【Fisker EMotion EV】デロリアン社で予約が開始

この記事は2分で読めます

【Fisker EMotion EV】デロリアン社で予約が開始

あわせて読みたい記事:【0-100km/h加速ランキング:2019】1秒台の車もあり

あわせて読みたい記事:【アスパーク】 アウル(OWL)はニュル最速前提のハイパーEV

あわせて読みたい記事:【映画に登場した国産名車】ヒット映画でインパクトを残した劇中車

「デロリアン・モーター・カンパニー」は、アメリカの「フィスカー」がCES 2018でコンセプトモデルを発表した高級スポーツEV(電気自動車)「Fisker EMotion EV」の予約受付を開始しました。グラフェンスーパーキャパシタ充電池搭載モデルと全個体充電池搭載モデルの2モデルが発売予定となっており、2019年納車開始予定のグラフェンスーパーキャパシタ充電池搭載モデルが1440万円(税別)で、2021年納車開始予定の全固体充電池搭載モデルは価格未定となっています。それぞれ予約金は23万9800円となっており、予約受付は「Fisker EMotion EV」の製品紹介サイトで行なうということです。

「Fisker EMotion EV」は、かつて「BMW・Z8」、「アストンマーティン・DB9」などのデザインを担当した「ヘンリック・フィスカー」氏の手によるエレガントなデザインと前後に開く「バタフライ4ドア」を外観的特徴とするモデルです。既存のEVなどで一般的に利用されているリチウムイオンバッテリーではなく、炭素素材コンデンサのグラフェンスーパーキャパシターを採用し、1回の充電における最大走行距離は約640kmというポテンシャルです。

急速充電の「UltraCharger」に対応しており、9分間の充電で約205km分の容量までチャージ可能としています。高性能EVパワートレーンは最高出力700馬力を発生し、4輪を駆動します。最高速は260km/hを誇ります。ボディはカーボンファイバーとアルミニウムによって構成され、ボディサイズは5085×2015×1465mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは3018.5mm。ホイールサイズは24インチ。このほか、Quanergy製のLiDARセンサー5個を搭載してADAS(先進運転支援システム)を機能させ、コネクテッド技術も搭載しています。


「Fisker EMotion EV」:主要諸元

  • 車体タイプ:4ドアスポーツタイプ
  • 全長:5085mm
  • 全幅:2015mm
  • 全高:1465mm
  • ホイールベース:3018.5mm
  • 一回の充電あたり最大走行距離:約640キロ
  • グラフェンスーパーキャパシタ充電池搭載モデル(2019年納車開始予定):1,440万円(税別)
  • 全固体充電池搭載モデル(2021年納車開始予定):価格未定
  • 予約金:各23万9,800円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。