【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

この記事は3分で読めます

【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935 DPⅢ】DPモータースポーツGr5カスタム

あわせて読みたい記事:【フェラーリ・モンツァSP1/SP2】レトロな限定モデルが登場

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

「ポルシェ」社が70周年記念モデルの一環として、新型モデルとなる「ポルシェ・935」を発表しました。「ポルシェ・935」について言えば、1976年のシルエットフォーミュラ=グループ5仕様として「ポルシェ・935」は登場し圧倒的な速さと強さでシリーズを席巻しました。


「旧型935の伝説」

  • (出典:pinterest.jp)

具体的に見ていくと911シリーズに追加設定された「ポルシェ・930ターボ」をベースに、グループ5にコンバートしたのが「ポルシェ・935」でした。1977年には「935/77」、78年には「935/78」とアップデートされ、その度にライバルを突き放すパフォーマンスを身に着けていきました。結果的には、「ポルシェ・935」のレース戦績を振り返ると1984年までにル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、シルバーストーン6時間レースを含む150以上のレースで勝利を収めたとされています。また1977年と1979年の3年間ドイツのDRMで不敗であり、IMSA GTXのクラス優勝、ニュルブルクリンク1000kmでの勝利も獲得しているのです。さらに1976年から1979年までFIAワールドチャンピオンシップの優勝を「ポルシェ」にもたらしました。衝撃的なレースとされているのは、1979年のル・マン24時間レースでワークスの「ポルシェ・936」が全車リタイアしたものの、「ポルシェ・935K3」が全てのプロトタイプカーに打ち勝ち優勝、そして2位もロルフ・シュトメレン/ポール・ニューマン/ディック・バブアーのドライビングしたファクトリースペックの「ポルシェ・935/77A」、3位も「ポルシェ・935/77A」というとてつもない強さを見せつけたのでした。


「エクステリアデザイン・インテリアデザイン」

そして、今回の公式の発表となっていますが、新型はベースモデルとなるのは「ポルシェ・911GT2」です。このモデルに伝説的な存在である「ポルシェ・935」テイストのボディパネルを装着しているというわけです。しかし、驚くべきは各部の要素が新しく設計し直されているという点です。かつ、過去のアイコン的モデルの要素が取り入れられているのも特徴です。

たとえばリアのエクステリアデザインに注目するとテールパイプは「ポルシェ・908」にインスパイアされデザインされています。そして、ドアミラーは「ポルシェ・911」のレーシングカーである「911RSR」のテイストを盛り込み、インテリアデザインだと「ポルシェ・911GT3R」に用いられていた軽量バルサ材を使用したシフトレバーなどが目につきます。実は「ポルシェ」社はバルサ材をよく使用していて、「ポルシェ・カレラGT」のシフトノブにも使われています。インテリアは「ポルシェ・911RSR」ほど「レーシングカー寄り」ではなく、まだ市販車らしい部分も見受けられ、スポーツクロノがメータークラスター左端に埋め込まれていることもわかります。

全体的なエクステリアデザインとしてはオリジナルの「ポルシェ・935」特有の、「クジラ(モビー・ディック)」に例えられたほどのロングテール、そしてリアウイングもしっかり再現されています。ホイールは「ポルシェ・935/2ベイビー」テイストです。


「スペック・価格」

エンジンは3.8リッター・フラットシックスで、このパワーユニットは「ポルシェ・GT2RS」同様にツインターボで加給され最高出力:700ps、トルクは750Nmを発生する仕様です。トランスミッションは7速PDKのみという設定で、エレクトロニック・スタビリティコントロールがアップグレードされ、データロガーも追加になっています。ブレーキシステムも6ピストンアルミモノブロックレーシングキャリパー、ABSを装備しているということです。そして、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は340km/hというスペックとなっています。ちなみに旧型の「ポルシェ・935」のスペックとポテンシャルは下記の通りです。「ポルシェ・934」と同じくカレラ3.0RSRに搭載されていた「2,993cc水平対向6気筒エンジン(911/75型)」をベースにしています。ターボ係数(×1.4)を掛けて4リットルに収まるようボアを3mm細くすることで排気量を2,857ccに縮小、これにターボチャージャーで1.5バール過給し、最高出力:560psを発揮する仕様です。車両重量は、わずか970kgという軽量さです。ブースト圧は運転席から変更可能となっています。1978年モデルは、排気量を3.2リットルに拡大し、水冷式の4バルブのシリンダーヘッドに交換され、最高出力:950ps(700kW)というスペックとなっています。そのポテンシャルは、ル・マン24時間レースで360km/h以上で走りストレートでは最も速い車でグループ6の「ポルシェ・936」を簡単に追い抜くほどで、フロントとリアのダウンフォースの調整により「ポルシェ・917」に匹敵する、最高速度:390km/h(240mph)での走行も可能であったといわれています。

それでも、この新型の「ポルシェ・935」は「公道走行不可能」ということになっているようです。さらには「FIA」のどの規定にもマッチしていないため、公式レースへの参戦も不可能だということです。

しかし、これはコンセプトカーではなく実際に市販されるモデルだということです。気になるのは、その価格で台数は77台に限定されるものの、価格は「70万ユーロ(一応70周年記念とかけている。ポルシェはボーナスの数字も「911」とかけているようです)、日本円だと「約9,250万円」という設定です。リアには「マルティニ(MARTINI)」の名も入っています。「ポルシェ」社のコメントによれば、「この935は、ポルシェからの、世界中のファンに対するバースデープレゼントだ」とのことです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。