【DR30型:スカイライン】RS史上最強の最高速仕様スペック

この記事は3分で読めます

【DR30型:スカイライン】RS史上最強の最高速仕様スペック

あわせて読みたい記事:【RS・GTS-R】GT-Rの復活のベースとなったスカイライン

あわせて読みたい記事:【西部警察】R30型スカイラインRS-3(情報分析):スペック

あわせて読みたい記事:【シルエットフォーミュラ】火を噴く日産ターボ軍団グループ5仕様

1980年代のパワーウォーズを牽引した代表的な国産名車の筆頭に挙げられるのが「日産・スカイライン(R30型)」でしょう。「ハコスカGT-R(KPGC10 / PGC10)」以来のDOHC4バルブの「FJ20E型(最高出力:150PS)」エンジンを搭載し、「RS(レーシングスポーツ)」のバッジを与えられていました。そして、ターボチャージャーを装着し「RSターボ(FJ20ET型:190PS)」となり、「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーのもと、ドッカンターボマシンとして強烈なインパクトを与えたモデルとなりました。その後はインタークーラーを装着し「RSターボC(205PS)」、また点火システムを強化した「プラズマスパーク」も登場し、まさに1980年代のレーシングスポーツ(RS)といえるモデルでした。このマシンを現代においてチューニングしていくと、どれほどのマシンへと変貌を遂げるのでしょうか。


「DR30型:スカイラインRSターボ」:スペック

  • 年式:1984年
  • 型式:KDR30型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,620mm × 1,675mm × 1,385mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,420mm / 1,410mm
  • エンジン型式:FJ20ET
  • エンジン形式:直列4気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:1,990cc
  • 最高出力:205PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4.400rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • タイヤサイズ(F/R):205-60-R15

「DR30型:スカイライン改ザウルス最速仕様」:概要

ガレージザウルス スカイラインRSターボC、当初はブーストアップから始まったといわれていますが、その後、TD07SタービンにZ32用エアフロ流用、パルサーCPUにFJ20E改2.1L仕様に変更。さらにエンジントラブルからFJ20Eエンジンを2.4Lにボアアップ、トラストT88-33Dタービンの組み合わせで750PSを発生する仕様へと仕上げられた。このエンジンパワーに耐えうるためにトランスミッションは、HKS製シルビア5速クロスミッション、EXマニはエンジンの大きな振動で割れることを避けるためにワンオフのライムコレクション製、GT-R用インタークーラーを装着しています。トラクション不足を防ぐためにGT-R用メンバー一式の移植でトレッドの拡大、フロントセクションはストラットこそ残している者の、シルビアのステアリングラック、メンバー一式をスワップ装着しています。こうしたカスタマイズで、0-400m加速:10秒台、最高速記録は330.2km/hを実現しています。


「エクステリアデザイン」

ホワイトカラーがベースボディで大幅な変更というよりは、ボンネットの変更、オリジナルのアルミリップスポイラー、リアのオーバーフェンダー、リアスポイラーくらいの変更にとどめられているものの、只者ではないオーラが漂うエクステリアです。


「インテリアデザイン」

徹底的な軽量化が施されているため、面影はダッシュパネルくらいです。ロールケージやバケットシート、ナルディステアリング、EVC、プロフェック、ミクスチャーコントローラー、油温メーター、油圧メーターがセンターパネルにセットされています。メーターパネルにはブースト計、タコメーターが追加されています。まさにスパルタンな仕様です。


「エンジン」

オリジナルのFJ20ETは、2.000ccからOZ技研製2.400ccにボアアップされています。ライムコレクション製EXマニ、T88 33Dタービン、ザウルス製サージタンク、1.000ccインジェクター、インフィニティスロットル、CAエンジン用クランク角センサー、ホンダ製K24型エンジン用コイル内蔵イグナイター、パルサーGTI-R(SRエンジン)用AACバルブなどをFコンVプロでコントロールしています。エンジン本体は搭載位置を適正化するためにGT-RとFJエンジン用のエンジンマウントを合わせて装着。このパワーユニットに組み合わせているのはHKS製シルビア用5速クロスのドグミッション。


「サスペンションシステム」

フロントセクションはGAB製車高調整サスペンションシステム、ロアアームやテンションロッド、ステアリングロッドなど一式をシルビア用に移植しています。ハブもR32の5穴仕様に変更。リアはGT-Rのマルチリンクサスペンションシステムを移植している。デフはR200Vが装着されています。


「ブレーキシステム・ホイール」

R32用マスターバック、ラインロック、R32GT-R用ブレーキキャリパー、R32GT-R用ブレーキローター、リアはGT-R用ブレーキキャリパー&ローターが装備されています。ホイールはR32用GT-Rホイール。


「DR30型:スカイライン改ザウルス最速仕様」:スペック

  • FJ20ET改2.4ℓ仕様:OS技研製2.4ℓキットWPC加工、東名製280度カム、強化バルブスプリング、燃焼室加工、ポート加工、ライムコレクション製EXマニ、T88 33D 15㎤、トラスト製RCウエストゲート、ザウルス製サージタンク、1.000ccインジェクター、ポッシュ製ポンプ×2、GT-R用インタークーラー、オリジナルパイピング、大容量ラジエター&オイルクーラー、CA型エンジン用クランク角センサー、K24型エンジン用イグナイター、パルサーGTI-R用AACバルブ、インフィニティ用スロットル、HKS製Fコン Vプロ、HKS製シルビア用5速クロスドグミッション、GAB製車高調整サスペンションシステム、シルビア用フロントサスペンションアーム、シルビア用ステアリングラック、GT-R用リアサスペンションシステム、GT-R用前後ブレーキシステム移植、100Φストレートマフラー、整流版、ロールケージ、バケットシート、ナルディステアリング、油温計、油圧計、ブースト計、タコメーター、EVC、プロフェック、ミクスチャーコントローラー…etc
  • 最高速度:330.2km/h
  • 0-400m加速:10秒台

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。