【プロジェクト・ゴールド】 限定1台のポルシェが公道不可の理由

この記事は3分で読めます

【プロジェクト・ゴールド】 限定1台のポルシェが公道不可の理由

あわせて読みたい記事:【マクラーレンF1 GTR ロングテール】ガルフ25Rは日本に

あわせて読みたい記事:【フェラーリ330GT】ジャミロクワイが所有したカスタムワゴン

あわせて読みたい記事:【C2】ガヤルドベースのスーパースポーツを元マツダの社員が開発

「ポルシェ」社が極秘で開発を進め、先日開催の「モントレー・カー・ウィーク2018」において世界初公開したのが「プロジェクト・ゴールド」というスペシャルマシンでした。ベースとなるモデルは、空冷式ツインターボチャージャーエンジンを搭載する「ポルシェ・993ターボS」となりますが、この個体が僅か一台だけ今回の開発プロジェクトに採用されました。ただ、この「プロジェクト・ゴールド」は、既存の「ポルシェ・993ターボS」の復元ではありません。しかし、技術的に残っていた部品を流用し、公道仕様になるだけ近づけた2018年式の「ポルシェ・993ターボS」として発表されました。つまりは、あくまでも公道仕様に近づけただけであって、実際には公道走行することが不可能なモデルとなります。それにしても一体なぜ、公道走行ができず、「ポルシェ・993ターボS」の復元モデルとして扱われなかったのでしょうか?


「ポルシェ・プロジェクト・ゴールド」は公道不可なのか?

今回の問題について、「ポルシェ」社のクラシックセールス及びマーティングボスの「フィリップ・サルム」氏によると、「プロジェクト・ゴールド」は現在のヨーロッパの排出ガス規制に遵守していないことが大きな問題になっているとのことです。つまりは、国が定めた規制によって一般車両(公道走行可)扱いができる国もあると思われ、例えばアメリカのように排出ガス規制のハードルが低いところであれば公道走行も可能となるかもしれません。


「公道で走れても、年間走行距離の制限がかかってしまう?」

この規制が、違法であると認められた車両が歴史的または技術的重要性を示す場合、その国によってどのように扱われるかが大きく変わるわけですが、そういった場合は年間走行距離を約4,000km(2,500マイル)まで制限する可能性もあるとのことです。ただ、こうした世界に僅か1台しか製造されなかった「プロジェクト・ゴールド」は、間違いなく転売目的で購入するオーナーが続出すると思われるため、そもそも外で走らせるという考えは無いのかもしれません。なお、この個体は、10月27日に開催される「RM Sotheby’sオークション」において、ポルシェ70周年記念モデルとして出品されます。
予想落札価格は一切不明ですが、億越えになることは間違いないとおもわれています。「ポルシェ」社が自社のレストア部門、「ポルシェ・クラシック」においてレストア&カスタム、つまり「レストモッド」として進めていたモデルが「プロジェクト・ゴールド」だったのです。「993型」世代の「ポルシェ・911ターボ」を現代の技術をもってよみがえらせるというものですが、今回ようやく「完成」することになったというわけです。レストアにかかったのは18ヶ月で、ボディカラーは現行世代の「ポルシェ・911ターボS エクスクルーシブ」と同じ「ゴールデンイエローメタリック」ということです。また「ポルシェ・911ターボエクスクルーシブ」と同じ手法で「ブラックにゴールドのライン」が加工されたホイールも装着されています。なおエンジン本体は「新品」で、サスペンション、4WDシステム、内装、含めてすべて「ポルシェ」社が自らの手によってチューニングされ組み上げられたとされ、エンジンは当時(1996年)の911ターボSが発揮していた「430馬力」より高めの450馬力の仕様となっています。シリアルナンバーは001/001とされており、センターコンソールにあるのは「昔のラジオに見せかけた、シンプルなカーナビゲーション(純正オプション)」が装備されているようです。

  • porsche-project-gold (1)
  • porsche-project-gold (6)
  • porsche-project-gold (5)
  • porsche-project-gold (4)
  • porsche-project-gold (2)
  • porsche-project-gold (7)
  • porsche-project-gold (12)
  • porsche-project-gold (10)
  • porsche-project-gold (9)
  • porsche-project-gold (8)
  • porsche-project-gold

 

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。