【R33 GT-R】ニュル開発でトータルバランスが優れたマシン

この記事は5分で読めます

【R33 GT-R】ニュル開発でトータルバランスが優れたマシン

あわせて読みたい記事:【R32 GT-R】 R復活、グループA連勝の平成の伝説モデル

あわせて読みたい記事:【RS・GTS-R】GT-Rの復活のベースとなったスカイライン

あわせて読みたい記事:【西部警察】マシンX:初代大門軍団特殊車両スカイラインジャパン

「ハコスカ」以来の「GT-R」の復活、グループAでの活躍など数多くのエピソードから伝説的な存在となった先代モデルの「R32型・GT-R」のDNAを引き継ぐ重責を担ってデビューした「R33型・GT-R」は、1993年8月に「R33型:スカイライン」が発表された直後の第30回東京モーターショーでプロトタイプが発表された後、1995年の第13回東京オートサロンで発表するという当時の市販車としては初めての挑戦から始まりました。

  • (出典:s1.cdn.autoevolution.com)

特筆すべきは、「究極のドライビングプレジャー」というコンセプト通りのもので、本格的にニュルブルクリンクでのテストドライブが重視されました。そして実際に「BCNR33:GT-R」のプロトタイプモデル(シャシーNo.000055、ニュルブルクリンクのタイムトライアルに使用するためアルミ製ロールバーが装着)が「7分59秒887」のタイムを記録し先代モデルの「BNR32型」に対してのタイム差は21秒も更新しました。このことから「マイナス21秒ロマン」のキャッチコピーを掲げ、「GT-R」としては初の単体でのテレビCMを展開していました。


「R33型で向上したトータルバランス」

これほどのタイムの短縮にはシャーシ性能のさらなる向上を挙げることができます。「R32型:GT-R」においては開発時からデビュー、そしてモデル終了に至るまで打ち消すことができなかったアンダーステアでしたが、「R33型:GT-R」では前後重量バランスを改善することで解決に向かいました。

  • (出典:s1.cdn.autoevolution.com)

比較してみるとフロント59.4:リヤ40.6と、フロントヘビーだった「R32型:GT-R」の前後重量バランスに対し、「R33型:GT-R」では、ホイールベースを105mm延長し(全長は+130mm)、燃料タンクをリヤシート下に配置、バッテリーもトランクに移設し、インタークーラーも軽量化しています。これらの改良で、「R33型:GT-R」の重量バランスを、フロント57.5:リヤ42.5まで適正化し、本質的な部分でニュートラスステアに近づけていました。そして、「R32型:GT-R」のタイヤサイズと比較すると、「R33型:GT-R」のタイヤサイズは、「R32型:GT-R VスペックⅡ」と同じサイズの245/45-17となっています。しかも、「R33型:GT-R」専用に開発されたポテンザのタイヤパフォーマンスは非常に高く、そのグリップ力を受け止めるために、ボディにはベース車に対し30カ所以上もの補強を追加しているのです。またパワーユニットは「RB26DETT」型でエンジンパワーは「R32型:GT-R」と同じで、国内自主規制上限の280馬力だったにもかかわらず、過給圧は「R32型:GT-R」の0.78kgf/cm2から、0.84kgf/cm2へと、0.06kgf/cm2のブーストアップが図られています。コンピュータもそれまでの8ビットから16ビットと処理能力が向上し、レスポンスがアップしており、最大トルクは、1.5㎏-m増えて、37.5㎏になっています。

  • (出典:jidoshafan.com)

そしてボディのねじれ剛性は「R32型:GT-R」より44%もアップして、国産スポーツカー史上最強のボディを誇る一台となっていました。また電子制御については、「スーパーHICAS(4WS=四輪操舵)」がさらに洗練され、「Vスペック」には「電子制御LSD=アクティブLSD」も投入されていました。「アテーサE-TS」と合わせ、ハイテク4WD車としても、世界最先端の制御技術を武器にしていたのでした。これらの技術的進歩により、ドイツのニュルブルクリンクのテストでは、アクセルの全開時間が「R32型:GT-R」よりも、15~20%も増しているというデータが出ていました。これにはホイールベースの延長(105mm)による直進性や制動時のスタビリティの向上も、大きく貢献していたとされています。また空力面でも、角度調整機構付リヤスポイラーを採用し、空気抵抗係数Cd値も「R32型:GT-R」の0.40に対し、0.35とロードラッグ化に成功しています。リフトフォースもさらに減って、前後の空力バランスも適正化がすすめられていました。先のロングホイールベース化に加え、このエアロダイナミクスのアドバンテージによって、高速安定性にも優れ、空気抵抗が少ない分、最高速も伸びる強味も持っていた。総生産台数は、「R32型:GT-R」からすると半数にも満たない、16,520台、1998年に生産終了しています。


