「Kawasaki・Z1000R」 エディ・ローソン レプリカ

この記事は3分で読めます

「Kawasaki・Z1000R」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓】「音速の四天王」が乗っている伝説と言われるバイク!

あわせて読みたい記事:【旧車】 バイク:人気ランキング TOP10 70~90年代編

あわせて読みたい記事:【旧車】カワサキ Z1000J:ローソンが勝利させたジェイソン

カワサキワークスカラーのライムグリーンのカラーリングに「KER KER」の集合管マフラー、サイドカバーに「R」の文字…角「Z」の代表モデル、通称「ローソンレプリカ」。

このモデルは、1981年に「AMAスーパーバイク」シリーズにてシリーズチャンピオンとなった「エディ・ローソン」の記念モデルとなります。

チャンピオンマシンとしてベースとなっていたのは、北米仕様の「KZ1000(J1)」でした。

www.bikebros.co.jp j

(出典:www.bikebros.co.jp)

登場は、1982年モデルの「Z1000R1」、1983年の「Z1000R2」であり、北米仕様は「KZ1000R1」「KZ1000R2」と「KZ」の文字が付けられています。

当時、「モンスター」という称号が「カワサキ・1000ccレーサーモデル」に与えられ「グリーン・モンスター」、「モリワキ・モンスター」と呼ばれていました。


「Z1000R1」:1982年

www.bikebros.co.jp r2

 

(出典:www.bikebros.co.jp)

「USカワサキ」の企画によって開発が進行され、「Z1000J2」(北米仕様はKZ1000J2)のチャンピオンマシンと同様のモデルをベースとして製作されました。

変更点:

  • 角型タンク・ビキニカウル:「Z1100GP(B2)」(北米仕様はKZ1100B2)同様に角型タンク
  • 専用カラー:カワサキワークスカラーのライムグリーン
  • ブレーキ:フロントブレーキディスクの大径化
  • サスペンション:専用セッティング
  • エンジンカバー:ブラックカラー化
  • シート:専用段付きシート
  • キャブレター:専用キャブレター
  • マフラー:KERKER社製4in1メガホンマフラー(「Z」「KZ」ともにすべての「R1」が明石工場で装着され輸出されています。)
  • ステッカー:タンク上面に「エディ・ローソン」のサイン入りAMAスーパーバイクチャンピオンシップシリーズチャンピオンのステッカー(北米仕様限定)
  • フレームNo.21:フレームNo.21の「KZ1000R1」は、「エディ・ローソン」に贈られています。

「Z1000R1」:1982年スペック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(出典:blog.kcg.ne.jp)

「Z1000R1」:1982年スペック

  • 全長×全幅×全高:2,240 × 820 × 1240(mm)
  • 車軸:1,525mm
  • 地上高:120mm
  • 車体重量:222kg
  • エンジン形式:空冷4サイクル並列4気筒 DOHC 2バルブ
  • 排気量:998cc
  • ボア × ストローク:69.4 × 66.0(mm)
  • 最大出力:102PS / 8,500rpm
  • 最大トルク:9.3kgm / 7,000rpm

「Z1000R2」:1983年

www.bikebros.co.jp r1

 

(出典:www.bikebros.co.jp)

「エディ・ローソン」が1982年度もAMAシリーズチャンピオンとなり、「KZ1000J3」をベースに1983年に登場。北米仕様だけでなくヨーロッパ仕様もあり、ヨーロッパ仕様は、マフラーが4in2マフラーで純正二本出しマフラーとなっています。ちなみに「Z1000R2」は、「エディ・ローソン」が1983年に「ヤマハ」に移籍したために「ローソンレプリカ」ではなく「スーパーバイクレプリカ」となります。

www.bikebros.co.jp r2.w

(出典:www.bikebros.co.jp)

  • 「Z1000R1」との変更点:タンクストライプやサイドカバーグラフィックカラーが上下逆となる。メーターASSY変更。北米仕様の「KZ1000R2」のステッカーに「エディ・ローソン」の名は入らず「SUPERBIKE CHAMPION」のみのステッカーとなる。カラーリングも「ライムグリーン」「ホワイト」の2タイプ。カムシャフト変更。キャブレター変更。最大出力:104 / 8,500rpm、最大トルク:9.1kgm / 7,000rpm。

「Z1100R」:1984年

www.bikebros.co.jp 1100r

(出典:www.bikebros.co.jp)

1983年からAMAスーパーバイクでは排気量上限が750ccとなりました。「エディ・ローソン」が「ヤマハ」に移籍したのち、「カワサキ」では「ウェイン・レイニー」が「GPz750」でAMAスーパーバイクに参戦。その結果、「カワサキ」は3年連続のシリーズ制覇を達成することなりました。実質的に「Z1000J」ベースのレーサーは82年まででしたが、1984年には、フロントホイールが18インチホイール、そしてCVキャブ仕様に変更した「GPz1100(1,089cc)」のエンジンを搭載した「Z1100R」が登場しました。スペックは、最大出力:114PS / 8,500rpm、最大トルク:10.2kgm / 7,000rpm、車体重量:237kgとなっています。

www.motorcyclespecs.co.za z1100r

(出典:www.motorcyclespecs.co.za)


「カスタムモデル」

www.bikebros.co.jp r10

(出典:www.bikebros.co.jp)

www.bulldock.jp r1

(出典:www.bulldock.jp)

www.bulldock.jp 1100r

(出典:www.bulldock.jp)

www.aiyamaseisakuujyo.com 1100r

(出典:www.aiyamaseisakuujyo.com)


「現在の中古車相場」

  • 「Z1000R1」(生産台数:900台):平均200万円~
  • 「Z1000R2」(生産台数:約7,000台):平均200万円~
  • 「Z1100R」(生産台数:約1,300台):平均200万円~

まとめ

角型「Z」シリーズの最高峰ともいうべき「Z1000R(ローソンレプリカ)」シリーズは、AMAスーパーバイクチャンピオンマシンのレプリカ「R1」と、それをリスペクトする形で「R2」、「Z1100R」と続きました。このカワサキの名車は、今や超プレミアが付く希少なモデルとしてさらに人気となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。