「Kawasaki KZ1000S1」 アメリカ限定コンプリート

この記事は2分で読めます

「Kawasaki KZ1000S1」

「カワサキ・Z1000R」といえば、「ローソンレプリカ」として良く知られている市販モデルですが、「KZ1000S1」は、アメリカのみで販売された「コンプリートレーサー」モデルのことです。

関連記事:「Kawasaki・Z1000R」 エディ・ローソン レプリカ

関連記事:【旧車】カワサキ Z1000J:ローソンが勝利させたジェイソン

関連記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

ameblo.jp s1

(出典:ameblo.jp)


「エディ・ローソン」と「カワサキ」

「エディ・ローソン」がカワサキのワークスマシンで走るようになったのは1980年のことです。

1980年は、「Z1000Mk.II」でAMAスーパーバイクレースでシーズン2位となっています。

minkara.carview.co.jp mk21minkara.carview.co.jp mk2

(出典:minkara.carview.co.jp)

1981年は、「Z1000J」をベースマシンとして参戦し、見事にチャンピオンを獲得。

www.bikebros.co.jp jblogs.yahoo.co.jp j

(出典:blogs.yahoo.co.jp)

1982年に、カワサキは、スペシャルモデルのバイクを2台登場させることにします。

  • ○ 「Z1000R」:AMAスーパーバイクレースシリーズチャンピオン獲得を記念して市販されたモデル、つまり「ローソンレプリカ」が販売されました。
  • ○ 「KZ1000S1」:「Z1000R」をベースとしながらスーパーバイクレース必勝マシンとして開発された、市販ワークスレーサーがアメリカのみで販売されました。

www.bikebros.co.jp r1www.bikebros.co.jp s17

(出典:www.bikebros.co.jp)

「Z1000R1」:1982年スペック

  • 全長×全幅×全高:2,240 × 820 × 1240(mm)
  • 車軸:1,525mm
  • 地上高:120mm
  • 車体重量:222kg
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:998cc
  • ボア × ストローク:69.4 × 66.0(mm)
  • 最大出力:102PS / 8,500rpm
  • 最大トルク:9.3kgm / 7,000rpm

「開発経緯」

ameblo.jp ama

(出典:ameblo.jp)

「KZ1000S1」が開発される経緯は、このコンプリートレーサーが参戦することになったスーパーバイクレースが、1976年にAMAのシリーズ戦に昇格することによってアメリカで大人気となり、バイクメーカーが注目したことにあります。

このAMAスーパーバイクレースは、市販モデル同様のエクステリア、改造範囲も制限されたレギュレーションとなっていました。

参戦するためのレギュレーションは、車両生産台数:24台以上であるということが条件で付帯され、この条件を満たしていれば、市販モデルのレーサーベース車両として公認されることになっていたのでした。

そのためAMAスーパーバイクレース参戦レギュレーションを満たすためのモデルだったために生産台数:30台と言われています。


「KZ1000S1」:スペック

www.bikebros.co.jp s13 www.bikebros.co.jp s1 www.bikebros.co.jp s12 www.bikebros.co.jp s14

そして、コンプリートレーサーである「KZ1000S1」は、ベースエンジンの「ツインプラグヘッド化」、「CDI点火システム」、足回りは「前後18インチのダイマグホイール」を装着し、ブレーキも専用ディスクブレーキを標準装備というスペシャルマシンとして市販しました。

www.bikebros.co.jp s15 www.bikebros.co.jp s16

(出典:www.bikebros.co.jp)

さらに、数台を「エディ・ローソン」専用にカワサキがチューニングを施し、1982年のAMAスーパーバイクレースに参戦したのでした。

この参戦によってシリーズ年間チャンピオンを見事達成。

しかも、翌年もチャンピオンを獲得し2連覇を成し遂げたのでした。

この活躍によってカワサキは、レース界で「グリーンモンスター」と呼ばれ、伝説を築いていくことになります。

これらの経緯のために真の「ローソンレプリカ」は、「KZ1000S1」と呼ばれています。


現在の中古車相場

生産台数:30台程度、しかも数台はカワサキのワークスマシンとなったため、超レアなコンプリートレーサーであるために市場に出回ることはないでしょう。

ちなみに「ローソンレプリカ」の中古車相場

  • 「Z1000R1」(生産台数:900台):平均200万円~
  • 「Z1000R2」(生産台数:約7,000台):平均200万円~
  • 「Z1100R」(生産台数:約1,300台):平均200万円~

 

となっています。


まとめ

わずか生産台数:30台のコンプリートレーサー「Kawasaki・KZ1000S1」は、市販モデルの外装を身に纏ったモンスターマシンであり、「カワサキ=グリーン」の図式を定着させたモデルです。

まさに「幻のスーパーバイク」といえる名車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。