【R31型:スカイライン】SR20DET搭載・R31ハウス仕様

この記事は3分で読めます

【R31型:スカイライン】SR20DET搭載・R31ハウス仕様

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ・M30】日本初コンプリートのR31スカイライン

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

日本の名車、そして伝説的なモデルとして認知されている「スカイライン GT-R」は、モータースポーツ界で49連勝という偉業を成し遂げた初代の「GT-R(PGC10/KPGC10・ハコスカ)」、そして、わずかに生産台数が197台とも言われている「GT-R(KPGC110・ケンメリ)」、そして、グループAで無敵の存在として君臨した「GT-R(BNR32)」、ルマン(LM)仕様まで製作された「GT-R(BNR33)」、そして熟成された「スカイライン」最後の「GT-R(BNR34)」があります。しかし、1973年から1989年の間には「GT-R」が不在となっていました。そのはざまに「7th(セブンス)」などの通称で呼ばれたモデルが「R31型:スカイライン」です。RBエンジンの初搭載や4WSシステム、オートスポイラーの採用などの最先端技術を投入していたモデルでした。また、発売から2年後の昭和62年8月、グループAのホモロゲーションモデルとして、ステンエキマニやTO4ハイブリッドタービンを採用した「GTS-R」が登場し大きな注目を集めました。1988年に登場ということで、翌1989年に登場の3代目「スカイラインGT-R(BNR32)」の開発も完成一歩手前という時期となっています。発表当時は「RB20型」エンジンという直列6気筒DOHCや「GTS」においては70km/hでフロント下部から出てくる「オートスポイラー」が特徴的でした。ツーリングカー選手権のグループAで活躍しましたが、その際の開発が「GT-R(BNR32型)」にもつながったようです。また「GTS-R」においては、「RB型」エンジンやターボシステム、アテーサシステム開発が進み「BNR32型」で完成度の高いドライブトレインとなったようです。「RB」という6気筒DOHCエンジンを搭載し、「GT-R」になる資格はあったのかもしれませんが、エンジンのパワーだけでなく駆動方式がすべて一新されて最先端を行った3代目「スカイラインGT-R(BNR32)」に比べると、開発途上にあったモデルといえます。


「日産・スカイライン GTS-R」:スペック

あわせて読みたい記事:【R31 GTS-Rリーボック】グループAを制したスカイライン

  • 年式:1988年
  • 型式:HR31型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,660mm × 1,690mm × 1,365mm
  • ホイールベース:2,615mm
  • トレッド(F/R):1,425mm / 1,420mm
  • 車両重量:1,340kg
  • エンジン型式:RB20DET-R
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC ICターボ
  • 排気量:1,998cc
  • 最高出力:210PS / 6.400rpm
  • 最大トルク:25.0kgm / 4.800rpm
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):205 / 60-R15

「HR31型:スカイラインSR20DET・R31ハウス仕様」

今回紹介するカスタムマシンは、「R31型:スカイライン」の専門ショップ「R31ハウス」社が製作したマシンです。その特徴のひとつが、スカイラインオーナーが拘りがちな6気筒エンジンに見切りをつけ、「S15型:シルビア」用の1「SR20DET」型エンジンを搭載して、「S15型:シルビア」の純正タービン、さらにトラスト製のインタークーラーをVマウント化しているということでしょう。

これにより、フロントオーバーハングの重量が大幅に軽減され、回頭性能を向上させています。また同時に、「S15型:シルビア」用の6速ミッションを搭載することでギヤ比も改善しているということです。エンジンの制御はシルビア純正+トラスト製のeマネージを採用しています。また、フロントサスペンションは、「S15型:シルビア」や「R32型:スカイライン」のパーツを移植して5穴化し、18インチのホイールに前後ともR32スカイラインのキャリパー(対向4ポット&2ポット)を合わせており、ブレーキ強化などに繋げています。

エクステリアデザインにおいては、「R31型:スカイラインGTS-R」のシルエットを活かしながらカーボンパーツやGTウイングを取り込んでいます。カーボンで製作された「R31ハウス」社のオリジナルダクト付きボンネットによって軽量化されています。またリップスポイラーも「R31ハウス」社製となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。