【乃木坂46】27thシングルにメンバーの愛車として登場の車種一覧

この記事は7分で読めます

【乃木坂46】27thシングルにメンバーの愛車として登場の車種一覧

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【橋本環奈】歴代の彼氏や交際相手と環奈伝説と言われた事件や愛車

あわせて読みたい記事:【吉川愛】歴代彼氏や愛車、コスプレと子役時代の吉田里琴から綺麗

2021年6月9日(水)発売の27thシングル「ごめんねFingers crossed」のMusicVideoに登場する「乃木坂46」のメンバー、「齋藤飛鳥」さん、「生田絵梨花」さん、「山下美月」さん、「嘉喜遥香」さん、「与田祐希」さん、「遠藤さくら」さん、それぞれの愛車が注目となっています。


「ごめんねFingers crossed」:歌詞

今だってもちろん好きだけど
なぜだろうあの頃に戻れない
君の幸せをずっと祈ってるよ
ごめんね
Fingers crossed

愛しあうそのことが 初めてだったから
全てがぎこちなくて キスだって下手すぎて
緊張しながら何度も抱き合った

手を伸ばせばいつだって 君がそこにいる
当たり前になってしまったその存在に
甘えて油断してた タイミング

会えない時間が寂しくなくなって
気づけば心は離れてた
やり直そうと 言われたら 僕はどうした?

今だってもちろん好きだけど
なぜだろうあの頃に戻れない
冷静じゃないから恋ができるんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん 好きだけど
近づかない 遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら
Fingers crossed

WOW WOW WOW

ああ なんて人間の感情は身勝手なものだろう
愛がなくなったら生きていけない
誰もみんな思い込んでいるのに 大丈夫

最終電車で見送るステーション
僕だけどうやって帰ればいい
動き出した 窓ガラス 指をクロスして

いつの間に壊れていたのかな
無我夢中に追いかけるその欲望
考えるより先に行動してた

慣れてしまってたドキドキしないね
いつの間に壊れていたのかな
本能の一部が復元しない
後悔しそうな胸の痛み そっとこのまま
Fingers crossed

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
冷静じゃないから恋ができるんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん好きだけど
近づかない 遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら

君の幸せをずっと祈っているよ
ごめんね
Fingers crossed

Fingers crossed  読み方 [フィンガーズクロスト]


「齋藤飛鳥の愛車:NISSAN R35 GT-R」

あわせて読みたい記事:【大島優子】ネメシスに登場の愛車トヨタJZX90マークIIの仕様

「齋藤飛鳥」さんの愛車として登場しているのは、「日産・GT-R」。ボディカラーはゴールド。トップシークレットのデモカーと思われます。マクドナルドのハッピーセットの限定トミカとしても注目されたマシン。


「日産・R35型GT-R」:概要

2007年(平成19年)10月24日に開催された第40回東京モーターショーで量産型が発表され、日本では同年12月6日から発売され、北米では12月のロサンゼルスオートショーで初公開。9代目R33型時にBCNR33型、10代目R34型時にBNR34型、のGT-Rが各100台限定でイギリスで販売されましたが、左ハンドル仕様を用意した世界規模の販売はR35型GT-Rが初めてで、ニッサン・350Zやニッサン・370Zと同様に全世界で販売。トータルバランスを考慮した設計は、エンジンを車両前方に、クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置する、世界初の独立型トランスアクスルを採用した「プレミアムミッドシップパッケージ」がとられています。駆動方式はR32型以降のスカイラインGT-Rと同様に4WDとなり、四輪駆動システムにはR32型以降のGT-Rにも採用されているアテーサE-TSの改良版が採用。

シリーズ最高峰となる2019年4月に発表された2020年モデルのnismoモデルでは、カーボンルーフ、NISMO専用カーボンフード(NACAダクト付、NISMO専用カーボンフロントフェンダー(エアアウトレット付、NISMO専用GT3タービン(IHI製高効率、大容量ターボ、カーボンセラミックブレーキ(NCCB:Nissan Carbon Ceramic Brake、レイズ製20インチアルミ鍛造ホイール(専用設計、新開発サスペンション/ハイグリップタイ、RECARO製カーボンバックバケットシート(専用設計)が新規装備。そして、スペックとしては下記のような仕様となっています。


