【東京オートサロン】リバティウォークR35GTRシルエット仕様

この記事は2分で読めます

【東京オートサロン】リバティウォークR35GTRシルエット仕様

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ハコスカGT-Rレーシングのスペック・価値

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードX2】R34型スカイラインGT-R・スペック

あわせて読みたい記事:【トーヨータイヤ・C10型ハコスカ】輸出仕様カスタムのスペック

2007年(平成19年)10月24日に開催された第40回東京モーターショーで量産型が発表され、日本では同年12月6日から発売され、北米では12月のロサンゼルスオートショーで初公開。9代目R33型時にBCNR33型、10代目R34型時にBNR34型、のGT-Rが各100台限定でイギリスで販売されましたが、左ハンドル仕様を用意した世界規模の販売はR35型GT-Rが初めてで、ニッサン・350Zやニッサン・370Zと同様に全世界で販売。トータルバランスを考慮した設計は、エンジンを車両前方に、クラッチ・トランスミッション・トランスファーを車両後方に配置する、世界初の独立型トランスアクスルを採用した「プレミアムミッドシップパッケージ」がとられています。駆動方式はR32型以降のスカイラインGT-Rと同様に4WDとなり、四輪駆動システムにはR32型以降のGT-Rにも採用されているアテーサE-TSの改良版が採用。

シリーズ最高峰となる2019年4月に発表された2020年モデルのnismoモデルでは、カーボンルーフ、NISMO専用カーボンフード(NACAダクト付、NISMO専用カーボンフロントフェンダー(エアアウトレット付、NISMO専用GT3タービン(IHI製高効率、大容量ターボ、カーボンセラミックブレーキ(NCCB:Nissan Carbon Ceramic Brake、レイズ製20インチアルミ鍛造ホイール(専用設計、新開発サスペンション/ハイグリップタイ、RECARO製カーボンバックバケットシート(専用設計)が新規装備。そして、スペックとしては下記のような仕様となっています。


「日産GT-R NISMO 2020年モデル」:スペック

  • 全長×全幅×全高=4690×1895×1370mm
  • ホイールベース=2780mm
  • 車両重量=1703kg
  • トレッド(F/R)=1600mm/1600mm
  • エンジン=V6 3.8Lツインターボ
  • 最大出力=600ps/6800rpm
  • 最大トルク=66.5kgm/3600-5600rpm
  • トランスミッション=6速DCT
  • タイヤサイズ=(F)255/40ZRF20/(R)285/35ZRF20
  • 価格=2420万円(消費税10%込み)

「R35 GT-R LB★Silhouette WORKS GT」

ビス留めフェンダーを超えるボディキットとしてラインナップされている、リバティーウォークのハイエンドブランドである『LB★Silhouette WORKS GT』から、フェラーリ458、ランボルギーニ ウラカンに続く第3モデルとしてR35GT-R用がデビュー。

これまではデザインを最優先していたのに対し、今作では機能面や強度等も考慮しながら製作されています。コンセプトは「公道を走るレーシングカー」ということです。大きくデザインを変更した前後フェンダーは、後方に大きなエアアウトレットを設けてタイヤのハウス内の圧力を逃すようにデザインされています。ワイド幅はフロント60mm、リヤ90mmとなり、フロント用は交換タイプになることを利用してR35の特徴的なプレスラインを排除。シルエットのフェンダーが美しく見えるようにデザインされています。

また、フロントバンパーは面圧を減らすようにロングノーズ化を実施。2017年モデルの純正バンパー比で70mm延長し、そこから下面のフロントディフューザーはさらに前方に出すことでダウンフォースを獲得。デモカーはHKS GT1000+仕様となり、エアロのみならずドアやルーフまでもドライカーボンで製作。サーキット走行も行う予定となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。