【ポルシェ・935カーボンボディ】軽量・ハイパワーの限定モデル

この記事は3分で読めます

【ポルシェ・935カーボンボディ】軽量・ハイパワーの限定モデル

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】 ブラックバードのモデルの人物の過去と現在

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2019年ベストバージョン

現代に伝説の車「ポルシェ・935」のオマージュモデルが蘇る。その確たる証拠として「ポルシェ」社が自身のFacebookページに「ポルシェ935クラブスポーツのカーボンボディ」の画像を投稿しているということです。「ポルシェ」によれば、「ちょっと前に過去のレーシングカーのデザインを反映した935クラブスポーツを公開したが、未塗装のボディはどんな風になっているか見たことがあるかい?」。とコメントしています。これは「全身カーボン」の「ポルシェ・935クラブスポーツ」は塗装前の状態だということになります。「ポルシェ・935クラブスポーツ」は、「ポルシェ」社の70周年記念モデルの一環として77台限定、70万ユーロにて発売されたクルマということです。


「ポルシェ・935」:軌跡

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

具体的に見ていくと911シリーズに追加設定された「ポルシェ・930ターボ」をベースに、グループ5にコンバートしたのが「ポルシェ・935」でした。1977年には「935/77」、78年には「935/78」とアップデートされ、その度にライバルを突き放すパフォーマンスを身に着けていきました。結果的には、「ポルシェ・935」のレース戦績を振り返ると1984年までにル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、シルバーストーン6時間レースを含む150以上のレースで勝利を収めたとされています。また1977年と1979年の3年間ドイツのDRMで不敗であり、IMSA GTXのクラス優勝、ニュルブルクリンク1000kmでの勝利も獲得しているのです。さらに1976年から1979年までFIAワールドチャンピオンシップの優勝を「ポルシェ」にもたらしました。衝撃的なレースとされているのは、1979年のル・マン24時間レースでワークスの「ポルシェ・936」が全車リタイアしたものの、「ポルシェ・935K3」が全てのプロトタイプカーに打ち勝ち優勝、そして2位もロルフ・シュトメレン/ポール・ニューマン/ディック・バブアーのドライビングしたファクトリースペックの「ポルシェ・935/77A」、3位も「ポルシェ・935/77A」というとてつもない強さを見せつけたのでした。


「ポルシェ・935 / 78」:スペック

製造年: 1978 年
クラス: グループ 5
エンジン: 6 気筒水平対向ツインターボエンジン
排気量: 3211cc
最高出力: 845PS( 621kW )
車両重量: 1025kg
最高速度: 366km/h
主な功績: シルバーストーン 6 時間レース優勝、ル・マン総合 8 位
ドライバー: ロルフ・シュトメレン、マンフレッド・シュルティ


「ベースモデルはGT2RS」

ベースモデルとなっているのは、「ポルシェ・911GT2 RS」で、その(スチールとアルミで構成された)外装をカーボンファイバーに置き換え、各部を軽量化したものとなっています。

その結果、車体重量は1,380kgをマークし、ベースモデルの「ポルシェ・911GT2RS」の「1,470kg」から大きく軽量化されているモデルということになります。

しかしながら、公道走行は不可となっています。しかも、FIAの規定にも合致していないので公式レースにも出場できないということです。それでも、このクルマは、近年発売された「ポルシェ」社の中では「これ以上はない」と思えるほどの希少価値を持つモデルでもあります。

しかも、過去のアイコン的モデルの要素が取り入れられているのも特徴で、たとえばテールパイプは「ポルシェ・908」にインスパイアされデザイン、そしてドアミラーは「ポルシェ・911」のレーシングカーである「911RSR」仕様となっています。


「パワーユニット」

パワーユニットとなるエンジンは、3.8リッター・フラットシックスで、「ポルシェ・GT2RS」同様にツインターボで加給されており、最高出力:700馬力を発生する仕様となっています。トランスミッションは7速PDKのみの設定で、エレクトロニック・スタビリティコントロールがアップグレードされ、データロガーも追加されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。