「スカイライン GT-R(BCNR33型)」:スペック

  • 年式:1995-1998年
  • 型式:BCNR33
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,675mm × 1,780mm × 1,360mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • トレッド(F/R):1,480mm / 1,490mm
  • 車両重量:1,530kg
  • エンジン型式:RB26DETT
  • エンジン形式:直列6気筒直 DOHC 24バルブ IC ツインターボ
  • 排気量:2,568cc
  • ボア × ストローク:86.0mm × 73.7mm
  • 圧縮比:8.5
  • 最高出力:206kW(280ps) / 6,800rpm
  • 最大トルク:368N・m(37.5kgm) / 4,400rpm
  • サスペンションシステム(F/R):マルチリンク
  • ブレーキシステム(F/R):ポットベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ(F/R):245-45-ZR17
  • 中古車相場:200万円~550万円

「特別仕様・限定モデル」

  • (出典:jp.upostinfo)

「LMリミテッド」:

1996年5月、ルマン参戦記念として、専用色「チャンピオンブルー」でペイントされた「LMリミテッド」が期間限定の特別仕様車として販売されました。仕様としては角度調整機能付きセンターカーボンウィング、フードトップモールが装備されている点です。

  • (出典:www.autech.co.jp)

「スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY」:

1998年には、「スカイライン生誕40周年」を記念して、「4ドアのGT-R=オーテックバージョン40th ANNIVERSARY」が登場しています。2ドアGT-Rのブリスターフェンダーを再現するため、あえてリアドアとリアフェンダーのプレス型を作り直すなど、一見4ドアGTSのボディをベースにGT-R仕様に改造したような外見(ただしリアは4ドアのテールランプのまま)をしています。当時で498万5,000円という価格でした。型式は「BCNR33改」となり、2ドアボディに後部2枚のドアを追加した2ドア改4ドアGT-Rとなっています。生産台数は442台です。

  • (出典:automesseweb.jp)

「NISMO 400R」:

NISMOが作った「RB-X」型エンジンを搭載し400馬力仕様となっているコンプリートカー「400R」が44台限定、1200万円で販売されました。

「NISMO GT-R LM」:

ル・マン24時間レース参戦用ホモロゲーションモデルで1台のみ製作されたマシンです。

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33


「モータースポーツでの活躍」

「R32型:GT-R」からすれば、飛躍的にポテンシャルは向上しており、そのことはモータースポーツにおいても実証されていました。まず1995年は、全日本GT選手権ドライバーズタイトル獲得しました。

  • (出典:gazoo.com)

そして「ル・マン24時間レース」に参加するために投入した「R33型:GT-R」は、車両レギュレーションの関係上、「同一車種に4ドア車が存在する車種はエントリーから除外する」という規定をクリアするために、「日産NISMO GT-R LM」という独立した車種を製作し、イギリスでナンバーを取得し車両公認を得た上で規定に合致させるという手法を取っての参戦となりました。「公認を得た“ロードカー”を最低1台製作すること。ただし販売の義務はない」という、中小規模のメーカーに対して門戸を開放するために設けられた規定条項を利用したのです。このため、型式自体は「BCNR33型」でありながら「スカイラインを名乗らないGT-R」として「日産NISMO GT-R LM」は、その名を残しています。このモデルは競技車両同様、前後トレッドを拡大したほか、「BCNR33型:GT-R」に採用されている4WDを廃してFR二輪駆動に改められるなどの改良(当時4WDは禁止されていなかったにもかかわらず敢えてFRに改造された)が施されています。また前部バンパーにコーナリングランプが設けられている他、テールランプが丸形四灯ではなく角形ランプを円形のケーシングに収めたものとなっているなどのエクステリアでは変更されています。1995年のルマン24時間レースで10位、1996年には15位でフィニッシュしています。全日本GT選手権では1998年にシリーズタイトルを獲得しています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。