサーレプリカ全盛の時代にバイクのカテゴリーに「ネイキッド」というカテゴリーを作り、一大ブームとなりました。

色褪せない魅力のミドルクラスの「Kawasaki ZEPHYR 400」を振り返ってみましょう。

carcast.jp zr

(出典:carcast.jp)


「開発経緯」

カワサキは、「ZEPHYR」を開発するにあたって、このモデル名を使用することへの拘りから、すでに、「ZEPHYR」という商品を持っていたアメリカのフォード社からモデル使用権を交渉して得たという経緯を持っています。

また、当時、燃料タンクには製造メーカーロゴのエンブレムが取り付けられ、サイドカバーにモデル名が書かれているデザインが主流でした。

そのような中、カワサキは、燃料タンクにモデル名の「ZEPHYR」のエンブレム、サイドカバーにメーカーロゴ「Kawasaki」を配したデザインとして、当時としては非常に新鮮なデザインとしました。

さらに当初は、「400cc」モデルのみの計画でスタートし、発売と同時に一大ブームを巻き起こし、大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」ということでしたが、日本国外からの熱望が強く、750ccモデルを1990年、1,100ccモデルを1992年にデビューさせることになり、ロングヒットモデルとなりました。

2008年の排気ガス規制によって、「ZEPHYR 750」「ZEPHYR 1100」は、2007年に販売終了、400ccモデルは、2バルブモデルの「ZEPHYR 400」は、1998年に終了、4バルブモデルの「ZEPHYR 400X」が、2009年3月の「ファイナルエディション」をもって終了となりました。


エクステリア:ミドル「Z」の集大成

www.bikebros.co.jp 89

(出典:www.bikebros.co.jp)

エクステリアデザインは、フルカウルに流線形が特徴の先代モデル「GPz400」から一新され、カウルレスとなりました。

丸形ヘッドライトに「Z400FX」を現代風にアレンジした曲線美が美しい燃料タンクとテールカウルやテールランプにサイドカバーは「Z-II」デザインをシャープしたデザインとしています。

足回りは、前17インチ、後18インチの5本キャストホイールにトリプルディスク、メッキの4into1の集合管マフラーが特徴です。

また先代モデルの「GPz400」は、ユニトラックのリアサスペンションでしたが、ガス封入式のタンク別体式のツインショックにスイングアームとなっています。


「伝統の最後の空冷2バルブ」

搭載されているパワーユニットは、1979年に登場した「Z400FX」からミドルクラスに搭載されている空冷並列4気筒 DOHC 2バルブエンジンを改良した

モデルです。

いわば、「伝統の最後の空冷2バルブ」エンジンとなっており、型式は「ZR400AE」となっています。

このエンジンにキャブレターは、「KEIHIN製 CVK30」を4基装着し、6速ミッションを搭載しています。 

ポテンシャルは、排気量:399cc、圧縮比:9.7:1から最大出力:46ps/11,000rpm、最大トルク:3.1kgm/10,500rpmとなっています。


「Kawasaki ZEPHYR 400」:スペック

moto.webike.net zr

(出典:moto.webike.net)

  • 型式:ZR400C
  • 全長 × 全幅 × 全高:2,100 × 755 × 1,100(mm)
  • ホイールベース:1,440mm
  • シート高:770mm
  • 車両重量:181kg
  • エンジン形式:ZR400AE
  • エンジン:4サイクル 空冷 並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:399cc
  • ボア × ストローク:55.0 × 42.0(mm)
  • 圧縮比:9.7:1
  • 最大出力:46ps / 11,000rpm
  • 最大トルク:3.1kgm / 10,500rpm
  • ミッション:6速リターン
  • サスペンション:
  • F:テレスコピック(インナーチューブ径:39mm)
  • R:スイングアーム
  • ブレーキ:
  • F:ダブルディスク(径:300mm)
  • R:シングルディスク(径:240mm)
  • ホイール(F/R):17 × 2.50 / 18 × 3.50
  • 燃費:38km/h
  • 新車価格:529,000円

年代別モデル:

1989年「C 1型」・1990年「C 2型」モデル

www.bikebros.co.jp 89

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • キャンディアトランティックブルー
  • キャンディカーディナルレッド
  • 変更点:1991年モデル、タンクエンブレム変更。

1991年「C 3型」モデル

www.bikebros.co.jp 91

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • キャンディカーディナルレッド
  • キャンディアトランティックブルー
  • 変更点:
  • メーターが一体型から2眼式タイプに変更
  • ウインカー変更
  • ライトの常時点灯化
  • ハザード廃止

1992年「C 4型」モデル

www.bikebros.co.jp 92

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • パールグリーニッシュブラック
  • ルミナスビンテージレッド
  • 変更点:
  • カラーリング

1993年「C 5型」・1994年「C 6型」モデル

www.bikebros.co.jp 93

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • パールパープリッシュブラックマイカ
  • ルミナスビンテージレッド
  • 変更点:
  • カラーリング
  • バッテリーMF化
  • ハザード装着
  • ブレーキRキャリパー2ポッド化

1995年-1998年「C 7型」モデル

www.bikebros.co.jp 95

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • メタリックソニックブルー
  • ルミナスビンテージレッド
  • パールパープリッシュブラックマイカ
  • 変更点:カラーリング

マンガでも大人気

middle-edge.jp zephyr

(出典:middle-edge.jp)

yahoo.co.jp

(出典:yahoo.co.jp)

マンガ:「特攻の拓」の主人公の愛車として、「湘南純愛組」ではカスタムモデルが登場していました。


有名人の愛車に

wild-styles.com1

(出典:wild-styles.com)

タレントの「後藤真希」さんの愛車は、タイガーカラーのカスタム。


カスタムモデル

www.bikebros.co.jp 921

(出典:www.bikebros.co.jp)

www.jokers-web.com mk2www.jokers-web.com zrwww.jokers-web.com fx

(出典:www.jokers-web.com)

  • カスタムも当時は、「KERKER」「ヨシムラ」「モリワキ」のマフラーに「BEET」のポイントカバーなどが定番でした。
  • 「ララバイ」仕様や「Z-2」仕様も定番カスタムでしたが、「FX」、「Mk.II」などの外装カスタムも人気です。

中古車相場

  • 平均相場:40万円
  • 現在の中古車相場:20万円~110万円
  • 今後、値上がりが予想される「ゼファー」。
  • 今が程度の良いモデルを選ぶ時期かもしれません。

まとめ

ネイキッドブームを巻き起こしたベストセラーモデルの「Kawasaki ZEPHYR 400」は、フルノーマルは「大人の400」という感じですが、パーツも豊富でカスタムも幅広く楽しめるため人気が衰えることはありません。

ネイキッドの立役者「Kawasaki ZEPHYR 400」は、今後、間違いなく値上がりしていくことでしょう。

時代を超えて愛される「名車」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。