【ハコスカGT-R・PGC10】S20型改ワークス仕様スペック

この記事は2分で読めます

【ハコスカGT-R・PGC10】S20型改ワークス仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ケンメリGT-R】C110型スカイラインレーシングのスペック

あわせて読みたい記事:【スターレット ワークス】KP47トムス137E搭載:スペック

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

国産旧車の王道である「ハコスカ(C10系)」のスカイラインは、今や1,000万円で取引されるような高額車両。その中でもレーシングエンジンをデチューンした「S20」型エンジンを搭載し、ツーリングカーレースで連勝を重ね、圧倒的な強さを誇った伝説的な存在である「GT-R(KPGC10 / PGC10)」は、2,000万円前後の取引が交わされているとされています。その「ハコスカGT-R」の4ドアモデル(PGC10型)がセミワークスのグラチャン仕様、しかもフルチューンの個体が販売されています。

バンパーレスの迫力の前後セミワークスフェンダーに極太マグネシウムホイール、板バネのリアスポイラー、「PMC・S」にワークスカラー、トランクヒンジも変更し徹底的に手が加えられています。

フロントセクションは、リア同様にバンパーレス、オイルクーラー、ライトカバー、チンスポイラーなどの変更点とオリジナルの44年グリル、ロケットミラー、立てたフロントワイパーが本気仕様を物語っています。

気になるエンジンは、S20型エンジンを搭載し、ファンネル仕様、タコ足エキゾーストマニホールド、タワーバー、車高調整のアッパーマウントとしておりレーシーな仕上げになっています。それにしても美しいエンジンルーム内でエンジンん本体が写り込んでいるのがわかります。


「PGC10型:スカイラインGT-R改」:スペック

  • 下記はノーマルスペック
  • 年式:1969年式(昭和44年式)
  • 型式:PGC10
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,395mm × 1,610mm × 1,385mm
  • ホイールベース:2,640mm
  • 車両重量:1,120kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / LTドラム
  • 「PGC10改」:スペック
  • エンジン:S20改2.4Lエンジン、ファンネル仕様キャブ、等長エキマニ、サイド出しマフラー、アルミラジエーター、フロント置きオイルクーラー、フロントタワーバー
  • 足回り/駆動:6速マニュアルミッション、マグホイール、車高調整式サスペンション、セミスリックタイヤ
  • エクステリア:ワークスカラー、前後セミワークスフェンダー、レーシングジャケット(ライトカバー)、チンスポ、板パネ、トランクフック、ロールケージ、バケットシート×2、などのカスタムが行なわれております。
  • 価格:ASK
  • 販売店:YKオート

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。