「日産GT-R NISMO 2020年モデル」:スペック

  • 全長×全幅×全高=4690×1895×1370mm
  • ホイールベース=2780mm
  • 車両重量=1703kg
  • トレッド(F/R)=1600mm/1600mm
  • エンジン=V6 3.8Lツインターボ
  • 最大出力=600ps/6800rpm
  • 最大トルク=66.5kgm/3600-5600rpm
  • トランスミッション=6速DCT
  • タイヤサイズ=(F)255/40ZRF20/(R)285/35ZRF20
  • 価格=2420万円(消費税10%込み)

「生田絵梨花の愛車:HONDA CIVIC クーペ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車のホンダ・シビッククーペ黒のスペック

「生田絵梨花」さんの愛車として登場する「ホンダ・シビッククーペ」。ワイルドスピードに登場していそうなボディカラーやグラフィックでカスタムされています。


「ホンダ:シビックDX(クーペ)」:スペック

  • 全長:4390mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1345mm
  • ホイールベース:2620mm
  • トレッド:1475mm/1465mm
  • エンジン型式:D16A
  • エンジン形式:直列4気筒SOHC16バルブPGM-Fi
  • 排気量:1590cc
  • ボア・ストローク:75.0mm×90.0mm
  • 圧縮比:9.2:2
  • 最高出力:130ps(96kW)/6600rpm
  • 最大トルク:14.8kg・m(145.1N・m)/5200rpm
  • トランスミッション:4AT/5MT
  • サスペンションシステム:ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム:ベンチレーテッドディスク/LTドラム
  • タイヤ:185/60R14 82H

「山下美月の愛車:TOYOTA GRスープラ」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード/ジェットブレイク】日本車登場が増加が明らかに

「山下美月」さんの愛車として登場する「トヨタ・GRスープラ」。ブラックのボディカラーにフルエアロ。


「トヨタ・GRスープラ」:概要

新型「スープラ」は、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデル。BMW社との包括提携による初の商品であり、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型車でもこの2つを継承。ラインアップは、B58型 3L 直列6気筒エンジンを搭載する「RZ」、B48型 2L 直列4気筒エンジンを搭載する「SZ‐R」、「SZ」を用意し、トランスミッションは8速スポーツATを組み合わせる。エクステリアは、スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトが持つ特長を十分に活かす、TOYOTAスポーツのフラッグシップモデルにふさわしいスポーツスタイルを提案。空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフの採用や、ヘッドランプの位置を車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法など、2000GT、先代スープラ等からのTOYOTAスポーツヘリテージを継承した。インテリアは、ドライバー正面に集中配置された、スポーツドライブに必要な視認・操作系のエレメント(メーター、ヘッドアップディスプレイ、パドルスイッチ、ステアリングスイッチなど)をタイトに包括しドアトリム、コンソールのニーパッドまで繋げる事でドライバーをコンパクトに包み込む新しいコクピット様式としている。さらに、昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」や、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」などの先進の予防安全技術を全車に標準装備。また、車載通信機DCMを全車標準搭載し、スープラ専用のコネクティッドサービス「Toyota Supra Connect」を提供。今回、「RZ」をベースとした特別仕様車「RZ ホライズンブルーエディション」を設定(限定100台)。ボディカラーに新規採用色の「ホライズンブルー」を特別設定し、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを特別装備。室内においても、表皮にアルカンターラとブラックの本革を組みあわせたシートを採用。また、シート表皮をはじめ、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなど、随所にブルーステッチを施しており、ブルーカラーで統一した仕様としている。


「嘉喜遥香の愛車:SUBARU WRX STI」

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 劇中車両のスバルWRXのスペック・価格

「嘉喜遥香」さんの愛車として登場する「スバル・WRX STi」。


「スバル:WRX STI(2015年モデル)」:概要

「スバル:WRX」シリーズ共通の商品コンセプト「Pure Power in Your Control」を高次元で具現化した、同シリーズのトップグレードモデルが「WRX STI」。ラインアップは、「STI」と大型リアスポイラーを装備した「STI タイプS」を設定しています。エンジンは、2L 水平対向4気筒DOHCターボを搭載し、緻密なエンジンチューニングにより、最高出力227kW(308ps) / 6,400rpmの高出力と、4,400rpmで422N・m(43.0kgf・m)に達する高トルクなど、圧倒的なパフォーマンスが魅力です。トランスミッションは、水平対向エンジンのハイパワーを受け止める、強化6速マニュアルトランスミッションを採用。また先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を展開することで安全性を高めています。「アドバンスドセイフティパッケージ」は、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)/サイドビューモニター/ハイビームアシスト/アイサイトアシストモニターといった先進安全装備をセットで展開します。「スバルリヤビークルディテクション」は走行時の後側方検知や後退時の左右後方検知を行う機能、「サイドビューモニター」は左前方の死角を確認可能とする機能で、車両周囲の全方位の安全性を向上。また、「ハイビームアシスト」は、前方の車両を検知してヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替え。ボディカラーは、新たに「ピュアレッド」を追加し、全6色。


