【ポルシェ・935クラブスポーツ】70周年記念モデル・スペック

この記事は3分で読めます

【ポルシェ・935クラブスポーツ】70周年記念モデル・スペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【RMオークション】最古のポルシェ・タイプ64のスペック・価格

あわせて読みたい記事:【BMW2002グルッペ5モータースポーツ】 レストモッド仕様

「ポルシェ」は、2019年5月16日、「ポルシェ」の70周年を記念するクラブスポーツレーシングカーで、世界限定77台を生産する新型モデルとなる「ポルシェ・935(Porsche 935)」に、7種類の特別カラーを設定すると発表しました。


「1970年代のモータースポーツで活躍を収めたポルシェ935へのオマージュ」

新型モデルの「ポルシェ935」は、1970年代のモータースポーツ(グループ5をはじめとして連勝を記録)で活躍を収めたポルシェ935へのオマージュとして企画された。ポルシェは当時の『911』をベースに、最大出力600psを発揮するポルシェ935を開発。1976年の世界メーカー選手権(現在の世界耐久選手権に相当)で、ポルシェにタイトルをもたらした。ポルシェ935は、その後1981年まで、グループ5のレースにおいて、圧倒的な存在感を見せつけることになる。ポルシェ935は1978年、『935/78』に進化した。ロング&ワイドのテールが特徴の935/78は、延長されたボディから「モビー・ディック」と称され、シャシー性能とエアロダイナミクス性能を前シーズンからさらに強化した。排気量3211ccの水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力845psを発生。1978年のルマン24時間耐久レースでは、366km/hの最高速を記録した。ポルシェ935/78は現在でも、最強の911として君臨している。ポルシェの70周年を記念して77台を限定生産するのは、この1978年のポルシェ935/78がモチーフ。現行911シリーズの最強モデル、新型『911 GT2 RS』をベースに、当時のレーシングカーを連想させるボディを新たにデザインした。新型ポルシェ935は、特定のレースへの参戦を目的にしていない。そのため、1978年の935/78をモチーフにしながらも、当時のレーシングカーのようにレギュレーションに従う必要はなく、自由に開発は行われたという。


「3.8リットルツインターボはポルシェの市販車史上最強の700ps」

パワートレインは、新型911 GT2 RSと基本的に共通だ。直噴3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンをベースに、可変タービンジオメトリー(VTG)を備えた大型ターボチャージャー、新設計の吸気システムなどを採用。この結果、ポルシェの市販車としては、史上最強の最大出力700ps/7000rpm、最大トルク76.5kgm/2500~4500rpmを獲得する。トランスミッションは、専用ギアレシオの7速PDK。駆動方式はRR(2WD)。0~100km/h加速2.8秒、最高速340km/hというポルシェ史上、最速のパフォーマンスを備えている。ボディの大部分は、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製。幅1909mm、奥行き400mmの巨大なリアウイングをはじめ、エアロダイナミクス性能を追求する。フロントフェアリングのホイールアーチの通気孔は、レーシングカーの『911 GT3 R』の技術を導入したもの。フロントアクスルのダウンフォースを増加させる。ボディサイズは、全長4865mm、全幅2034mm(ドアミラー含む)、全高1359mm、ホイールベース2457mm。車両重量は1380kg。シングルシーターのコックピットは、レーシングカーそのもの。カーボンファイバー製ステアリングホイールとカラーディスプレイは、2019年モデルの911 GT3 Rと同じ装備。レーシングバケットシートや6点式ハーネス、ロールケージが組み込まれる。オプションで、助手席が装備可能。


「ポルシェのモータースポーツの栄光を反映した7種類のカラーリング」

ポルシェは、この新型ポルシェ935に、7種類の特別カラーを設定する。これらのカラーリングには、過去のモータースポーツにおいて、ポルシェが刻んだ栄光の歴史も反映されている。7種類のカラーリングは、「GULF」(ガルフ)、「MOMO」(モモ)、「SACHS」(ザックス)、「VAILLANT」(ヴァイラント)、「SALZBURG」(ザルツブルク)、「INTERSCOPE」(インタースコープ)、「John Player Special (JPS)」(ジョンプレーヤースペシャル)。中でも、ザルツブルクは、1970年のルマン24時間耐久レースにおいて、ポルシェに初の総合勝利をもたらしたポルシェ・ザルツブルクチームのポルシェ『917』をモチーフにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。