【ポルシェ911 GT3R】大幅な変更がされたマシンのスペック

この記事は3分で読めます

【ポルシェ911 GT3R】大幅な変更がされたマシンのスペック

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク】最速マシンと伝説のマシンの共演が実現する

あわせて読みたい記事:【ポルシェ911】世界の名車としてのモデルヒストリーを振り返る

あわせて読みたい記事:【ル・マン24時間耐久レース】日本メーカー参戦マシンを振り返る

ドイツの自動車メーカーである「ポルシェ」社は、2018年5月11日、第46回ADACチューリッヒ24時間レース(ニュルブルクリンク24時間レース)が開催されているニュルブルクリンク内のリンク・ブルバードで、2019年にリリースされる新型の「ポルシェ・911 GT3 R」をワールドプレミアし初公開しました。耐久レースにおいてチャンピオンである「ポルシェ」社が、世界中で開催されているGT3レーシングカーマーケット向けにニューウェポンとして投入してきたマシンが「ポルシェ・911 GT3 R」です。GT3といえばドイツの各メーカーをはじめ、イタリア車、イギリス車、そして日本車とさまざまなマシンが登場しているカテゴリーですが、「ポルシェ」社は、このGT3マーケット向けに2015年にニュルブルクリンクで現行の「ポルシェ・911 GT3 R」をリリースし、2018年にはフロントまわりを改良しており、今季も世界各国で活躍しています。

  • (出典:www.as-web.jp)

そのようなヒストリーを持つ、「ポルシェ・911 GT3 R」に、さらに大幅な改良が加えられたのです。現地時間9時30分から行われたローンチイベントでは、世界中から多くのメディアが集まるなか、数日前からかけられていたベールが剥がされ、その姿が公開されたようです。発表された新型の「ポルシェ・GT3 R」は、市販の「ポルシェ・911 GT3 RS」から流用され、「ポルシェ・911 RSR」との区別化のために採用された「リザードグリーン」という色のラインをまとって公開されました。エクステリアデザインから現行に比べて大幅に変化しているようです。これまで比較的フラットな形状だったフロントノーズはエアダム形状となり、一方でサイドステップはスリム化されています。ボディサイズはリアウィングを除く全長が4,629mm、全幅はフロントが1,975mm、リアが2,002mm、ホイールベースは2,459mmです。ボディの軽量化のためにルーフやフロントフード、ドア、インテリアトリムなどにCFRP素材を採用するとともに、全てのウィンドウをポリカーボネート素材で構成しています。さまざまな箇所で変更が施され、現行に比べて30%ものダウンフォース向上を果たしているというので戦闘力は大幅にアップしていることでしょう。

  • (出典:www.as-web.jp)

また、変更点は外観だけに留まらず、最も大きな変更点と言えるのは、「ポルシェ・911」の特徴でもあった、フロントサスペンション形式が変更されたことかもしれません。これまでのストラットから、LM-GTE規定用の「ポルシェ・911 RSR」と同様に、KW製のサスペンションを使ったダブルウィッシュボーンに変更されたのです。またこれに伴い、フロントタイヤ径が300/650-18から300/680-18に変更されています。フロントサスの形式は、これまでチームからも要望が多かったポイントとも言えるでしょう。そして、パワーユニットは最高出力404kW(550HP)を発生する水平対向6気筒エンジンをリアに搭載し、シーケンシャル6速マニュアルトランスミッションを組み合わせています。さらにユニークなのはクラッチを完全に廃した『Eクラッチ』というものを採用しています。これにより完全に2ペダル化され、ジェントルマンドライバーにもスタートしやすくなったようです。ドライバーフレンドリーは徹底して追求されており、シートは固定式に変更されています。ペダルを動かしドライビングポジションを調整するシステムとなっています。これまで耐久レースでは暗い印象があったヘッドライトも、キセノンの新しいものに変更されています。

  • (出典:www.as-web.jp)

また、このマシンを走らせるチームに対しても嬉しい変更があったようです。ボンネットピンも変更されたほか、これまでポルシェで特徴的だった給油口が、わずかにセンターから左右にずらされ、コースレイアウトによって左右どちらも使える形状となったようです。このため、これまでボンネットに乗って給油していた光景は今後少しずつ見られなくなりそうです。さらにブレーキシステムなどの足まわりは、専用デザインとなる18インチのワンピース アロイホイールを装着し、ブレーキはフロントにアルミニウム製モノブロック6ピストンレーシングブレーキキャリパーを、リアにアルミニウム製モノブロック4ピストンレーシングブレーキキャリパーを採用し、ABSの制御を向上させています。大きく改良されたドライブトレインですが、この日に登場した「ヨルグ・ベルグマイスター」氏も「モンツァでテストをしたんだけど、270km/hから一気にブレーキングしても驚くほど姿勢は安定していた」とそのパフォーマンスを評しているようです。「GT3カーのマーケットで10%ほどのシェアを目指している。スーパーGT・GT300やスーパー耐久等、日本のレーシングチームにも自信をもってリリースしているよ。」とマネージャーを務める「ステファン・バリザー」氏はコメントしています。

  • (出典:www.as-web.jp)

そして、販売価格は、45万9,000ユーロ(約5,970万円)で納期は11月を予定となっています。近年のGT3マーケットでは“安め”の価格と言えるのかもしれません。なお、多くの変更点があることから、現行モデルからのアップデートキットで新型にすることはできないようです。

下記クリックで好きな項目に移動

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。