「スバル:WRX STI」:スペック

  • 型式:CBA-VAB
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,595mm × 1,795mm × 1,475mm
  • ホイールベース:2,650mm
  • トレッド(F/R):1,530mm / 1,540mm
  • 車両重量:1,490kg
  • エンジン型式:EJ20
  • エンジン形式:水平対向4気筒DOHC16バルブ デュアルAVCS
  • 排気量:1,994cc
  • ボア×ストローク:92.0×75.0mm
  • 圧縮比:8.0
  • 最高出力:227kW(308ps) / 6,400rpm
  • 最大トルク:422N・m(43.0kgf・m)/ 4,400rpm
  • トランスミッション:6MT / E-6AT
  • 駆動方式:AWD
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • 価格:4,114,800円~
  • 中古車相場:280万円~(平均相場:300万円前後)

「与田祐希の愛車:ダッジ・チャレンジャー」

あわせて読みたい記事:【武田真治】愛車のダッジ・チャレンジャーMOPER10のカスタム

「与田祐希」さんの愛車として登場する「ダッジ・チャレンジャー」。実は、このモデルは2019年モデルの「Dodge Challenger 392 HEMI Mopar Limited-Edition」というスペシャルモデル。


「ダッジ・チャレンジャーSRT8 392」:概要

ダッジチャレンジャーSRT8 392は、パワー、スタビリティ、ハンドリング、ブレーキングおよびスタイリングにおいて、世界中の後輪駆動車の規範となるべくマシンに進化したモデルですが、伝説的なエンジン392キュービックインチ=6.4リッターエンジンは、470馬力、最大トルク470 lb-ftを発生させるマッスルカーなのです。通常のSRT8に搭載される6.1リッターHEMI V8から6.4リッターHEMI V8に変更され、6.1リッターと比較すると90lb.-ft. ものトルクアップ。ハンドリングを良くするために、ショック変更とサスペンション周りの変更。コーナリングバランス、ステアリングレスポンスを良くするためにステアリングレシオやキャンバー角等を変更。強化ステアリングポンプ使用でステアリングフィールを向上。Mopar Quad Exhaust使用で排気音とリアスタイルにアクセント。フェンダーと一体化のフロントスプリッターで高速走行の空気抵抗の軽減。20インチホイール採用%&大径ブレーキなど大幅にグレードアップしたモデル。


「遠藤さくらの愛車:1967’FORD MUSTANG 289(Conbertible)」

あわせて読みたい記事:【宮迫博之】愛車のマスタング・コンバーチブルのスペック

「遠藤さくら」さんの愛車として登場するのは旧車の「フォード・マスタング289」。真っ赤なボディカラーのコンバーチブルモデル。


「フォード・マスタング289」:概要

このモデルは爆発的に売れた初代 “Mustang”のスタイルを継承しつつ“Safety”と“Performance”の向上が特徴。 “Safety”ひじ掛けやステアリングを衝撃吸収タイプにする、インパネをより見やすく、操作系をより操作しやすくするなど。 “Performance”390c.i.(cubic inch) Big Blockエンジンの投入、Wide&Tallに見せるため フロントグリルの大型化、G.T.40の“Kamm Back”を模したテールまわりなど見た目の“Performance”向上も行われた。この1967年モデルは、吊り下げ式のクーラー以外にインダッシュタイプのエアコンやチルトステアリングなど選択できるようになり、快適さも向上した。 また特徴的なのはデラックスインテリアで65~73までの “MUSTANG”で唯一アルミパネルの装飾が施されていること。


「乃木坂46/27thシングル「ごめんねFingers crossed」:登場車種一覧

あわせて読みたい記事:【市川紗椰】歴代彼氏や愛車の旧車とガンダム愛のハマーンコスプレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。