【フェアレディZ/400Z・ICE】2021年以降はハイブリッド仕様

この記事は3分で読めます

【フェアレディZ/400Z・ICE】2021年以降はハイブリッド仕様

あわせて読みたい記事:【ランキング:高額ハイパーカー 2019】 詳細スペック・価格

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

初代モデルから名車として世界に名を残し、続くモデルも世界中のファンから愛され続けている「日産・フェアレディZ」シリーズ。最新モデルについては多くの期待が集まっています。新しく生まれ変わる日産からフルモデルチェンジされる2021年ということです。モデル名は「フェアレディZ(400Z)」ということです。「トヨタ・GRスープラ」並みのスペックを持つと言われる日産のスポーツカーで10年以上フルモデルチェンジされていません。情報として次期フェアレディZはGRスープラと同じく従来通りの内燃機関(ICE)でまず発売し、何かしらの形で電化されると日産のグローバル製品戦略担当副社長のIvan Espinosa氏が語っています。
他社製スポーツカーを見てみると新型フェアレディZも48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用しそうですが、とりあえずはスポーツカーらしくICEで発売されそうです。
2021-nissan-400z (1)

2021-nissan-400z (2)2021年に発表される予定の新しい日産フェアレディZ(400Z)は、3.0リッターV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載し、トヨタスープラに匹敵する出力を持つと言われています。0-100km / hは5秒以下でハイブリッドシステムを使用することで更に高速になる事が予想されています。日産が開発したe-POWERなのかスポーツカー用にセッティングされた新しいパワートレインなのかはまだ不明です。トヨタは2025年までに全ての車種にハイブリッドモデルを加えると発表済みなのでGRスープラは2025年で生産終了する事が確定しています。コルベットC8も既に開発車両が発見されている通りハイブリッドパワートレインを採用しますし、日産も将来の事を考えると2021年以降すぐにでもフェアレディZのハイブリッドモデルは登場しそうです。これまでの情報については下記のようになっています。


「新型フェアレディZ(400Z)」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車Z33型D.K.タカシZのスペック

国産スポーツの名車「日産:フェアレディZ」。そのシリーズについて「日産自動車」はビッグマイナーチェンジを予定しています。主な変更点としては下記のようになるようです。


「日産:フェアレディZ」:変更点

  • 新設計したエクステリアデザインを採用
  • エンジン:最新のV型6気筒3Lターボエンジンにより、最高出力400馬力を発揮
  • トランスミッション:9速AT、6速MTを設定
  • スペシャルモデル:500馬力を発生するハイパフォーマンスモデル「フェアレディZ NISMO」を設定
  • 新世代のインフォテインメントシステムを装備
  • オープンモデルとなるフェアレディZロードスターの設定を予定

「新型日産:フェアレディZ」:エクステリアデザイン

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ・S30/S31】悪魔のZのベースは初代モデル

新型となる「日産:フェアレディZ」のエクステリアデザインは、過去のモデルからくるデザインアクセントを採用することにより、魅力がアップされます。 フロントセクションは初代モデルの「S30型」からくる丸形のヘッドライトや角を持ったグリルを採用していることが大きなポイント。これは、ハイパフォーマンスなエンジンに対応するため開口部を拡大しているとされます。

初代モデルの「S30型:フェアレディZ」の特徴となっているロングノーズショートデッキスタイルというスポーツカーのオーソドックスな構造をより強調し、ドライバーをリアよりに配置することで後輪のグリップを直接感じることが出来るようになっています。


「新型日産:フェアレディZ」:エンジンスペック

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2020年ベストバージョン

  • 「フェアレディ・400Z」
  • エンジン:V型6気筒3Lツインターボ「VR30」
  • 最高出力:405ps
  • 最大トルク:48.4kgm
  • 「フェアレディZニスモ」
  • エンジン:V型6気筒3Lツインターボ「VR30」
  • 最高出力:500ps
  • 最大トルク:62.4kgm
  • トランスミッション:9速AT or 6速MT
  • 駆動方式:FR

「新型日産:フェアレディZ」には、新世代の3Lターボエンジンが搭載されるということです。

ちなみに「Z34型:フェアレディZ(現行モデル)」のエンジンスペックは下記の通りになっています。

  • エンジン:V型6気筒3.7L「VQ37VHR」
  • ベースモデル:336ps/37.2kgm
  • NISMO:355ps/38.1kgm

3Lターボエンジン「VR30」は、これまで搭載されていたV型6気筒3.7L自然吸気「VQ37VHR」を置き換えるエンジンとして開発。最高出力を400psにアップすることから、現行モデルは海外で「370Z」として販売されていましたが、新型フェアレディZでは「400Z」のモデル名が使用されるようです。またハイパフォーマンスモデルとなる新型フェアレディZ NISMOでは最高出力を500馬力とすることで、海外のプレミアムスポーツモデルと競うモデルとされます。VR30エンジンは、スロットルスピードを向上させた新型モーターをバルブタイミングシステムに組み込む「アドバンスタイミングコントロール」が採用され、レスポンスを向上させています。さらにツインターボシステムは、タービンブレードのデザインを最適化し、新しいタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターを採用してパフォーマンス、レスポンス、燃費が引き上げられます。エンジン重量もエンジンブロックのミラーボアコーティング、シリンダーヘッド一体型エキゾーストマニホールドの採用によりコア構造の重量を194.8kgとし、従来エンジンから14.1kg軽量化されています。そして新型フェアレディZではトランスミッションに最新の9速ATを組み合わせ高いパフォーマンスを発揮することが可能となるほか、6速MTもラインナップすることでマシンコントロールを楽しむこともできるようになります。


「新型日産:フェアレディZ」:価格

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】ジゼルの日産Z34型370Z

価格:480万円

「日産新型:フェアレディZ」の価格は、エントリーモデルで480万円ほどからに設定されるとみられています。

現行モデルは日本で391万円から設定され、量販グレードは400万円台後半になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。