小林麻央 入院の原因明らかに 市川海老蔵の記者会見

この記事は1分で読めます

小林麻央 入院の原因明らかに 

 

歌舞伎俳優市川海老蔵(38)が9日、都内で緊急会見を開き、妻で、フリーアナウンサーの小林麻央(33)の病状や症状を明らかにしました。

会見場には、ムービーカメラ約30台、スチールカメラ40台、報道陣が総勢約200人駆けつけた。

そのような中、紺色のスーツ姿で登壇した海老蔵は「本日新聞で妻の麻央が病気という記事が出まして、家族としては認識していたことですけど、公になったことでご理解ご協力必要と思い、お集まりいただきました」と話しました。

そして病状について語ってくださいました。

「単刀直入にいうと乳がんですね。1年8カ月ほど前にわかりました。人間ドックを受け、何回か診断を受けた。かなりのスピードで進行していると言われた。抗がん剤治療をしている」と語り、妻の麻央が進行性の乳がんであることを認められました。

talent.yahoo.co.jp k

(出典:talent.yahoo.co.jp)

さらに、症状については「ステージについては、すべて聞いてはいますが…。深刻だということをご理解いただければ。深刻なので、これだけ時間がかかっているということ」と明かしました。
また「誰よりも本人が一番つらいと思う。元気になりたいという気持ちと、小さい子どものそばにいられないという気持ち。私には計り知れないつらさと戦っていると思う」と妻の「麻央」さんを思いやり、支えていく決心を明らかにされました。

今後の容態、そして小さな子供さんがいることを思うと、闘病に打ち勝って克服してほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。