トヨタの名器「4AG型」エンジン搭載モデル:1980年代 まとめ

この記事は3分で読めます

トヨタの名器「4AG型」エンジン搭載モデル:1980年代

トヨタエンジンの名器といえば「4A-G」が最も有名かもしれません。それも「AE86」による活躍が大きいでしょう。ドリキンこと「土屋圭一」さんや漫画「イニシャルD」による影響が現在の「AE86」に繋がっていますね。でも、名機「4A-G」は、「AE86」だけに搭載されていたエンジンではありませんでした。どのモデルに搭載されていたのか、まとめてみました。

 

「TOYOTA(トヨタ)」4A-G搭載モデル


「AE86レビン / トレノ」

car.watch.impress.co.jp inid

(出典:car.watch.impress.co.jp)

まずは、なんといっても外すことが出来ない名車となった「AE86・レビン / トレノ」です。一世を風靡したマンガ「イニシャルD」の影響もあって今や「伝説」の車になりつつあります。

  • デビュー:1983年
  • 「1600 GTV」スペック
  • 型式:E-AE86
  • 全長×全幅×全高:4,200 × 1,625 × 1335
  • ホイールベース:2400
  • 車両重量:940kg
  • エンジン形式:4A-GEU

www.sougo-bp.jp ae86

(出典:www.sougo-bp.jp)

硬派なスポーツモデルの初期型「GTV」はリミッターがなく、レッドゾーンまで「0.98秒」というレスポンスの良さ。しかも、パワステ設定なしでした。ノーマルでもリミッターなしでメーター振り切りの200km/hオーバーだったと思います。

(出典:youtube.com)


「AE86」の人気ゆえに陰に隠れている「レビ / トレ」の後輩。


「AE92・レビン / トレノ」

minkara.carview.co.jp ae92

(出典:86fighters.wordpress.com)

  • デビュー:1987年
  • 「1600 GT」スペック
  • 型式:E-AE92
  • 全長×全幅×全高:4,245 × 1,665 × 1300
  • ホイールベース:2430
  • 車両重量:1,000kg
  • エンジン形式:4A-GE
  • スーパーチャージャー搭載モデルも搭載しましたが、駆動方式がFF(前輪駆動)となってしまいました。「AE86」に「AE92」のエンジンスワップが流行りました。「AE92」は、デザインは良かったのでデートカーとしても人気でした。今、見ないなぁ・・・。

「AE86」よりも軽量モデルなホットハッチとして活躍


「カローラFX」

www.cultrides.com fx

(出典:www.cultrides.com)

  • デビュー:1984年
  • 「1600 FX・GT」スペック
  • 型式:E-AE82
  • 全長×全幅×全高:3,970 × 1,635 × 1385
  • ホイールベース:2430
  • 車両重量:930kg
  • エンジン形式:4A-GELU
  • 「AE86」よりも軽量で「4AG」搭載ということもあり、FFモデルながら軽快なハンドリングで人気でした。

国産初の1600のMR車は、和製ミニ「フェラーリ」


「MR-2」

www.workwheelsusa.com mr2

(出典:www.workwheelsusa.com)

  • デビュー:1984年
  • 「1600 G LIMITED 」スペック
  • 型式:E-AW11
  • 全長 × 全幅 × 全高:3,925 × 1,665 × 1,250
  • ホイールベース:2,320
  • 車両重量:950kg
  • エンジン形式:4A-GELU
  • エンジンは、「AE86」と同じ、「4AG」をMRに横置き搭載していました。のちに「4AGZ」のスーパーチャージャーを搭載しました。コンパクトであるゆえに乗り手を選ぶマシンでした。

「レビン/トレノの兄貴分のセリカも4AG搭載しました」


「セリカGT-R(AA63型)」

usedcarnews.jp aa63

(出典:usedcarnews.jp)

  • デビュー:1983年
  • 「1600 GT-R」スペック
  • 型式:E-AA63
  • 全長×全幅×全高:4,450 × 1,665 × 1320
  • ホイールベース:2,500
  • 車両重量:1,165kg
  • エンジン形式:4A-GEL
  • このモデルは、リアテールが吊り上がったデザインで2ドアクーペと「XX」の弟分のようなデザインのハッチバックモデル。
  • 足回りは四輪独立サスペンション。

「AT160・セリカ GT」

www.nostalgiccar.com at160

(出典:www.nostalgiccar.com)

  • デビュー:1985年
  • 「1600 TWINCAN16 GT」スペック
  • 型式:E-AT160
  • 全長×全幅×全高:4,365 × 1,690 × 1,295
  • ホイールベース:2,525
  • 車両重量:1,080kg
  • エンジン形式:4A-GELU
  • セリカもFF(前輪駆動)化してしまう。

「セリカも3兄弟と呼ばれたモデルたちにも4AG」


「AT141・コロナGT」

minkara.carview.co.jp at141

(出典:minkara.carview.co.jp)

  • デビュー:1985年
  • 「1600 GT」スペック
  • 型式:E-AT141
  • 全長×全幅×全高:4,365 × 1,690 × 1,295
  • ホイールベース:2,525
  • 車両重量:1,080kg
  • エンジン形式:4A-GEU

セリカの兄弟コロナもFFモデルとなり4AGを搭載

「AT160・コロナGT-R」

minkara.carview.co.jp at160

(出典:minkara.carview.co.jp)

  • デビュー:1985年
  • 「1600 GT」スペック
  • 型式:E-AT160
  • 全長×全幅×全高:4,415 × 1,690 × 1,295
  • ホイールベース:2,525
  • 車両重量:1,060kg
  • エンジン形式:4A-GEU

クーペ / セダンに搭載していた「カリーナ」


「AA63・カリーナGT-R」

ms-musashino.co.jp aa63

(出典:ms-musashino.co.jp)

  • デビュー:1983年
  • 「1600GT-R」スペック(セダン)
  • 型式:E-AA63
  • 全長×全幅×全高:4,325 × 1,665 × 1,390
  • ホイールベース:2,500
  • 車両重量:995kg
  • エンジン形式:4A-GEU

FFモデルとなった「カリーナ」

「AT160・カリーナGT」

www.geocities.co.jp at160

(出典:www.geocities.co.jp)

  • デビュー:1985年
  • 「1600GT / 1600GT-R」スペック
  • 型式:E-AT160
  • 全長×全幅×全高:4,350 × 1,670 × 1,365
  • ホイールベース:2,515
  • 車両重量:950kg
  • エンジン形式:4A-GELU

80年代最終モデルのカリーナ

「AT171・カリーナ G・LIMITED」

wikipedia

(出典:wikipedia)

  • デビュー:1988年
  • 「AT171・カリーナ G・LIMITED」スペック
  • 型式:E-AT160
  • 全長×全幅×全高:4,350 × 1,670 × 1,365
  • ホイールベース:2,515
  • 車両重量:950kg
  • エンジン形式:4A-GELU

まとめ

トヨタの名機「4AG型」エンジンは、「AE86」だけでなくスポーツモデルから80年代後半はファミリーカーに至るまで幅広く搭載されていました。これだけ搭載されていることを考えるとチューニングベースとして使用し熟成させていく勉強も十分にできるエンジンですね。そのカスタムの手法は、今や無限大までに広がっている、まさに「名機」と呼べるエンジンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。