【シンガーACS】964型ベース959オフロード仕様のスペック

この記事は2分で読めます

【シンガーACS】964型ベース959オフロード仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】ブラックバードのモデルの本物ポルシェターボ

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935カーボンボディ】軽量・ハイパワーの限定モデル

あわせて読みたい記事:【ルーフRCT Evo】新車で発売の964型改モデルのスペック

空冷時代の「ポルシェ911」を現在の技術でリザレクションして販売している「シンガー」社。これまでは、964型世代以前のモデルをレスモッドしてカスタムマシンを発表していましたが、今回、究極のオフロード911として新生した「シンガーACS」というカスタムマシンが発表されました。


「シンガーACSのモデル名の由来」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ポルシェ911GT3RS

この「ジンガーACS」というモデルはアメリカの「ジンガー・ビークルデザイン」とイギリスの「Tuthill Porsche」とのコラボレーションによって制作されたもので、モデル名の「ACS」とは「オールテレーン・コンペティション・スタディ(All-terrain Competition Study)」を指しています。つまり「All-terrain Competition Study」の頭文字。

今回の「シンガーACS」は、全地形対応のマシンでかつてダカールラリーに参戦していた「ポルシェ911サファリ」のオマージュモデルです。


「ベースモデルは964型」

あわせて読みたい記事:【RMオークション】ポルシェ改RUF・CTR3のスペックと価格

ちなみにベースモデルは90年代に発売された964型を使用し「シンガー」社が開発した空冷式3.6リッターフラット6ツインターボエンジンを搭載し最高出力450馬力を発揮します。

「シンガーACS」には3つのディファレンシャルロックと5速シーケンシャルギアボックスに油圧式ハンドブレーキを搭載しロールケージやバケットシートなどなどFIAの規定に沿った装備が備わっています。2つのスペアタイヤに長距離レース用の大型燃料タンクやナビも付いているのでラリーには最適な車です。

現状空冷式フラット6エンジンは「シンガー」社しか生産していない貴重な車でモダンとクラシックを合わせた素晴らしいデザインで完成されています。

インテリアはとても90年代の車がベースとは思えないほどシンプルかつ美しいデザインで「シンガー」社らしさが感じられます。
新しいステアリングホイールとナビゲーションシステム付きダッシュボードのおかげでモダンながら最新の車の内装にも感じられます。


「シンガーACSの価格」

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・カレラGT-R】生産1台のモデルが販売そのスペックと価格

ボディはカーボンファイバーを使用し非公開ですが、車重も相当軽量化が図られたボディに仕上げられています。価格や生産台数は不明ですが現時点で二人の富豪が購入しており、100%確信して言えるのはオーナーは「パガーニ」や「ケーニグセグ」、「ブガッティ」を複数台所有している人物でしょう。過去に「ポルシェ964」をベースに「ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング」と共同開発した空冷エンジンを搭載した「シンガーDLS」が75台限定で2億円で発売されたので「シンガーACS」も億クラスの価格になりそうです。ポルシェ公式も過去に未発表のコンセプトで911のラリー仕様を作っており、去年はニュルブルクリンクで車高を上げた謎の911が目撃されておりサファリ復活かと期待もされていましたが、「シンガー」社初のレーシングモデルとなる「シンガーACS」は「ジェレミークラークソン」氏あたりが試乗すると大喜びしそうな車です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。