【2017年の世界販売台数トップ20】日本車が多数ランクイン!

この記事は3分で読めます

【2017年の世界販売台数トップ20】日本車が多数ランクイン!

あわせて読みたい記事:【東京オートサロン2018】BHオークション落札結果ランキング

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【フォード マスタング】映画ブリット劇中車が北米オートショーに

2017年を振り返ると各メーカーから「ホンダ・シビック」、「トヨタ・ハイラックス」、「トヨタ・カムリ」などの名車のモデル名が復活し車好きにとって喜ばしい年となったのではないでしょうか。しかし、販売においてはどうだったのだろうか。ビジネス誌の「フォーブス」誌によると2017年の世界販売台数トップ20」が明らかになりました。

これは、アメリカにおいてのことなのですが、興味深いランキングです。実際、アメリカ人に好きなタイプの車は何かと尋ねてみれば、大半が「SUV」や「クロスオーバー」と言うことでしょう。そして、それは世界のどの国でも同じになりつつあるようです。より低燃費のエンジン、より高い柔軟性を備えるようになったユーティリティービークル(多目的車)は世界的に、ファミリーカーとしての人気が急上昇しているのです。自動車業界を専門とするイギリスのコンサルタント、「LMCオートモーティブ」によると、SUVの販売台数は2017年、世界全体で前年比12%増加しており、同3%増となった業界全体の伸び率を大幅に上回ったということです。ただ、乗用車の販売台数は同2%減となっており、この傾向は昨年より以前から続いているようです。2013年以降、販売台数はSUVが87%増えたものの、乗用車は8%減少したということも明らかになっています。データから市場が変化していることは明らかですが、少なくとも現時点では、世界全体で見れば依然として、小型車と「経済的」なセダンの販売台数がSUVを上回っているようです。

ちなみに2017年の世界販売台数トップ20」によれば世界で最も人気のある車は、トヨタの「カローラ」です。1966年以降、世界全体で4300万台以上を販売してきました。「カローラ」の生産工場は、アメリカのミシシッピ州とカナダを含め、世界各地の16か所にあります。「LMCオートモーティブ」のデータによると、2017年の「カローラ」の販売台数は世界全体で、116万495台に上ったということです。年間販売台数で2位のホンダ「シビック」(83万3017台)、3位のフォルクスワーゲン「ゴルフ」(78万8044台)に大差を付けているのです。一方、注目に値するのは、トヨタのSUVモデルの「RAV4」の販売台数(78万6580台)が、3位の「ゴルフ」に近づいていることです。また、いずれもSUVモデルのホンダ「CR-V」とフォード「エスケープ」も、トップ10に入っています。北米で特に人気のフォード「Fシリーズ ピックアップ」も上位に入っています。「LMCオートモーティブ」の幹部によれば、「今も世界全体で見れば、数多くの市場で高い人気を得ている小型車の販売台数が最も多い。だが、SUVの販売台数は世界的に増加傾向にあり、その人気は今後、さらに高まると見込まれている。2013年には、世界全体での販売台数のトップ20に入るSUVは4車種だった。だが、2017年には7車種に増えた。今後も増えていくだろう」とコメントしています。2017年の世界販売台数トップ20」は下記の通りです。


「2017年の世界販売台数トップ20」

昨年の世界全体での販売台数が最も多かった上位20車種は、以下のとおりとなっています。

1. トヨタ カローラ:116万495台
2. ホンダ シビック:83万3017台
3. フォルクスワーゲン ゴルフ:78万8044台
4. トヨタ RAV4:78万6580台
5. ホンダ CR-V:75万3359台
6. フォード Fシリーズ ライトデューティー:73万596台
7. フォード フォーカス:65万6071台
8. フォード エスケープ:63万2529台
9. フォルクスワーゲン ポロ:61万4827台
10. トヨタ カムリ:56万9760台
11. 五菱 宏光(ウーリン ホングァン):53万4251台
12. 日産 キャシュカイ:52万6970台
13. ホンダ アコード:52万4914台
14. トヨタ ヤリス ハッチバック:51万8736台
15. フォルクスワーゲン ラヴィーダ:51万4589台
16. ヒュンダイ ツーソン:48万4322台
17. フォルクスワーゲン ティグアン:47万158台
18. シボレー シルバラード:46万5319台
19. トヨタ ハイラックス:45万9984台
20. 哈弗(ハバル) H6:44万8188台

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。