【ポルシェ・919ハイブリッドEVO】 ニュルで最速タイム更新

この記事は2分で読めます

【ポルシェ・919ハイブリッドEVO】 ニュルで最速タイム更新

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速マシンと伝説のマシンの共演が実現する

あわせて読みたい記事:【0-100km/h最速 ランキング】FRで加速最速ベスト10

かねてからニュルブルクリンク最速との噂が流れていた「ポルシェ919ハイブリッドEVO」が、実際にニュルブルクリンクにて「5:19.55」という異常なタイムを記録し、「ポルシェ」社自身が持っていたコースレコードを更新した、と発表しました。なお、これまで「ポルシェ」が保持していた記録とは1983年にニュルブルクリンク1000kmレース開催中に「ポルシェ956」にて記録した「6:11.13」でした。先日ニュルブルクリンクにおいて「ポルシェ」は「ポルシェ919ハイブリッドEVOとポルシェ956との顔あわせ」を実現させているものの、その際には「デモ走行」にとどまっており、記録には未挑戦だったのは記憶に新しいところです。しかしながら今回はかつての自身の記録を51秒も短縮したことになり、この数字にはただただ驚かされるばかりといえるでしょう。なお「ポルシェ・919ハイブリッドEVO」は「919ハイブリッド」をベースとするものの、ル・マン24時間耐久レースを撤退した今、もはやレースに出ることはないので「レギュレーションを無視した」改造を施したレーシングカーということになります。よって規定によって抑えられていたポテンシャルを解放した状態にあると言えます。なお、主な変更の内容としては「ダウンフォース53%増加」そして「39キロの軽量化」というものです。軽量化がわずか39キロというと少ないように思えますが、もともと「ギリギリまで」削られていたレーシングカーなので、そこからの軽量化は相当に難しかったのだろうと思われます。考えられるのはジャッキやヘッドライトくらいかもしれません。出力についてはガソリンエンジン(V型4気筒)で最高出力:710ps、エレクトリックモーターは最高出力:433psということなので合計で最高出力:1143psということになります。

2018年4月にはスパ・フランコルシャンにて「ルイス・ハミルトン」がF1マシンで記録したコースレコードを更新しており、「ポルシェ・919ハイブリッドEVO」はF1マシンよりも速いということを証明しましたが、とにかくそのパフォーマンスには驚かされるばかりです。今後、「アストンマーティン」は「ヴァルキリー」を発売する予定ですが、これは「アストンマーティン」曰く「F1よりも速い」というクルマです。このクルマがニュルブルクリンクを走ったらどうなるのか気になるところで、同じくメルセデスAMGプロジェクト・ワンについてもその実力をどこかで示してほしい、とは思います。なお、「ポルシェ」はナンバー付きの「ロードカー」においても「ポルシェ・911GT2 RS」にて「最速」記録を保持しており、文字通り”ニュルの王者”として君臨するブランドだと言えそうです。「SUV」「サルーン」というカテゴリにおいては「アルファロメオ」が「ステルヴィオ」「ジュリア」にてニュル最速を記録しているものの、これについても「ポルシェ」は「カイエン」「パナメーラ」でそのうちに再挑戦するかもしれません。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。