【DR30型スカイラインRS】スクリーン社ゼロヨン仕様スペック

この記事は3分で読めます

【DR30型スカイラインRS】スクリーン社ゼロヨン仕様スペック

あわせて読みたい記事:【DR30型:スカイライン】RS史上最強の最高速仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【首都高速トライアル1】劇中車TBO製R30スカイラインの仕様

「ハコスカGT-R(KPGC10/PGC10型)」や「ケンメリGT-R(KPGC110型)」以来の4バルブDOHCユニットを搭載した6代目モデルのスカイラインR30型の中で、4バルブヘッドを持つ2.0L直4DOHCのFJ20E/ETを搭載するのが、RS/RSターボというグレード名が与えられたDR30でした。デビューした1981年当時、NAで150psだったパワーは1983年のターボ化で190psへと引き上げられ、その翌年、俗に“鉄仮面”と呼ばれる後期型になるとインタークーラー追加で205psまで向上しパワーウォーズと呼ばれた1980年代の自動車界を牽引しました。「短いスパンでのマイナーチェンジはユーザーの気持ちを無視している」と言われたけど『史上最強のスカイライン』なるキャッチコピーを掲げたDR30は、国産車メーカーがしのぎを削った80年代前半の“パワーウォーズ”において、間違いなく中心的存在でした。そしてDR30のチューニングを得意とするのが「スクリーン」社。


「DR30型:スカイライン 2000RSターボC」:スペック

  • 年式:1984年
  • 型式:KDR30型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,620mm × 1,675mm × 1,385mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,420mm / 1,410mm
  • エンジン型式:FJ20ET
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:1,990cc
  • 最高出力:205PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • タイヤサイズ(F/R):205-60-R15

「DR30:スカイラインRSスクリーン仕様」:エンジンスペック

今回のカスタムマシンは、ゼロヨン仕様として製作された1台です。

エンジン本体は、腰下に純正2mmオーバーサイズとなる東名91φ鍛造ピストンを組みこんで排気量を2.1Lに拡大し、ポート研磨や燃焼室加工を施したヘッドにはIN/EXともHKS272度カムシャフトをセットしています。燃料系はボッシュ燃料ポンプと720ccインジェクターで容量アップを図り、そこにボールベアリング式でレスポンスに優れるIHI製RHX6タービンを組み合わせ、最大ブースト圧1.5キロ時に400psを発揮する仕様となっています。

スロットルはバタフライバルブ径φ80のインフィニティQ45用を流用。ワンオフのインテークパイプや大容量サージタンクと併せて、吸気効率を最大限に高めている。また、インタークーラーの直後には押し込み式でZ32フェアレディZのエアフロがセットされており、安定した制御を実現。

フロントオーバーハング部にはトラストインタークーラー&オイルクーラーをセット。前後に並べて装着できるくらいスペース的には余裕がある。ラジエターはノーマルだけど、容量的には問題ないということです。

エンジン制御にはパワーFCを導入。ただし、FJ20用はラインアップされていないため、ハーネス加工を施した上でRNN14型パルサー用を使用。かつてDR30で定番だったパルサー純正CP流用とおなじ要領ということです。「FJ20はシリンダーブロックが鋳鉄製だから、とにかく頑丈。また、ヘッド周りもインテークポートがハンパでなく大きかったり、ロッカーアームを持たない直打式のカム駆動やインナーシムでのバルブクリアランス調整など、高回転志向でパワーを出しやすい設計なんです。チューニングベースとしての素性はSR20よりもイイと思いますよ」と「スクリーン」社はコメントしています。

最高出力は600psまでは十分許容範囲で、仕様によっては700psオーバーも狙えるということです。実際、「スクリーン」社では2.1L+T88仕様に最大ブースト圧2.2キロをかけて、ダイノパック上で690psまで確認しているということです。ちなみに、レブリミットはヘッドチューンによって1万rpmを達成できるけど、バルブスプリングがノーマルでも9000rpmまではサージングを起こすことなく回ってくれる。徹底的にヘッドチューンを行っても、常用9000rpm+αが限界とされるSR20に比べると、FJ20がいかに高回転志向かってことも分かるはず。シリンダーブロックにスが入りやすいためボアアップには向いていないとか、タイミングチェーンの油圧テンショナーがヘタリやすく、3万kmも走るとガラガラ音が出始めるとか、ウィークポイントも確かにあったりする。ただ、いずれも対処の施しようはあるから、チューニングを進めていく上で、それらが大きなデメリットになることはないようです。


「足回り・インテリア仕様」

足回りにはピロアッパーマウントを持つ車高調(メーカー不明)と調整式ロワアームが組まれ、キャンバー調整範囲を広げている。ブレーキはS14型シルビア純正4ポットキャリパーで容量アップしています。リヤはオーリンズ改車高調が組まれるほか、デフマウントのリジッド化なども行われています。

足もとを飾るホイールは、16インチのRSワタナベエイトスポーク。フロント7.5J、リヤ8Jに205/55、225/50サイズのアドバンネオバが組み合わされる。

インテリアは、メーターパネル中央にオートメータータコメーター、メータークラスター左側にはトラストブースト計を装着。ゼロヨン仕様として製作されたことを見ることができます。また、センターコンソールにはトラスト油温/排気温計もセットされています。

また、運転席はブリッドジータ、助手席はBNR32純正に交換。センターピラーレス構造によるボディ剛性不足を解消するため、6点式ロールケージも組まれているます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。