【ポルシェ935 JLP-2】2億円以上のスペックとレース経歴

この記事は3分で読めます

【ポルシェ935 JLP-2】2億円以上のスペックとレース経歴

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935EV仕様】Bisimoto935モビーXで登場

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・カレラGT-R】生産1台のモデルが販売そのスペックと価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

世界を席巻した伝説のレーシングマシンとされる「ポルシェ・935」シリーズ。そのレーシングマシンの一台となる1980年のル・マン24時間レースにおいて、「クラス2位、総合9位」という輝かしい成績でフィニッシュした「ポルシェ935 JLP-2」。その本物マシンが、「RMサザビーズ」のプライベートセールに登場しています。


「ポルシェ・935シリーズ」

あわせて読みたい記事:【スカイライン スーパーシルエット】サーキットの軌跡・スペック

それまでに「ポルシェ」が開発投入してきた多くのマシンが常勝マシンだったように、1976年に登場したシルエットフォーミュラ=グループ5仕様の「ポルシェ・935」も圧倒的な速さと強さでシリーズを席巻することになりました。具体的に見ていくと911シリーズに追加設定された「ポルシェ・930ターボ」をベースに、グループ5にコンバートしたのが「ポルシェ・935」でした。1977年には「935/77」、78年には「935/78」とアップデートされ、その度にライバルを突き放すパフォーマンスを身に着けていきました。結果的には、「ポルシェ・935」のレース戦績を振り返ると1984年までにル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、シルバーストーン6時間レースを含む150以上のレースで勝利を収めたとされています。また1977年と1979年の3年間ドイツのDRMで不敗であり、IMSA GTXのクラス優勝、ニュルブルクリンク1000kmでの勝利も獲得しているのです。さらに1976年から1979年までFIAワールドチャンピオンシップの優勝を「ポルシェ」にもたらしました。衝撃的なレースとされているのは、1979年のル・マン24時間レースでワークスの「ポルシェ・936」が全車リタイアしたものの、「ポルシェ・935K3」が全てのプロトタイプカーに打ち勝ち優勝、そして2位もロルフ・シュトメレン/ポール・ニューマン/ディック・バブアーのドライビングしたファクトリースペックの「ポルシェ・935/77A」、3位も「ポルシェ・935/77A」というとてつもない強さを見せつけたのでした。

その価格は210万ドル(約2億9000万円)。そして、「ポルシェ935 JLP-2」のベースマシンは「ポルシェ911カレラRSR」ということです。「ポルシェ935 JLP-2」のデビユーイヤーは1976年(グループ5)。ドライバーは、ブライアン・レッドマン、ジョン・ポール/ジョン・ポール・ジュニアといった著名ドライバーが搭乗した経歴を持っている、と紹介されています。シャシーナンバーは00900043、1994年から1995年にかけてレストアが行われており、見るからに程度は上々のマシン。「ポルシェ・935」には相当数の(出場するレースごとに)バリエーションが存在しますが、いずれも「ローノーズ」が特徴。


「ポルシェ935 JLP-2のインテリア」

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ポルシェ935K3モビーディックのスペック

「ポルシェ935 JLP-2」のインテリアについてですが、しっかりと補強とロールケージが組まれます。ステアリングホイールはディープコーンタイプ。シフトレバーは新たに設置されたフレームに組まれます。


「ポルシェ935 JLP-2のエンジン」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935カーボンボディ】軽量・ハイパワーの限定モデル

今回の「ポルシェ935 JLP-2」のエンジンは、ファンのケーシングには薄い(光が透けて見えるほどの)グラスファイバーが用いられ、やはり軽量化に力を入れているということがわかります(ポルシェはレース用車両につき、ボルト一本に至るまで軽量化したという)。


「ポルシェ935 JLP-2の概要リスト」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

  • 有名なJLPレーシングポルシェ935sの2番目
  • 1980年のルマン24時間レースで発表
  • 1980年のルマン24時間レースで総合9位(クラス2位)
  • 1982年のセブリング12時間レースで総合3位
  • 1983年の総合4位を含む4つのデイトナ24時間レースが始まります
  • 1980年から85年までの40以上のレースの信じられないほどの競争のキャリア
  • ANDIALによって1994年から1995年に復元されました。クラシックな耐久レースのためにフランスのCrubiléSportによって2015年に再び復元されました
  • エンジンの再構築と2019年にCrubiléSportによって実行されたルマンボディワークに戻る
  • ルマンクラシック&クラシック耐久レース2016&2018参加者
  • 世界中の歴史的なレースに適格な非常に重要な935
  • 最高出力:740ps

「ポルシェ935 JLP-2のまとめ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ポルシェ911GT3RS

今回、販売されている「ポルシェ935 JLP-2」。モータースポーツ史上史に残る伝説のレーシングマシンとして価値は、2億オーバー。実際のレースにおける経歴も十分なもので、しかも、レストア済みの程度良好のコンディション。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。