【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

この記事は3分で読めます

【ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ公道仕様】スペック・価格

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

名車の「ポルシェ・935」といえば「(リアが長く、巨大なリアウイングを持つため)モビーディック」の愛称で親しまれるレーシングカーとしてファンを魅了してきたモデルです。そして、その人気から最近そのままの名称「935」として「ポルシェ」社がリバイバルを決めたことで話題となりました。実際に人気の秘密はポテンシャルとともに圧倒的なモータースポーツでの活躍でしょう。


「ポルシェ・935とは」

1970年代において、それまでに「ポルシェ」が開発投入してきた多くのマシンが常勝マシンだったように、1976年に登場したシルエットフォーミュラ=グループ5仕様の「ポルシェ・935」も圧倒的な速さと強さでシリーズを席巻することになりました。具体的に見ていくと911シリーズに追加設定された「ポルシェ・930ターボ」をベースに、グループ5にコンバートしたのが「ポルシェ・935」でした。1977年には「935/77」、78年には「935/78」とアップデートされ、その度にライバルを突き放すパフォーマンスを身に着けていきました。結果的には、「ポルシェ・935」のレース戦績を振り返ると1984年までにル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、シルバーストーン6時間レースを含む150以上のレースで勝利を収めたとされています。また1977年と1979年の3年間ドイツのDRMで不敗であり、IMSA GTXのクラス優勝、ニュルブルクリンク1000kmでの勝利も獲得しているのです。さらに1976年から1979年までFIAワールドチャンピオンシップの優勝を「ポルシェ」にもたらしました。衝撃的なレースとされているのは、1979年のル・マン24時間レースでワークスの「ポルシェ・936」が全車リタイアしたものの、「ポルシェ・935K3」が全てのプロトタイプカーに打ち勝ち優勝、そして2位もロルフ・シュトメレン/ポール・ニューマン/ディック・バブアーのドライビングしたファクトリースペックの「ポルシェ・935/77A」、3位も「ポルシェ・935/77A」というとてつもない強さを見せつけたのでした。


「ポルシェ・935 ウォルター・ウルフ仕様」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 DPⅢ】DPモータースポーツGr5カスタム

そして、現代になると「新型」モデルとして「935」は、「ポルシェ・911GT2RS」をベースとしてサーキット走行専用車両として復活したのでした。しかし、今回紹介するのは新型モデルの「935」ではなく初代モデルの「ポルシェ・935」です。しかも、レーシングカーを公道仕様へとコンバートした世界で唯一の個体です。

この公道仕様の「ポルシェ・935」は、「ポルシェ」社のレーシングカーを走らせて数多くの実績を残した「クレーマー(Kremer)」社が製作したもので、これをオーダーしたのはかの「ウォルター・ウルフ」氏なのです。そしてベースに用いられた「ポルシェ・935」は1979年にル・マン24時間耐久レースにおいて実際に走行した個体である、とのことです。

「ウォルター・ウルフ」氏というとカナダの石油王そしてF1チームのオーナーとして知られ、さらに「ランボルギーニ・カウンタック」を「ランボルギーニ」社に依頼してカスタムさせ、それを反映させた仕様の「カウンタック」がのちに「LP400S」として発売されたこともで有名です。

そして、ボディパネルはすべてケブラー製で製作されており、カラーはおなじみ濃紺とレッドです。ドアミラーもエアロ形状となり、フロントウインドウ前にはキルスイッチも装備しています。


「パワーユニット:最高出力740PS」

この「ポルシェ・935」のスペックとしてパワーユニットは、2.85リッター・ツインターボ、そして出力は「740馬力(新型935よりも40馬力高い)」、駆動輪は後輪のみ、そしてトランスミッションは「4速マニュアル(ギア比はル・マンの優勝車と同じ)」、燃料タンクもレース用が搭載されているという、レーシングマシンそのものの仕様となっています。


「インテリア:スパルタン仕様」

インテリアは、レーシングマシン同様にスパルタンな仕様となっています。また、この個体について「ウォルター・ウルフ」氏が「エアコンをつけてくれ」と「クレーマー」社に要望を出したところ、「クレーマー」社がこれを拒否したという話もあります。これは技術的な観点からではないとされ、「ウォルター・ウルフ」氏は「クレーマー」社から「夏には薄着(ポロシャツ)で運転すればいいだけだ」という回答を受けた、とされています。メーターパネルにも「ウォルター・ウルフ」のロゴ入りです。エアコンはなくとも、オーディオシステムは追加されているようです。


「販売価格」

販売価格は、1980年に販売された時の価格は約1億円ですが、今回売りに出されている価格は約2億円となっています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。